国産み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天瓊を以て滄海を探るの図(小林永濯・画、明治時代

国産み(くにうみ)とは日本の国土創世譚を伝える神話である。

イザナギイザナミの二柱の神は天の橋にたち矛で混沌をかき混ぜ島をつくる。そして、『古事記』などではその後2神で島を産んだのである。

なお、国生みの話の後には神産み(かみうみ)が続く。

以下、この記事では『日本神話』での大八島(おおやしま)の形成の過程を記す。

あらすじ[編集]

古事記[編集]

古事記』によれば、大八島は次のように生まれた。

伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の二柱の神は、別天津神(ことあまつがみ)たちに漂っていた大地を完成させるよう命じられる。別天津神たちは天沼矛(あめのぬぼこ)を二神に与えた。伊邪那岐・伊邪那美は天浮橋(あめのうきはし)に立ち、天沼矛で渾沌とした大地をかき混ぜる。このとき、矛から滴り落ちたものが積もって淤能碁呂島(おのごろじま)となった[1]

二神は淤能碁呂島に降り、結婚する[2]。まず淤能碁呂島に「天の御柱(みはしら)」と「八尋殿(やひろどの、広大な殿舎)」を建てた。『古事記』から引用すると、

伊邪那岐
「汝身者如何成也」
「汝(いまし)が身(み)はいかに成れる」
「あなたの体はどのようにできていますか」
伊邪那美
「妾身層層鑄成 然未成處有一處在」
「わが身はなりなりて成り合はざる処一処あり」
「私の体には、成長して、成長していないところ(女陰のことを示す)が1ヶ所あります」
伊邪那岐
「吾身亦層層鑄也 尚有凸餘處一 故以此吾身之餘處 刺塞汝身之未成處 為完美態而生國土 奈何」
「わが身はなりなりて成り余れる処一処あり。故(かれ)このわが身の成り余れる処を以て、汝が身の成り合はざる処を刺し塞ぎて、国土(くに)を生み成さんと以為(おも)ふ。生むこといかん。」
「私の体には、成長して、成長し過ぎたところ(男根のことを示す)が1ヶ所あります。そこで、この私の成長し過ぎたところで、あなたの成長していないところを刺して塞いで、国土を生みたいと思います。生むのはどうですか。」

伊邪那岐は左回りに、伊邪那美は右回りに天の御柱を巡り、出会った所で伊邪那美が「あなにやし、えをとこを」と伊邪那岐を褒め、伊耶那岐が「あなにやし、え娘子(をとめ)を」と伊邪那美を褒め、二神は性交する。しかし、女性である伊邪那美の方から男性の伊邪那岐を誘ったために、ちゃんとした子供が生まれなかった。二神は、最初に産まれた子供である水蛭子(ひるこ)を葦舟に乗せて流してしまい、次にアハシマが産まれた。水蛭子とアハシマは、伊邪那岐・伊邪那美の子供の内に数えない[2]

二神は別天津神のもとに赴き、なぜちゃんとした子供が生まれないのかを聞いた。すると、占いによって、女から誘うのがよくなかったとされた。そのため、二神は淤能碁呂島に戻り、今度は男性の伊邪那岐から誘って再び性交する[3]

島産み[編集]

ここからこの二神は、大八島を構成する島々を生み出していった。産んだ島を順に記すと下のとおり[4]

  1. 淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま):淡路島
  2. 伊予之二名島(いよのふたなのしま):四国
    • 胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。
  3. 隠伎之三子島(おきのみつごのしま):隠岐島
    別名は天之忍許呂別(あめのおしころわけ)
  4. 筑紫島(つくしのしま):九州
    • 胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。
      • 白日別(しらひわけ):筑紫国
      • 豊日別(とよひわけ):豊国
      • 建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよじひねわけ):肥国
      • 建日別(たけひわけ):熊曽国
  5. 伊伎島(いきのしま):壱岐島
    別名は天比登都柱(あめひとつばしら)
  6. 津島(つしま):対馬
    別名は天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)
  7. 佐度島(さどのしま):佐渡島
  8. 大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま):本州
    別名は天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)

以上の八島が最初に生成されたため、日本を大八島国(おおやしまのくに)という。二神は続けて6島を産む[5]

  1. 吉備児島(きびのこじま):児島半島
    別名は建日方別(たけひかたわけ)
  2. 小豆島(あづきじま):小豆島
    別名は大野手比売(おほのでひめ)
  3. 大島(おほしま):周防大島
    別名は大多麻流別(おほたまるわけ)
  4. 女島(ひめじま):姫島
    別名は天一根(あめひとつね)
  5. 知訶島(ちかのしま):五島列島
    別名は天之忍男(あめのおしを)
  6. 両児島(ふたごのしま):男女群島
    別名は天両屋(あめふたや)

日本書紀[編集]

日本書紀』の記述は、基本的に、伊奘諾(イザナギ)・伊奘冉(イザナミ)が自発的に国産みを進める(巻一第四段)。また、伊奘諾・伊奘冉のことをそれぞれ陽神・陰神と呼ぶなど、陰陽思想の強い影響がみられる。

本書によれば、『古事記』と同様に、伊奘諾・伊奘冉は天浮橋(あめのうきはし)に立ち天之瓊矛(天沼矛)で渾沌とした大地をかき混ぜる。このとき、矛から滴り落ちたものが積もって島となった。ただし、このとき、他の天つ神は登場しない。

比較表[編集]

『古事記』、『日本書紀』を国産み順に比較したものである。

古事記 日本書紀
本文 一書第1 一書第2 一書第3 一書第4 一書第5
淡道之穂之狭別島 淡路洲 大日本豐秋津洲 淡路洲・淡洲 淡路洲 淡路洲 淡路洲
伊豫之二名島 大日本豐秋津洲 淡路洲 大日本豐秋津洲 大日本豐秋津洲 大日本豐秋津洲 大日本豐秋津洲
隱伎之三子島 伊豫二名洲 伊豫二名洲 伊豫洲 伊豫二名洲 伊豫二名洲 淡洲
筑紫島 筑紫洲 筑紫洲 筑紫洲 億岐洲 筑紫洲 伊豫二名洲
伊岐島 億岐洲・佐度洲 億岐三子洲 億岐洲・佐度洲 佐度洲 吉備子洲 億岐三子洲
津島 越洲 佐度洲 越洲 筑紫洲 億岐洲・佐度洲 佐度洲
佐度島 大洲 越洲 大洲 壹岐洲 越洲 筑紫洲
大倭豐秋津島 吉備子洲 吉備子洲 子洲 對馬洲 吉備子洲
吉備兒島 大洲
小豆島
大島
女島
知訶島
兩兒島

類似の説話[編集]

この島産みは、中国南部、沖縄から東南アジアに広く分布する「洪水説話」に似た点が多いとされる[6]

脚注[編集]

  1. ^ 戸部民夫 『日本神話』 16頁。
  2. ^ a b 戸部民夫 『日本神話』 17-18頁。
  3. ^ 戸部民夫 『日本神話』 18-20頁。
  4. ^ 戸部民夫 『日本神話』 20-21頁。
  5. ^ 戸部民夫 『日本神話』 21-22頁。
  6. ^ 大洪水の後で兄妹だけが生き残り陸地にたどり着く。山や樹木のような高い物の周りをまわって後に性交するが、やり方が正しくなかったために最初は肉塊や動物が生まれてしまう。その後に神々から適切な交わり方を教えられ、ようやく男児や女児が生まれるというもの。 吉田敦彦 「日本神話の源流」 講談社学術文庫、2007年 ISBN 978-4-06-159820-1、 p113-117

参考文献[編集]

  • 戸部民夫 『日本神話…神々の壮麗なるドラマ』 神谷礼子画、新紀元社〈Truth In Fantasy〉(原著2003年10月26日)、初版。ISBN 97847753020332009年12月4日閲覧。