牛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キューバにおける牛車

牛車(ぎっしゃ、ぎゅうしゃ)は、ウシ水牛に牽引させるのことで交通手段のひとつ。主に荷物を運搬する荷車タイプのものと、人を運搬する乗り物タイプのものがある。

現代の日本では軽車両扱いではあるが、観光用や祭礼用などを除いてあまり見かけられなくなっている。かつては世界各地で用いられており、発展途上国では今でもごく普通に見ることが出来る。2005年にはコスタリカの牛飼いと牛車の伝統ユネスコ無形文化遺産に登録されている。


日本の牛車[編集]

源氏物語絵巻』匂宮 (平安時代後期)

日本の平安時代では貴族の一般的な乗り物であった。移動のための機能性よりも、使用者の権威を示すことが求められ、重厚な造りや華やかな装飾性が優先された[1]。そのため、金銀の装飾を施すなど華麗という以上に奢侈に流れる弊害のために894年(寛平6年)、一時乗車が禁止されたこともある。

使用方法[編集]

「延喜内匠式」には屋形の長さ8尺、高さ3尺4寸、広さ3尺2寸という。通常4人乗りで、あるいは2人乗り、あるいは6人乗る。乗降は、後方から乗り、降りるときはまず牛をはずし軛のための榻を人のための踏台として前から降りる。なお、源義仲が上洛して牛車に乗った際に、これを知らずに後から降りて笑いものになったことがある。

男性が乗るときは簾を上げ、女性のときは下げる。乗って宮城門を出入りする者は、妃以下大臣嫡妻以上は宮門外を限り、四位以下および内侍は上東門から出入りする。999年(長保元年)、六位以下の乗車の禁止、陽明門外の車の立様の規定などさまざまな規定がある。

牛車の牛を引く牛飼童(うしかいわらわ)や牛車の両側につく車副(くるまぞい)と呼ばれる者達がつき従って使用された。

各部の名称[編集]

牛車
宮殿調度図解 (1905年)

各部の名称は、ヒトが乗るところは屋形(やかた)車箱、坐るところは床(とこ)

屋形の上を前後に通る木は、前後の外に出る部分を、眉の両側に突き出る部分を、眉袖の裏の格子になっているところを眉格子袖格子、屋形の前上部中央につく総角の緒を棟融

前後の口の左右にある板を榜立(ぼうだて)、その前の板を踏板、箱の左右の窓を物見(ものみ)、その下の板を下立板、箱の前後、物見の上に差し出るところを

前後の口の下に張る低い仕切の板を軾(とじきみ)高欄、前方に長く出る2本の木を轅(ながえ)、その車の後ろに出る部分を鴟尾(とびのお)、轅の端のウシの頭を扼するところを(くびき)、その下に置く台を榻(しじ)

車輪の心棒を軸(よこがみ)、その端の鉄を轄(くさび)、箱と車とをつなぐ索を※ 外字(革へん+ツクリは膊のツクリ)(とこしばり)、車輪の輻(や)の集まるところを轂(こしき)筒(とう)、轂の口の鉄を釭(かりも)、「かも」という。

前後にがあり、それぞれ前簾後簾といい、内側の帳を下簾(したすだれ)という。

車の種類[編集]

時代祭の牛車
復元された平安の『半蔀車』
宇治市源氏物語ミュージアム
「平治物語絵巻」の『八葉車』
唐廂(庇)車(からびさしのくるま)
上皇摂政関白などがハレの舞台で使う。屋根が唐破風のような形状になっていることから、この名称で呼ばれた。「唐車(からぐるま)」とも呼ぶ。最高級の牛車。大型で「桟(はしたて)」という梯子で乗り降りした。上葺、庇、腰総などは檳榔の葉で作り、「蘇芳簾」という赤い簾をかける。横の画像はこの車。物見は落入で、外は御簾形、内は綾を押して絵を画き、縁を錦とし、御簾は編糸の紫七緒で、縁錦、裏綾の紫、下簾は蘇芳の浮線綾にいろいろの糸で唐花、唐鳥を縫う。車箱は大きく高く、車の前の簾の左右にも方立の板を作り、ふつうの車は榻で、この車は桟で、乗降する。
雨眉車(あままゆのくるま)
摂政・関白が直衣姿の折に使用する。上記の唐廂(庇)車の簡略版で、眉が唐破風のような形状になっている。簾(すだれ)は青く下簾の帳も青裾濃。
檳榔毛車(びろうげのくるま)
上皇以下・四位以上の上級貴族が乗用したが、入内する女房高僧も用いた。「毛車」とも呼ぶ。檳榔を細かく裂いて屋根を葺いた車で、見物はない。蘇芳簾で下簾は赤裾濃。
檳榔廂(庇)車(びろうひさしのくるま)
上皇・親王摂関大臣の乗用である。上記の檳榔毛車に見物を設置したもので、前後眉下と見物の上に廂(ひさし)が付いている。
糸毛車(いとげのくるま)
上葺(うわぶき、車箱の屋根部分)を色染めした糸で覆った車で、見物は設けていない。
青糸車
皇后中宮東宮の乗用車。
紫糸車
女御更衣尚侍典侍の乗用車。
赤糸車
「賀茂祭り」の際に、女使が使用する。
網代車(あじろぐるま)
車箱の表面に、などの薄板を張った車の総称である。袖や立板などにで絵文様を描いたものが多い。袖表や棟表を白く塗り、家文を付けた車は「袖白の車」・「上白(うわじろ)の車」と呼び大臣の乗用であった。また、棟・袖・見物の上に文様を描いた車を「文(もん)の車」と呼んだ。
半蔀車(はじとみのぐるま)
を網代に張った、網代車の一種である。上皇・摂関・大臣・大将が使用する。見物の懸戸が外側にはね上げたような造りとなっており、開閉可能の半蔀を設けた車。右側の写真の車である。
八葉車(はちようのくるま)
網代車の一種で、大臣から公卿地下と広く用いた車である。網代を萌黄色(黄緑)に塗り、九曜星(八葉/大きな円の周りに小さな円を八つ書いたもの)の文様を描いた車。文様の大小で区別し、「大八葉」や「小八葉」などと言った。右側の絵巻に描かれている車である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立民族学博物館 『旅 いろいろ地球人』 淡交社 2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]