釈尊寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釈尊寺
Nunohiki kannon.jpg
観音堂(本堂前より)
所在地 長野県小諸市大久保2250
位置 北緯36度19分51.9秒 東経138度23分10.7秒 / 北緯36.331083度 東経138.386306度 / 36.331083; 138.386306座標: 北緯36度19分51.9秒 東経138度23分10.7秒 / 北緯36.331083度 東経138.386306度 / 36.331083; 138.386306
山号 布引山
宗派 天台宗
本尊 聖観世音菩薩
創建年 伝・神亀元年(724年
開基 伝・行基
正式名 布引山 釈尊寺
文化財 観音堂宮殿(重要文化財)
白山社社殿(長野県宝)
テンプレートを表示
観音堂より望む

釈尊寺(しゃくそんじ)は、長野県小諸市にある天台宗寺院。山号は布引山。布引観音とも呼ばれる。 信濃三十三観音霊場の第29番札所。「牛に引かれて善光寺参り」伝説発祥の地。本尊は聖観世音菩薩

沿革[編集]

寺伝によれば、奈良時代神亀元年(724年)に行基が開き、聖徳太子が作ったとされる聖観音を祀ったと伝えられている。

戦国時代天文17年(1548年武田信玄東信地方に進攻し楽巌寺入道雅方・布下仁兵衛雅朝を攻略した際に焼亡した。永禄元年(1558年)に望月城主・望月左衛門佐信雅によって再建された。しかし、江戸時代中期の享保8年(1723年)に再度、野火のため焼亡した。

江戸時代後期に小諸藩牧野康明によって、現存する堂宇の大半が整備された。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 観音堂宮殿(かんのんどうくうでん)
観音堂内にある仏殿形の厨子で、「建造物」として国の重要文化財に指定されている。入母屋造、板葺、懸造(舞台造)。棟札により鎌倉時代正嘉2年(1258年)の造立と判明する。軒下の蟇股(かえるまた)や、地長押の下の格狭間(ごうざま)など、細部の形式に鎌倉時代建築の特色を示す。

長野県宝[編集]

  • 白山社社殿

所在地[編集]

信濃三十三観音霊場第二十九番札所天台宗布引山釈尊寺「布引観音」から浅間山・小諸市を望む。

〒384-0071 長野県小諸市大久保2250

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]