隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隼人(はやと)とは、古代日本において、薩摩大隅(現在の鹿児島県)に居住した人々。「はやひと(はやびと)」、「はいと」とも呼ばれ、「(はやぶさ)のような人」の形容とも[1]方位の象徴となる四神に関する言葉のなかから、南を示す「鳥隼」の「隼」の字によって名付けられたとも[2](あくまで隼人は大和側の呼称)。風俗習慣を異にして、しばしば大和の政権に反抗した。やがてヤマト王権の支配下に組み込まれ、律令制に基づく官職のひとつとなった。兵部省被官隼人司に属した。百官名のひとつとなり、東百官には、隼人助(はやとのすけ)がある。現在は、日本人男性の人名としても用いられる。

概要[編集]

古く熊襲(くまそ)と呼ばれた人々と同じといわれるが[3]、「熊襲」という言葉は日本書紀日本武尊物語などの伝説的記録に現れるのに対し、「隼人」は平安時代初頭までの歴史記録に多数現れる。熊襲が反抗的に描かれるのに対し、隼人は仁徳紀には、天皇や王子の近習であったと早くから記されている[4]。こうした近習の記事や雄略天皇が亡くなり、墓の前で泣いたなどの記事は、私的な家来であり、帰化したのは7世紀末頃とされるが、6世紀末や7世紀初め説もある。

各地の隼人[編集]

阿多隼人(薩摩隼人) 
薩摩半島一帯に居住していた隼人族。薩摩国設置以前はこの一帯はアタ(阿多又は吾田と表記される)と呼ばれていた。『日本書紀天武天皇十一年』の記事に記される。薩摩国設置後は、『続日本紀和銅二年709年薩摩隼人の呼称が用いられる。
大隅隼人
後世、大隅郡大隅半島北部、特に「大隅郷(現在の志布志市から曽於市大隅町)」周辺か)と呼ばれる地域に居住した部族、主領域を肝属平野とする部族であるとする説[5]もある。『日本書紀天武天皇十一年(682年)』の記事ある。
多褹(たね)隼人
種子島屋久島多禰島)に居住した部族。大宝2年(702年)には多褹の隼人、征討軍を派遣して鎮圧する事態になった。
甑隼人
甑島に居住した部族。『続日本紀』神護景雲三年(769年)の条に記事。
日向隼人
日向国に居住した部族。『続日本紀』和銅三年(710年)に部族の首長である曾君細麻呂が服属し外従五位下(少納言上国相当)に叙されたとの記事がある。ただし、これは、713年大隅国が分離される前の記事である。『宇佐神宮史』養老三年(719年)の条には「大隅日向隼人襲来打傾日本國」の記事(「隼人の反乱」の前哨か)が見られる。

服属後もしばしば朝廷に対し反乱を起こし、大隅隼人などは大隅国設置(713年)後にも反乱を起こしたが、隼人の反乱と呼ばれる大規模な反乱が征隼人将軍大伴旅人によって征討(721年)された後には完全に服従した。班田収授法800年に初めて実施された。8世紀初め、現在の鹿児島県一帯への移住民は総人口の7分の1に相当する9千人前後と推定され[6]、この推定に従うなら、(総人口6万3千人-9千人前後で)5万4千人前後が在地人=隼人と推定される(本州への移住民は含まず)[7]

古くから畿内に移住させられ、宮中で守護に当たるほか、芸能、相撲、竹細工などを行うようになった[8][9]。特に山城国京都府)南部に多く定住し[10]、大隅隼人の住んだ現在の京田辺市には「大住」の地名が残る。律令制下においては、隼人司衛門府、後に兵部省)が、これらを司った。

言語文化に関しては、他の地方と大きく異なっていたとされる[11]。特に畿内では、彼らの歌舞による「隼人舞」が有名であった[12]。また平城宮跡では彼らが使ったとされる「隼人楯」が発掘されており、これには独特の逆S字形文様が描かれている(『延喜式』に記述があり、合致している)。

肥前国風土記によると、五島列島にも隼人に似た人々がいたという。また新唐書によると「邪古・波邪・多尼の三小王」がいたというが、波邪は隼人のことであろうとされている[13]

考古学的には、鹿児島県・宮崎県境周辺に地下式横穴墓が分布し、これを隼人と関係づける説もある[14]。これを含み、考古学上、隼人の墓制は三種類あり、薩摩半島南部の「立石土壙墓」(阿多隼人の墓と推測される)と「地下式板石積石室」(薩摩半島より北域)、そして広域に分布する「地下式横穴墓」となる。また、南山城の男山丘陵の大住からも横穴が多く発見されている(本来、山砂利を取る地域であり、横穴は掘りにくい地域の為、隼人墓制と対応するものとみられる)。

日本神話では、海幸彦火照ホデリ命または火闌降命)が隼人の阿多君の祖神とされ(海幸山幸)、海幸彦が山幸彦に仕返しされて苦しむ姿を真似たのが隼人舞であるという[15]。説話の類型(大林太良ら)などから、隼人文化はオーストロネシア語系文化であるとの説もある[16]654年(7世紀中頃)、日向に覩貨邏(通常は西域のトハラ人と解釈するが、現在のタイ・ドヴァーラヴァティとの説有り)の民が漂着した記述がある[17]

人骨から見た違い[編集]

松下孝幸の『南九州における古墳時代人骨の人類学的研究』(1990年)によると、南九州における男性人骨の形質は、内陸部と宮崎平野部では異なることが報告されている。内陸部の人々は縄文人・西北九州弥生人[18]に類似し、一方、平野部の人々の中には、北部九州弥生人に類似するグループも存在するとしている。つまり、人骨形質の観点からも隼人には地域差があったと判断される。さらに種子島の弥生時代終末期の遺跡から出土する人骨は、九州島の人骨と比較して、小柄であり、頭蓋変形がほどこされていたと考えられている。

隼人系呪術と関連氏族[編集]

延喜式』巻28(隼人司)には、元日・即位・蕃客入朝などの大儀には、「大衣2人、番上隼人20人、今来隼人20人、白丁隼人132人が参加した」と記されており、遠従の駕行には、「大衣2人、番上隼人4人、今来隼人10人が供奉した」とあり、隼人の呪力が大和政権の支配者層に信じられ、利用されていたと見られている[19]。井上辰雄らは、狗吠(犬の鳴き真似)行為や身につけている緋帛の肩巾(ひれ)や横刀が、悪霊を鎮める呪声であり、呪具であった事を明らかにしている[20]

山川門など境界祭祀を司るとみられる境部(境合部)氏の系統は7氏あるが、この内、大和国宇智郡(現五條市原町おおすみ)境合部は、隼人系と見られ、これを含め、2氏が隼人系とされる[21]。また、『延喜式』巻28大儀の条に「隼人の服装」についての記述があるが、『日本霊異記』(上巻一)に、小子部氏が雄略天皇の勅命によりを捕えようとした時の姿、「(あけ)の蘰(かずら)を額(ぬか)に著け、赤き幡鉾(はたほこ)をあげ」と酷似し、この事から井上辰雄は、隼人は雷神の鎮魂と言う職掌を介して小子部連と結びついていたのではないかと推測している[22]

谷畑美帆・宮代栄一の『古墳時代の埋葬行為に関する一考察 -宮崎県島内地下式横穴墓群を中心に-』(2005年)によると、島内の地下式横穴墓群から出土した計209体の人骨の多くは非常に良好な保存状態にあり、宮崎県立西都原考古博物館に保管されている93体について、赤色顔料の塗布の有無と部位に関する観察が行なわれた。結果、顔料が塗られていた127体の内、顔面のみの塗布が最も多く(38例)、次いで頭部・上半身・下半身のいずれにも顔料を塗布したもの(23例)、それに次ぐのは、頭部と上半身に塗布したもの(11体)となり、顔面塗布が重視された事がわかった。どの段階で塗られたかは諸説あるが、これらの説を紹介した上で、当論文は結論として、第32号墓出土の1号人骨については、白骨化が進みながらも頭髪が残存している段階で塗られたと判断している(再塗とも考えられるが)。他人骨については、直接骨に塗ったとは考えがたいとも示している。

隼人と関連が指摘される文化[編集]

  • 群馬県長瀞西古墳(5世紀前半)出土の鉄鏃の中に、南九州と近畿を中心に出土するタイプのものが見られており(1995年時点で群馬県でも2例が確認されている)、隼人と関連する鏃ではないかとも考えられている[23]
  • 蛇行剣[24]
  • 日向駒 - 『日本書紀』に推古天皇が「駒ならば日向の駒」と歌を詠んだ記事が見られるが、当時の日向は大隅・薩摩を含んだ地域であり、森浩一は「隼人の馬」を指すものではないかと指摘している[25]。この時代の南九州はまだ征圧が確定的ではない為、内国の馬とは区別視されたものと見られる。また、『新撰姓氏録』には額田部の先祖伝承で、允恭天皇の治世、薩摩と戦をしている時、額に「田」という字のつむじのある馬を手に入れ、天皇に献上したので、額田という名を与えられたとの記述があり、隼人の馬である事から、南方に繋がるものとの推定もある[26]。これらの記事からも、隼人の馬が文化的にも内国とは別の扱いを受けていた事がわかる(現在でも、地理的・風土的特色から御崎馬が存在している)。この時代の日向馬が大和に送られたことは遺骸からも判明しており、大阪府四條畷市蔀屋北遺跡からは全身骨格(体高125センチ、5世紀頃)が出土しており、御崎馬の類と見られている[27]

備考[編集]

  • 現代日本人の多くの血液型で海外人種と一番近いタイプは中国南部の「湖南型」で[28]、中国東北部の「満州型」や「朝鮮型」とはかなり違うとされる[28]。一方で、指紋型は朝鮮南部に近いとされる[28]。そして九州南部地域は現在でも血液指数、指紋指数が特殊な数値を示す[29]事から、隼人も多少なり、血液・指紋の型は大和とは異なると見られる。
  • 言語年代学によると、日本語の祖語と満州語が分かれた時期は約9千年前で[30]、さらに日本語と朝鮮語が分離した時期は1980年代時点で6720年以上も前という推定値が出されており[31]、古代日本語の中で、隼人語(少なくとも大和側には通訳を必要とした)が形成されたのは、約5千年の間の中と捉えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 『Story 日本の歴史 古代・中世・近世史編』 日本史教育研究会 山川出版社 2001年 ISBN 4-634-01640-0 p.62
  2. ^ 鐘江宏之『律令国家と万葉びと (全集 日本の歴史 3)』95頁
  3. ^ 熊襲の後裔を隼人とする説もあるが、「クマ」も「ソ」も、隼人の阿多や大隅も九州南部の地名であり、大和政権に従わないいくつかの部族に対する名称と近年では解されている(系譜的というより独特の文化を継承した部族)。参考・武光誠 『古事記・日本書紀を知る事典』 東京堂出版 初版 1999年 ISBN 4-490-10526-6 p.223の脚注より
  4. ^ 『古事記』では、「ソバカリ」、『日本書紀』では、「サシヒレ」の名で登場し、仁徳没後、一方の皇子に命じられ、自ら従えていた皇子(主君)を殺害するも、酒を飲まされ、寝返った皇子に殺害されてしまう。体制外の武力として隼人が利用された語りである。参考・笹山晴生 『古代国家と軍隊 皇軍と私兵の系譜』 中公新書 1975年
  5. ^ 『鹿屋市史 上巻(1967年版)』ではこの説が採用されている。
  6. ^ 『Story 日本の歴史 古代・中世・近世史編』 日本史教育研究会 山川出版社 2001年 p.62
  7. ^ 小山修三(国立民族学博物館)が数理的に推計した結果では、古墳時代(土師器時代)の列島人口は約540万人とされる。参考・日本の古代5『前方後円墳の世紀』 森浩一編 中央公論社 1986年 ISBN 4-12-402538-6 p.131より。奈良時代に至っても総人口は600万に満たない(近代以前の日本の人口統計も参照)事からも、隼人の人口は総人口の100分の1前後と想定される。
  8. ^ 『日本書紀』天武朝(7世紀末)の記述として、隼人が朝廷で相撲を取った記述があるが、大和の相撲と異質であったとは記されていない。天武天皇11年(682年)、大隅隼人と阿多隼人が相撲を取り、大隅隼人が勝った記述の他、持統天皇9年(695年)、飛鳥寺の西の木の下で、隼人が相撲を取り、民衆が観戦したとある。
  9. ^ 様々な形で竹の文化を有していた為、『竹取物語』が南山城、つまり隼人の居住地で生まれた可能性も指摘されている。参考・森浩一企画 山中章 山田邦和共著 『日本の古代遺跡 28 京都Ⅱ』 保育社 1992年 ISBN 4-586-80028-3 p.45より。また、コノハナサクヤヒメのお産の際、へその緒を竹の刀で切るのも関連するものと見られる。『延喜式』隼人司の記述では、竹笠の製作も担当していた。
  10. ^ 正倉院には現在の田辺町大住周辺住民の課税記録である『山城国隼人計帳』が保存され、大隅隼人が大部分を占め、一部阿多隼人が混在していた事が分かる。考古学的にも南九州との関連を示すものも多く、中世には「隼人荘」と呼ばれるなど、奈良盆地南部と共に近畿における隼人の二大居住地であり、武埴安彦の伝承に基本的に反映しているものとされる。参考・森浩一企画 山中章 山田邦和共著 『日本の古代遺跡 28 京都Ⅱ』 保育社 1992年 ISBN 4-586-80028-3 pp.43 - 44(p.45に南山城を隼人の居住地とも記す)
  11. ^ 『日本の考古学 Ⅳ 古墳時代 (上)』 近藤義郎 藤沢長治河出書房 1966年 p.158(風土が異なる事からとされる)。地理的・風土的孤立から九州南部は、弥生文化の普及が遅れ、現在でも血液指数・指紋指数が特殊な数値を示し、身長が低いなどの人類学的特徴があり、これゆえにインドネシア系種族と見る説も出た。『大宝律令』では、「異人」とも記している。
  12. ^ 『古事記』、『日本書紀』及び『続日本紀』に隼人舞は度々記述され、朝廷に御調を貢進すると共に行われ、あるいは海外異国の客人の前でも舞われていた。
  13. ^ 門脇禎二 森浩一『古代史を解く『鍵(キーワード)』』 学生社 1995年 ISBN 4-311-20194-x pp.183 - 184より。p.184に波邪の国は隼人と解し、邪古は「ヤク」であり、屋久島を指し、多尼は「タネ」であり、種子島であると述べている。
  14. ^ 「地下式横穴墓」は日向・大隅・薩摩にまたがるが、「地下式板石積石室」はほとんど薩摩地方に限られている。この事から、前者が隼人に広く普及した墓制であり、後者は阿多隼人独特の墓制と推測されている。参考・『日本の考古学 IV 古墳時代 (上)』 近藤義郎 藤沢長治編 河出書房 1966年 p.163
  15. ^ 『古事記』に、ホデリの命が頭を下げ、「私はこれからのちは、あなた様の昼夜の守護人(もりびと)となってお仕えいたしましょう」と申し、それで今日に至るまでホデリの命の子孫たる隼人は、その海水に溺れた時の様々のしぐさを絶える事なく、演じて、宮廷にお仕え申しているのである、とある。参考・次田真幸 『古事記 (上) 全訳注』 講談社学術文庫 38冊2001年(初版 1977年) ISBN 4-06-158207-0 p.205より。武田祏吉譯注 『古事記』 角川書店 40版1969年(初版 1956年) p.69の脚注に「隼人が乱舞をして宮廷に仕える事の起源説明」とあり、隼人舞はその種族の独自の舞であるのを溺れる様の真似と説明した、と記す。
  16. ^ 次田真幸 『古事記 (上) 全訳注』 講談社学術文庫 38刷2001年(初版 1977年) ISBN 4-06-158207-0 p.192、コノハナサクヤヒメ伝説がバナナ型神話の類型とし、これが大和の『古事記』に導入された。参考・松村武雄『日本神話の研究』第二巻、大林太良『日本神話の起源』。
  17. ^ 熊谷公男 日本の歴史03『大王から天皇へ』 講談社 2001年 ISBN 4-06-268903-0 p.288より
  18. ^ 西北九州弥生人は、この地方の縄文人が弥生文化を取り入れた事でそのまま弥生人へと移行したと考えられている。参考・上田正昭他 「エコール・ド・ロイヤル 古代日本を考える 『日本古代史の謎再考』」 学生社 1983年 p.52より。つまり、内陸隼人は縄文系弥生人に近いと見られる。また、『肥前国風土記』で五島列島に隼人に似た人々がいたとする記述も、内陸隼人と同様に骨格上から西北九州弥生人にルーツを求めるのであれば、一定の説明はつく。
  19. ^ 加藤謙吉 『大和政権と古代氏族』 吉川弘文館 1991年 ISBN 4-642-02253-8 p.98
  20. ^ 加藤謙吉 『大和政権と古代氏族』 1991年 p.98
  21. ^ 加藤謙吉 『大和政権と古代氏族』 1991年 p.97
  22. ^ 加藤謙吉 『大和政権と古代氏族』 1991年 p.99
  23. ^ 『群馬県古墳時代研究会資料集 第1集 群馬県内古墳出土の武器・武具』 1995年 pp.27 - 28
  24. ^ 『文化庁編 発掘された日本列島 ’97 新発見考古学速報』 朝日新聞社
  25. ^ 門脇禎二 森浩一 『古代史を解く『鍵(キーワード)』』 学生社 1995年 p.197
  26. ^ 同『古代史を解く『鍵』』 pp.197 - 198
  27. ^ 『開館10周年記念特別展示 今来才伎 古墳・飛鳥の渡来人』 大阪府立近つ飛鳥博物館 2004年 p.26
  28. ^ a b c 上田正昭他『日本古代史の謎再考』 学生社 1983年 p.33
  29. ^ 武光誠 『古事記・日本書紀を知る事典』 p.233
  30. ^ 上田正昭他『日本古代史の謎再考』 p.37
  31. ^ 上田正昭他 『日本古代史の謎再考』 学生社 1983年 p.37に詳細な説明あり。

参考文献[編集]

関連項目[編集]