天沼矛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天沼矛(あめのぬぼこ)は日本神話に登場するである。『古事記』では天沼矛、『日本書紀』では天之瓊矛(本文)・天瓊戈(一書第一・第二・第三)と表記される。

神話での記述[編集]

『古事記』によれば、伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の二柱の神は、別天津神たちに漂っていた大地を完成させることを命じられ、天沼矛を与えられた。伊邪那岐・伊邪那美は、天浮橋(あめのうきはし)に立って、天沼矛で、渾沌とした大地をかき混ぜたところ、矛から滴り落ちたものが、積もって淤能碁呂島(おのごろじま)となった。伊邪那岐・伊邪那美は淤能碁呂島で結婚し、大八島と神々を生んだ(国産み神産み)。

解説[編集]

「瓊は玉のことである」と日本書紀本文に注釈があり、「天之瓊矛」は玉で飾られた矛ということになる。

細長い矛は男根の象徴であり、それを突き刺す行為は性行為を表現したものとする説がある。

関連項目[編集]