十三詣り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

十三詣りあるいは十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦3月13日(現在では月遅れで新暦4月13日)の間、男女とも数え年13歳の身祝いで、子供の多福・開運を祈って、古くから各地にてさまざまな形で行なわれる。

特に京都嵯峨虚空蔵法輪寺における虚空蔵菩薩への4月13日の「十三参り」は有名である[注 1][1]。虚空蔵菩薩は十三番目に誕生した智恵福徳を司る菩薩とされる。これに因み別名、知恵詣りまたは智恵もらいとも云う[2]七五三ほど全国的に一般的ではない。

概要[編集]

初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、肩上げを必ずする。この時期にそろえた着物をおりあるごとに着せて、着物になじませ自然に立居振舞を身につけさせるはじめとする[3]

また、半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けて、最後にお守り・お供物を頂いて帰り親に感謝を述べる。お守りは身につけるようにする。

参詣の帰路、本堂を出たあと、後ろを振り返るとせっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある(なお、お参りの前に子に教えておくことをすすめる)。

空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来する。また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承された。

関西では七五三よりこちらの方が盛んな地域も多く、中でも京都嵐山法輪寺大阪太平寺奈良弘仁寺が有名である。関東では村松山虚空蔵堂がある茨城県那珂郡東海村を含む茨城県北部地域で盛んなくらいであったが、最近では他の地域でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在では4月13日の前後1ヶ月(3月13日5月13日)、および10月〜11月にも行われている。

出典[編集]

  1. ^ 虚空蔵 法輪寺(公式サイト)
  2. ^ 十三参りとは(お祝い情報.com)
  3. ^ 長沼静 『きもの教本 専攻科 』 長沼静きもの学院 p.60