高天原山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高天原山(蟻ヶ峰)
Gthumb.svg
画像募集中
標高 1,978.57 m
所在地 群馬県多野郡上野村大字楢原
長野県南佐久郡川上村大字梓山・南相木村
位置 北緯35度59分30.2957秒
東経138度41分19.6931秒
山系 関東山地
種類 山塊
高天原山の位置
テンプレートを表示

高天原山(たかまがはらやま)は群馬県長野県の県境にある標高1,978.6mのである。別名、蟻ヶ峰・ショナミの頭。

地理[編集]

秩父山地北部の群馬県長野県の県境に位置し、群馬県側では南部の多野郡上野村大字楢原、長野県側では中東部の南佐久郡川上村大字梓山と南相木村の各一部である。山頂には「蟻ケ峠」という名称の二等三角点が設置されている。

航空事故現場[編集]

当山の群馬県側の尾根には1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故の墜落現場(北緯36度0分5.41961秒東経138度41分37.68596秒[1]、標高1,565m付近)がある。多くの報道では「御巣鷹山に墜落」と伝えられていたが、正確にはこの「高天原山に属する尾根」である。

しかしその後、墜落地点である高天原山の尾根は当時の上野村村長であった黒沢丈夫により「御巣鷹の尾根」と命名されている。

隣接する山[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 墜落現場の座標は当時の報告書による日本測地系「北緯35度59分54秒東経138度41分49秒」を世界測地系に変換したもの

関連項目[編集]