禅宗様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
功山寺仏殿(山口県、国宝)

禅宗様(ぜんしゅうよう)は、日本の伝統的な寺院建築の様式の一つ。唐様とも言う。

鎌倉時代初期から禅宗寺院で取り入れられ始め、武士の帰依を受けたことで13世紀後半から盛んになった様式で、当時の中国建築の直写が目指された。従来の寺院建築様式である和様、また鎌倉時代初期にもたらされた大仏様に対する言葉。大仏様とは共通する部分も多く、あわせて鎌倉新様式または宋様式と総称される。

概要[編集]

飛鳥天平時代に中国から伝えられた建築様式は、平安時代を通じて日本化し、柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間が好まれるようになった。平安時代以降、日本化した建築様式を和様と呼ぶ。

平安時代後期になると、平清盛大輪田泊対外開港など中国()との交易が活発になったことで、再び中国の建築様式が伝えられた。まず入ってきたのは東大寺再興の際に用いられた様式で、大仏様と呼ぶ。

その後、禅僧が活発に往来し、中国の寺院建築様式が伝えられた。これは禅宗寺院の仏堂に多く用いられ、禅宗様と呼ぶ。

用語[編集]

大工の伝承では、寺院建築に和様・天竺様・唐様という区別が行われ、明治時代以降の建築史でも使用してきた。第二次世界大戦後、建築史家太田博太郎が「天竺様ではインドの建築様式と誤解される。大仏殿の復興に使われたので大仏様と呼ぶべき」「唐様は禅宗寺院に使われたので、禅宗様と呼ぶべき」と提唱し、現在の建築史では一般的に和様・大仏様・禅宗様が使われている。歴史教科書などでは、天竺様・唐様という呼び方も残る。

禅宗様の特徴[編集]

詰組(神奈川・建長寺仏殿)
鏡天井と化粧屋根裏(和歌山・善福院釈迦堂)

一部は大仏様の特徴にも通じる。

  • 南北を基本軸とした東西対称の伽藍配置(例外あり)
  • 仏殿は平面正方形で、間仕切りのない一室堂
  • 屋根に強い反り。ただし裳階屋根の反りは小さい
  • 放射状に垂木を置く扇垂木。ただし裳階は平行垂木が一般的
  • 柱と柱の間にも組物を入れる詰組(つめぐみ)
  • 和様では用いられなくなった三手先の使用(例外多し)
  • 貫(ぬき)を使い構造を強化(長押は用いられず)
  • 柱は丸柱で上下端をすぼませる
  • 柱の下にそろばんの玉を大きくしたような形の礎盤を置く
  • 柱の上部同士をつなぐ頭貫の上に水平材の台輪を置く
  • '瓶子形の大瓶束(たいへいづか)の下部には結綿(ゆいわた)とよばれる彫刻がある。
  • 木鼻(貫の先端)には繰り型といわれる装飾(渦巻、若草)を付けている
  • 欄間は弓欄間(波欄間、火炎欄間とも)で連子子が弓型となっている
  • 窓は上部に複雑な曲線の付いた火灯窓(花頭窓)
  • 扉は四周の框と縦横の数本の桟を組み、桟と框の間に入子板を嵌め込んだ桟唐戸
  • 壁は竪板壁で土壁は殆どない
  • 床は土間床で、瓦の四半敷(目地が縦横の線に対し45度になる敷き方)で仕上げる
  • 建物の外部には彩色をしない素木造りだが、内部はその限りではない

代表的な建造物[編集]

本格的な禅宗様建築は残っていないが、建築様式は忠実に継承された。

書道における禅宗様[編集]

書道史上においても、入留学僧や来朝僧らが伝えた、当時の中国で流行していた書風を禅宗様と呼んでいる。蘭渓道隆一山一寧らの墨蹟が、その代表である。朝の成立以後は、往来が途絶しがちになり、禅宗様に和様が混入し始め、折衷的な書風としての五山様が成立する。義堂周信絶海中津らがその代表である。

関連項目[編集]