曲輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多数の曲輪で構成された中世山城(千早城

曲輪(くるわ)とは、の内外を土塁、石垣、堀などで区画した区域の名称である。(くるわ)とも書く[1]

主要な曲輪内には、曲輪の出入り口である虎口を封鎖するを始め、最前線の、物見や攻撃を与えるが建てられる。主郭では司令本部となる城主の居所のほか、兵糧を備蓄する蔵、兵たちの食事を仕込む台所などの建造物が建てられていた。戦時、それぞれの曲輪には守備を担当する兵たちが駐屯した。

曲輪の配置[編集]

曲輪とは、軍事的・政治的な意図を持って、削平・盛土された平面空間と定義でき、15世紀後半に曲輪を連ねる構造が発達し始めたとされ、例えば千葉県横芝光町篠本城は主従の関係が明確でない空間で構成されており、また青森県八戸市根城は一族横並びの構造と考えられ、当初の連郭式城郭では曲輪間に主従の関係はなかったといわれている[2]。その後戦国時代以降の城郭では、複数の曲輪を意図的に配置し、一郭を主とし二郭以降を従とする構成が一般的となった。江戸時代には中心的な曲輪に、本丸(ほんまる)・二の丸(にのまる)・三の丸(さんのまる)などの名前が付く。

縄張と主要な曲輪[編集]

城郭での戦いの勝敗を決める要素の一つに、城郭の形状・構造が挙げられる。そのため築城に際してなるべく防御側に有利になるよう、城郭の立地なども考慮して縄張が決められ曲輪が配置される。江戸時代軍学によれば、縄張の基本は主要な3つの曲輪、すなわち城郭の核となる本丸の周囲に、補佐的な二の丸、三の丸を効果的に縦深配置することとしており、以下にその説を示す。ただし江戸時代の軍学は太平の世の学問であり、実際には築城や戦闘の経験を経ていない説であることに注意する必要がある[3]

一般に、縄張は大きく分けて次に分類されている。

輪郭式
本丸を囲む二の丸、二の丸を囲む三の丸、という縄張である。4方向に対して等しく防御が厚くなるが、曲輪を囲んでいく構造のために城郭の規模を大きくせざるを得ない。平城に多い縄張である。(例:山形城松本城大坂城など)
円郭式
輪郭式の亜流で、本丸の周囲に円形、または半円形に二の丸、三の丸が配置される。(例:田中城など)
連郭式
本丸と二の丸を並列に配置する縄張である。奥行は深くなるものの、本丸の脇や背後が露出してしまい、その結果搦手などの守りが追手(大手)に比べ手薄になることもある。(例:松山城 (備中国)松山城 (伊予国)盛岡城など)
並郭式
本丸と二の丸が並び、その周辺を別の曲輪が取り囲む形式であり、詰めの丸が本丸と並ぶ場合もある。(例:大垣城島原城大分城など)
梯郭式
本丸を城郭の片隅に配置し、周囲の2方向、あるいは3方向を他の曲輪で囲む縄張である。本丸の露出している側(たとえば背後)に、湖沼や山河、絶壁などの「天然の防御設備」がある場所に向く縄張である。(例:岡山城など)
階郭式
曲輪群を階段状に配置する形式であり、戦国時代山城江戸時代の初期の平山城にこの構造の城郭がある。山や丘の地形を活かして築城される場合によく用いられた。(例:姫路城丸亀城熊本城など)

個々の城郭は必ず上記のどれかに分類されるわけではなく、これらの変形・発展型や合体型(例えば“輪郭式+梯郭式”)といえるものも数多くあった。また、これらの型式だけでは分類が難しい城郭もある(単郭式など)。そのほか研究者によって、同じ城でも区分名称や認識が違うこともあれば、その他の名称を使って細かく分類することもある。

その他の曲輪[編集]

防御力強化の目的で、本丸などの主要な曲輪の周りに帯曲輪(おびくるわ)や腰曲輪(こしくるわ)、捨曲輪(すてくるわ)などの小曲輪を配置することがあった。そのほか、他より独立した形で配置される出丸(でまる)や、主に虎口を防御する目的でその前面に配置される馬出(うまだし)などもある。

各曲輪の名称・用途[編集]

織豊時代以降の城では、それぞれの曲輪はその用途によって「○○曲輪」「○○丸」などと呼ばれ、また時代や地域によっても名称は異なる。“本丸”“二の丸”など曲輪を“丸”と言うようになった起源や語源はわかっていないが、「○○丸」と呼ばれる曲輪は織豊系城郭と呼ばれる系統の城や江戸時代以降の近世城郭の主要部の名称にみられる。また、堀田浩之は日本の城に中心から「本丸」「二の丸」「三の丸」という名称が共通して名付けられているのは、曲輪の理念上の編成をわかりやすく示すためのものであると解釈し、上級権力による城郭の新しい概念における管理上の記号として、軍学をもとに登場したものであろうと、推定している[4]。「丸」とは日本語では球体も意味するが、これにいう「丸」とは円形のことで、江戸時代の軍学関係の書籍を引用して後述するように城は円形につくることが好ましいといわれた。江戸初期の北条流軍学の祖となった軍学者、北条氏長が著した『兵法雌鑑』では

城をとるべきようは、小く丸くとるべし…

北条氏長, 『兵法雌鑑』

とあり[5]、江戸中期の軍学書『武用弁略』には、

城は小円を善とすること、城取の習とぞ、此故に丸とは呼ぶ也…

木下義俊, 『武用弁略』

とある[6]

曲輪の用途[編集]

  • 本丸(ほんまる)
城の中枢部であり、本丸御殿のような居住域兼政務域を持ち、戦時には最終防衛線となる。本城、一の曲輪などとも呼ばれる。詳しくは本丸の項目を参照のこと。
  • 二の丸(にのまる)
本丸の次に繋がる主要な曲輪の名称である。本丸と同様に殿舎を建てる場合もあり、城によっては城の中心的機能を持っていたこともある。広島城では、他の城では馬出の位置にある小規模な曲輪を二の丸と称している。二ノ丸とも書く。二の曲輪、二の城ともいう。
  • 三の丸(さんのまる)
二の丸の次に繋がる主要な曲輪で、家臣たちの屋敷が置かれる場合もあった。三の曲輪、三の城ともいった。

そのほか、おもに本丸から見た方角にある曲輪を「(方角)の丸、(方角)ノ丸、(方角)丸」といった。

  • 帯曲輪(おびくるわ)
主要な曲輪の外周に配置される細長い小曲輪。一段低く掘り下げて築いたり、豊臣大坂城のように2重に築いたものもあった。
  • 腰曲輪(こしぐるわ)
山の斜面に削平地を築いた曲輪で、敵を誘い込み高所の曲輪からの掃射の場として使われること多かった。
  • 捨曲輪(すてぐるわ)
主郭の前面などに戦闘の際に主郭より打って出る為に用いられ守勢にまわった際には放棄するつもで築かれた曲輪で主郭側からは塀など遮蔽物は作られず主郭からの攻撃が可能なように築かれた。

こうした曲輪は、敵が主要な曲輪に達するまでの時間稼ぎとなり、また防御側にとって有利に攻撃ができた。しかし城の規模が小さく、ひとつの曲輪が制圧されると、次の曲輪が射程に入ってしまうことも多く、中世の山城の曲輪は、鉄砲を用いた戦いに向いていなかった。

  • 総構総曲輪(そうがまえ・そうぐるわ)
城下町を、長大な堀や土塁・石垣で取り囲み、大規模な曲輪としたもの。詳しくは総構えの項目を参照。
  • 出丸(でまる)
城の守備が脆弱な箇所の補強や物見などの目的でつくられた、補佐的用途を持つ曲輪。
大坂冬の陣に際して、大坂城総曲輪の南側に真田信繁(真田幸村)が造った「真田丸」などがある。
江戸時代には、武家諸法度により城郭の増築が原則として禁止されたため、岡山城の後楽園のように出丸の機能を併せ持つ大規模な庭園が築造されるようになった。
  • 馬出(うまだし)
篠山城東門外に残る馬出跡
虎口の前面に配置される小曲輪である。単純に敵の虎口への侵入を困難にする目的の他に、一種の射撃陣地として虎口の防御を有利にする。そのほか、小部隊の駐屯施設として城内からの出撃にも用いられる。土塁を築いただけの曲輪とは言いがたい小さなものから、名古屋城篠山城広島城のように巨大なものまで存在する。大きく分けて半円形のものを「丸馬出」、方形のものを「角馬出」と呼ぶ。
  • 天守曲輪天守丸(てんしゅくるわ・てんしゅまる)
松山城本壇(伊予国)
本丸の内にある天守を持つ曲輪、連立式天守や、連結式天守等の形式によって隔てられてできた曲輪。本丸をこの名称で呼ぶ場合もある。城によっては、天守郭や天守曲輪また本壇ということもある。
  • 水の手曲輪(みずのてくるわ)
城の主要な取水施設のある曲輪。山水の滴る場所や井戸などがある。井戸曲輪(いどくるわ)ともいう。
  • 山里曲輪山里丸(さまざとくるわ・さまざとまる)
遊興のための屋敷や庭園を造営したもの。池を掘ったり築山を築いたり、四阿茶室などを設けてある曲輪。姫路城明石城伏見城・肥前名護屋城などにみられる。江戸時代には大名庭園として城内だけでなく城外や藩邸にも造られるようになった、江戸城の吹上も山里曲輪のひとつと考えられ、かつては吹上奉行が置かれ、現在は皇居の吹上御苑として残る。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 輪郭を意識したときに「郭」、内部の平地を意識したときに「曲輪」と使い分けることもある
  2. ^ 吉川弘文館『歴史考古学大辞典』、「曲輪」の項
  3. ^ 村井益男『日本城郭大系』別巻Ⅱ 城郭用語辞典「軍学」
  4. ^ 堀田浩之「城の要諦 〔1〕曲輪の見方」 学習研究社編『歴史群像 戦略戦術兵器大全 日本戦国編』学習研究社 2011年
  5. ^ 西ヶ谷恭弘編著『城郭の見方・調べ方ハンドブック』東京堂出版 2008年
  6. ^ 木下義俊編『武用弁略』1684年

参考文献[編集]

関連項目[編集]