即位の礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

即位の礼(そくいのれい)は、天皇践祚(せんそ)後、皇位を継承したことを内外に示す儀典で、最高の皇室儀礼とされる。諸外国における戴冠式にあたる。即位式(そくいしき)の後に、五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度の大嘗祭が行われる。即位の礼・大嘗祭と一連の儀式を合わせ御大礼(ごたいれい)または御大典(ごたいてん)とも称される。

概要[編集]

皇嗣が新たに皇位に就くことを即位というが、古代では神へ寿詞(よごと)を奏上し、神璽を献納する事を中心とした、簡素なものであったが、平安時代に皇位の継承である践祚と即位が別の儀式として行われるようになり、風の儀式が江戸時代まで続いた。即位にかかる儀式全般を即位儀礼というが、これは皇嗣が即位する「践祚の儀」と即位したことを内外に宣下する「即位の礼」に分かれる。

明治時代に「旧皇室典範」に属する登極令によって儀式の内容が細かく規定されたが、1947年昭和22年)に、同令は旧皇室典範と共に廃止となった為、現行の皇室典範でも即位の礼を行う定めがあるにも拘らず、内容についての具体的規定は無い。そのため、大嘗祭をどの様に行うのか、昭和天皇崩御前後から、様々な(政治・思想的)立場から論議が起きた。

明治以降、他の重要な皇室慶弔行事と同様に、即位の礼の日は、その年限りの祝日となることが慣例となっている。大正天皇と昭和天皇の時には勅令により、今上天皇の即位の礼の時は法律によって、祝日として定められた。

儀礼の流れ[編集]

上代は践祚と即位との区別がなかったが、桓武天皇からは、践祚後に日を隔てて即位式を行う例ができ、貞観儀式の制定に至り区別することになった。儀式内容も元日の朝賀に準じて唐風様式で行われるようになった。装束は律令制度上最高の礼装である礼服を用いた。中国皇帝を真似て天皇が南面して座し、親王以下無位に至るまで、諸臣が朝庭に北面して君臣関係を確認した。ところが、平安時代中期になると、早くもこの形が崩れ、殿上の擬侍従(平安初期には親王がつとめたので上首を親王代とよび、次席と少納言の3人の構成で左右計6人)に内弁上卿に相当)・外弁(一般参列者の公卿であるが、指名された者のみが立つ。殿上人以下の参列はなくなった。なお外弁の内の一人が宣命使となる。中世から近世にかけて外弁は大納言・中納言・参議各2名というのが一般的であった。)・典儀などの限られた公卿・官人しか即位式に参加せず、その役目を持たない公卿は大臣であっても、高御座の左右に設けられた幔の内側から「見物」している有様であった。1016年(長和5年)2月7日に行われた後一条天皇の即位式の様子は、当時の朝廷の重鎮であった大納言藤原実資の日記『小右記』に詳しく記されているが、それは実資が即位式の参加者ではなく、見物者として観察出来たことによるものであった[1]。なお、摂政は平安時代後期(堀河天皇以後)以後には高御座の中層または下層、関白は高御座の後方東側(南側から見て右寄り)の北廂東幔内に束帶姿で(礼服でないのは正式な参列でないから)控える例であった(後一条天皇の摂政であった藤原道長もこの位置にいるため、初期の摂政も同様であった可能性が高い)[2]

儀典の会場は、平安時代を通じ、原則的に、朝堂院(八省院)の大極殿が用いられたが、大極殿焼損のため陽成天皇は豐楽殿を使用した。病気のため冷泉天皇内裏紫宸殿で即位し、大極殿焼失のため後三条天皇太政官庁安徳天皇は内裏の紫宸殿を用いた。大極殿は1176年(安元2年)の安元の大火以降廃絶したため、鎌倉時代より室町時代中期の後土御門天皇までのすべての天皇(ただし、京都にいなかった南朝後村上天皇長慶天皇後亀山天皇は例外)は、太政官庁を使用した。応仁の乱後の後柏原天皇は即位礼の経費調達が困難なため、20年にわたり延引を重ねたが、この天皇の即位礼以後は、里内裏の紫宸殿を使用することとなり、近代に及んだ。太政官庁は後柏原天皇の即位の準備が始まった文亀元年の段階ですでに存在せず、再建の予定もなかった。

中世以降(初例は後三条天皇とされているが、恒例となったのは後深草天皇以後とされる)には、即位灌頂と呼ばれる仏教様式の儀式も執り行われた。江戸時代後期まで、その様式は続けられた。

なお、宮廷儀礼は平安時代より雑人(庶民)の見物の対象であったが、承久の乱後の四条天皇即位では庭上にも見物人が乱入し、これ以後も公家日記に、見物人のため儀式に支障をきたしていたことがうかがわれる記事が散見される。 後柏原天皇即位に際しても「雲霞の如く」見物人が集まったという。こうした伝統を受けて江戸時代には、切手札(観覧券のようなもの)を買うことで、一般庶民も京都御所での即位の儀式を見ることができた事が最近の研究により判明している[3]。なお、後桜町天皇即位のとき、儀礼の役にあたらず、ただ出御した天皇のお見送りだけに参内した野宮定晴は、「武家奴隷(武士の下人)」や「雑人」が多くて一般の公家の多くが儀式を見物できなかったこと、にもかかわらず幕府の使者は非公式ながら紫宸殿に上げてもらって見物できたことに憤慨している。

明治維新により東京奠都し、天皇が国家の最高指導者に位置付けられてからは、旧皇室典範並びに登極令の制定により、天皇の践祚・即位に関わる一連の儀式の様式が定められ、御大礼(即位の礼)は京都で行う旨規定されていた為、大正天皇・昭和天皇では、京都御所で平安様式により執り行われた。

1947年昭和22年)制定の現行の皇室典範では場所については規定されず、平成の即位の礼・大嘗祭は皇居で行われた。この為、従来「紫宸殿の儀」と称していた儀式が「正殿の儀」となった。

儀式は皇室の祖神である天照大神と歴代の天皇へ期日を奉告することに始まり、皇居内の三殿への報告と、伊勢神宮勅使が遣わせられる。時期は登極令によりからとされ、先帝の崩御から1年間は服喪期間として即位の礼・大嘗祭は行われない。なお、この服喪期間を特に「諒闇」という。

即位の礼では最重要の儀式が「正殿の儀」であり、天皇は束帯皇后十二単に身を包む。天皇の束帯は「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」と言い、天皇以外は着用できない。正殿の儀にて使用される玉座は天皇のものを高御座(たかみくら)、皇后のものを御帳台(みちょうだい)と呼ぶ。造りは三層黒塗り継檀の上に八角形の屋根を置き、鳳凰等の装飾がある。高さ5.9メートル、幅6メートル、重さ8トンに及ぶ。

皇室行事の中でも最も重要な儀式の一つであるが、後柏原天皇の時期は皇室財政が逼迫しており、1500年(明応9年)に即位したにも拘らず、儀式を行えず、1521年(大永元年)、室町幕府などからの援助を元に、即位22年目にして即位礼を行った。直接のきっかけは幕府が二万疋を献じたことであるが、実際には文亀年間以来それまでに何度か幕府から献じられていた費用および、朝廷が本願寺などからの献金を得て準備した道具が蓄積しており、その費用だけで実施できたのではない。後奈良天皇は後柏原天皇即位の所用品が多く残されていたにもかかわらず、やはり費用不足で十年ほど即位が延引した。また、正親町天皇の時も皇室財政から即位礼費用の拠出は叶わず、毛利元就の援助を得て挙行した。しかし、多くの困難にもかかわらず、承久の乱のため短期間しか在位できなかった九条廃帝を除き、一代も欠かさずこの儀式は挙行されている。

明治天皇の即位の礼・大嘗祭[編集]

明治天皇の即位の礼が行われた当時は、天保暦が用いられており、現在のグレゴリオ暦とは日付が異なるため、天保暦(グレゴリオ暦)の順番で記載する。

慶応2年12月25日1867年1月30日)、孝明天皇の崩御を受け、儲君睦仁親王が翌慶応3年1月9日(1867年2月13日)に践祚して皇位を継承した。当初は11月に即位の礼を行う予定であったが、大政奉還など時勢が急速に変化していく中で、国事多難を理由に見送られた。

明治新政府は、翌年の慶応4年(明治元年/1868年5月に新時代の到来を宣布する為、変化に相応しい新しい即位式の挙行を目指し、津和野藩主で神祇官副知事の亀井茲監をして「御即位新式取調御用掛」に任命した。岩倉具視は亀井に唐風儀式の撤廃と古式復興を命じた。新時代の象徴として、式典に於いて地球儀を用い、皇威を世界に知らしめる事を目的とした。孝明天皇即位に使われた高御座は内裏とともに焼失していたので、例年の節会などに使う帳台をもって高御座と称した。唐風とみなされた装束や装飾は全廃されたため、礼服は廃止され、平安時代以来礼服に次ぐ(といっても礼服は朝賀が中絶した平安中期以降即位だけに使用する装束であった)正装であった束帶が使用された。庭に建てる儀仗用の旗の類も廃止され、幣旗という榊がたてられた。

慶応4年8月17日(1868年10月2日)に、10日後の8月27日(1868年10月12日)に即位の礼を行うことを発表し、同月21日から関連儀式を執り行った。殊に崇徳天皇に勅使を遣わし命日である同月26日に霊前で宣命を読み上げた翌日27日、即位の礼当日は、宣明使が宣明を読み上げ、参列者中筆頭位の者が寿詞を読、古歌を歌われた。そして「拝」と一同唱和し、式典が終了した。

  • 明治の大礼…総費用4万3800両
    • 伊勢神宮へ勅使発遣の儀 慶応4年8月21日(1868年10月6日)
    • 神武天皇陵・天智天皇陵・前三代天皇陵へ勅使発遣の儀 同年8月22日(同年10月7日)
    • 紫宸殿・清涼殿御殿洗 同年8月23日(同年10月8日)
    • 即位の礼 同年8月27日(同年10月12日)
  • 大嘗祭 明治4年11月17日(1871年12月28日)東京で行われた。

大正天皇の即位の礼・大嘗祭[編集]

大正天皇の即位の礼

皇室典範登極令制定後、初めてとなった大正天皇即位の礼は、1915年大正4年)11月10日京都御所紫宸殿で行われた。本来は1914年(大正3年)に挙行される予定だったが、同年4月に昭憲皇太后の崩御により1年延期された。明治天皇の即位時には新調できなかった高御座等が新調された。また、この時から高御座の隣に皇后の御座である御帳台(これは江戸時代以前の帳台と異なり、高御座に準拠して考案された新儀である)が設けられたが、貞明皇后は親王(澄宮崇仁親王)を懐妊中であった為、欠席した。貴族院に在職中だった柳田國男も参列し、大嘗祭についての提言を残している[4]。礼服は復活せず、束帶が使用されたものの、高御座は江戸期の様式が復活し、その他旗の類も神話にちなむ刺繍を入れたものの、榊はやめて綾や錦を使うなど、総じて江戸時代以前の様式と明治の即位を折衷したような形式になっている。明治よりも神事性が後退したかわりに、賢所大前の儀が新たに制定され、即位の前提に神道があることを強調する儀式構成になった。男性の束帶は近世の故実を参照してあまり変更を加えず、女子の十二単は近世以前の資料によりつつも、松本真弦らが中心となって、新たに定められた。

即位礼ノ勅語[編集]

朕祖宗ノ遺烈ヲ承ケ惟神ノ寶祚ヲ踐ミ爰ニ即位ノ禮ヲ行ヒ普ク爾臣民ニ誥ク
朕惟フニ皇祖皇宗國ヲ肇メ基ヲ建テ列聖統ヲ紹キ裕ヲ埀レ天壤無窮ノ神勅ニ依リテ萬世一系ノ帝位ヲ傳ヘ神器ヲ奉シテ八洲ニ臨ミ皇化ヲ宣ヘテ蒼生ヲ撫ス
爾臣民世世相繼キ忠實公ニ奉ス
義ハ則チ君臣ニシテ情ハ猶ホ父子ノコトク以テ萬邦無比ノ國體を成セリ
皇考維新ノ盛運ヲ啓キ開國ノ宏謨ヲ定メ祖訓ヲ紹述シテ不磨ノ大典ヲ布キ皇圖ヲ恢弘シテ曠古ノ偉業ヲ樹ツ
聖徳四表ニ光被シ仁擇陬に霑洽ス
朕今丕績ヲ續キ遺範ニ遵ヒ内ハ邦基ヲ固クシテ永ク磐石ノ安キヲ圖リ外ハ國交ヲ敦クシテ共ニ和平ノ慶ニ頼ラムトス
朕カ祖宗ニ負フ所極メテ重シ
祖宗ノ神靈照鑑上ニ在リ
朕夙夜競業天職ヲ全クセムコトヲ期ス
朕ハ爾臣民ノ忠誠其ノ分ヲ守リ勵精其ノ業ニ從ヒ以テ皇運ヲ扶翼スルコトヲ知ル
庶幾クハ心ヲ同シクシ力ヲ戮セ倍々國光ヲ顯揚セムコトヲ
爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ

昭和天皇の即位の礼・大嘗祭[編集]

1928年11月、即位の礼の昭和天皇

1928年昭和3年)11月6日昭和天皇は即位の礼を執り行う為、宮城を出発し、京都御所へ向かった。京都へ向かう天皇の行列は2名の陸軍大尉を先頭に賢所の神鏡を奉安した御羽車、昭和天皇の乗る6頭立て馬車皇后の乗る4頭立て馬車・皇族代表・内大臣牧野伸顕)・内閣総理大臣田中義一)の馬車と続いた。全長600メートルにも及ぶこの行列は、1分間に進む速度が86メートルと決められていた。

11月10日、即位の礼当日の参列者は勲一等以上の者665名、外国使節92名他、2,000名以上の参列者があり、式典では内閣総理大臣田中義一が万歳三唱した。

天皇は紫宸殿の儀を終えた後、11月21日伊勢神宮を親拝し、即位の大礼に係る一連の儀式を終えた旨、奉告し、帰京した。帰京後は宮中晩餐会夜会などの祝宴の他、観兵式観艦式等が執り行われた。

悠紀田は滋賀県野洲郡三上村、主基田は福岡県早良郡脇山村から選ばれ、3月に発表された。昭和の大礼の総予算は当時の金額で1968万3637円50銭5厘という。

即位礼ノ勅語[編集]

※漢字は常用漢字に改めた。

朕惟フニ我カ皇祖皇宗惟神ノ大道ニ遵ヒ天業ヲ経綸シ万世不易ノ丕基ヲ肇メ一系無窮ノ永祚ヲ伝ヘ以テ朕カ躬ニ逮ヘリ朕祖宗ノ威霊ニ頼リ敬ミテ大統ヲ承ケ恭シク神器ヲ奉シ茲ニ即位ノ礼ヲ行ヒ昭ニ爾有衆ニ誥ク
皇祖皇宗国ヲ建テ民ニ臨ムヤ国ヲ以テ家ト為シ民ヲ視ルコト子ノ如シ列聖相承ケテ仁恕ノ化下ニ洽ク兆民相率ヰテ敬忠ノ俗上ニ奉シ上下感孚シ君民体ヲ一ニス是レ我カ国体ノ精華ニシテ当ニ天地ト並ヒ存スヘキ所ナリ
皇祖考古今ニ鑑ミテ維新ノ鴻図ヲ闢キ中外ニ徴シテ立憲ノ遠猷ヲ敷キ文ヲ経トシ武ヲ緯トシ以テ曠世ノ大業ヲ建ツ皇考先朝ノ宏謨ヲ紹継シ中興ノ丕績ヲ恢弘シ以テ皇風ヲ宇内ニ宣フ朕寡薄ヲ以テ忝ク遺緒ヲ嗣キ祖宗ノ擁護ト億兆ノ翼戴トニ頼リ以テ天職ヲ治メ墜スコト無ク愆ツコト無カラムコトヲ庶幾フ
朕内ハ則チ教化ヲ醇厚ニシ愈民心ノ和会ヲ致シ益国運ノ隆昌ヲ進メムコトヲ念ヒ外ハ則チ国交ヲ親善ニシ永ク世界ノ平和ヲ保チ普ク人類ノ福祉ヲ益サム事ヲ冀フ爾有衆其レ心ヲ協ヘ力ヲ戮セ私ヲ忘レ公ニ奉シ以テ朕カ志ヲ弼成シ朕ヲシテ祖宗作述ノ遺烈ヲ揚ケ以テ祖宗神霊ノ降鑒ニ対フルコトヲ得シメヨ

日程[編集]

昭和天皇の即位の礼(京都御所・紫宸殿の儀)
大阪朝日新聞 昭和3年10月1日付挿画
昭和天皇の即位の礼
  • 1月17日 賢所に期日奉告の儀、皇霊殿・神殿に期日奉告の儀
  • 2月5日 斎田点定の儀
  • 6月1日 悠紀田田植式
  • 6月5日 - 7日 主基田田植式
  • 8月5日 大嘗宮地鎮祭の儀
  • 9月16日 悠紀田抜穂の儀
  • 9月21日 主基田抜穂の儀
  • 10月16日 新穀供納の式、悠紀田修祓式
  • 10月17日 新穀供納の式
  • 11月6日 京都に行幸の儀
  • 11月7日 賢所春興殿に渡御の儀
  • 11月10日 皇霊殿・神殿に奉告の儀
  • 同日 賢所大前の儀
  • 同日 紫宸殿の儀
  • 11月11日 賢所御神楽の儀
  • 11月13日 大嘗宮鎮祭の儀・鎮魂の儀
  • 11月14日 大嘗祭神宮に奉幣の儀、皇霊殿・神殿並に官国幣社に奉幣の儀
  • 同日 賢所大御饌供進の儀、大嘗宮悠紀田の儀
  • 11月15日 大嘗宮主基田の儀
  • 11月16日 - 17日 大饗の儀
  • 11月19日 伊勢に行幸
  • 11月25日 明治天皇陵に親謁の儀
  • 11月26日 東京に還幸の儀
  • 11月27日 賢所・温明殿に還御の儀
  • 11月30日 皇霊殿・神殿に親謁の儀
  • 1929年昭和4年)7月16日 大嘗宮地鎮祭の儀


備考[編集]

大正天皇の際と同様に、大礼記念の表彰として大礼記念章が制定された(昭和3年8月1日勅令第188号「大礼記念章制定ノ件」第1条)。授与対象は践祚の式(同第3条1号)並びに即位の大礼及び大嘗祭(同2号)に招かれた者、在所各地に於いて餐餌を賜った者(同3号)、大礼の事務及び伴う要務に関与した者(同4号)であった。

昭和大礼記念章

銀製女性用表面
銀製女性用裏面


なお、現在の阪急京都本線の前身である新京阪鉄道と、近鉄京都線の前身である奈良電気鉄道は、この昭和天皇即位大典に間に合わせるようにして、それぞれ暫定開業をしている。

マスコミ関連では、1925年大正14年)から開始されたラジオ放送で中継が実施されたが、行列を直視しながらの実況は禁止されていたので、音とスケジュールだけを頼りに実況した。紫宸殿での式典の際には、マスコミ関係者はすべて建礼門外に締め出された。唯一参謀本部陸地測量部が内部の様子を撮影しており、そのフィルムが後年公開された。 各新聞は京都で撮影された写真を東京の本社にファクシミリ(当時は「写真電送機」と読んでいた)で送信し、その写真が掲載された号外をその日のうちに発行することができたという。これによって日本製のファクシミリの技術が大きく進歩するきっかけとなった。

1929年(昭和4年)5月4日-5日、宮城内旧三の丸覆馬場及び済寧館において御大礼記念天覧武道大会が開催され、武道史上最大の催事となった。

今上天皇の即位の礼・大嘗祭[編集]

今上天皇の即位の礼・大嘗祭を巡る儀式は、1990年平成2年)1月23日の期日奉告の儀から始まり、1年間に渉り関連行事が行われた。

即位の礼にあたり、式典の警備要人警護には昭和天皇の大喪の礼での3万2000人を大きく上回る3万7000人の皇宮護衛官警察官が動員され徹底した検問などが行われた。この警備の特別予算は54億円に上ったとされる。高御座の輸送に当たっては、過激派テロリストによる妨害を防ぐため、陸上自衛隊のヘリコプター(CH-47J)で隠密に行われた[5]

即位を祝う饗宴の儀は、宮殿豊明殿で11月12日から行われ、15日迄計7回、延べ3,500人の賓客が招かれた。

NHKが中継した「即位の礼・正殿の儀」(12時20分から1時間40分放送)は、平均視聴率31.9%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録した[6]

即位礼正殿の儀おことば[編集]

さきに、日本国憲法及び皇室典範の定めるところによって皇位を継承しましたが、ここに即位礼正殿の儀を行い、即位を内外に宣明いたします。
このときに当り、改めて、御父昭和天皇の六十余年にわたる御在位の間、いかなるときも、国民と苦楽を共にされた御心を心として、常に国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓い、国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

日程[編集]

  • 1月23日 賢所・皇霊殿・神殿に期日奉告の儀、伊勢神宮・天皇陵等に勅使発遣の儀
  • 1月25日 伊勢神宮・神武天皇・前四代天皇陵奉幣の儀
  • 2月8日 斎田点定の儀
  • 8月2日 大嘗宮地鎮祭
  • 9月27日 斎田抜穂前一日大祓(悠紀田:秋田県五城目町)
  • 9月28日 斎田抜穂の儀(悠紀田)
  • 10月9日 斎田抜穂前一日大祓(主基田:大分県玖珠町)
  • 10月10日 斎田抜穂の儀(主基田)
  • 11月12日 即位礼当日賢所大前の儀
  • 同日 即位礼当日皇霊殿・神殿に報告の儀
  • 同日 即位礼正殿の儀 ※国事行為
  • 同日 祝賀御列の儀(オープンカーでのパレード) ※国事行為
  • 同日 - 15日 饗宴の儀 ※国事行為
  • 11月13日 園遊会・内閣総理大臣夫妻主催の晩餐
  • 11月16日 伊勢神宮に勅使発遣の儀
  • 11月18日 一般参賀
  • 11月20日 大嘗祭前二日御禊・大祓
  • 11月21日 大嘗祭前一日鎮魂の儀・同大嘗宮鎮祭
  • 11月22日 大嘗祭当日神宮に奉幣の儀
  • 同日 大嘗祭当日賢所大御饌供進の儀
  • 同日 大嘗祭当日皇霊殿・神殿に奉告の儀
  • 同日 大嘗宮の儀・悠紀殿供饌の儀
  • 11月23日 大嘗宮の儀・主基殿供饌の儀
  • 11月23日 - 25日 大饗の儀
  • 11月24日 大嘗祭後一日大嘗宮鎮祭
  • 11月27日 - 28日 即位礼・大嘗祭後神宮に親謁の儀
  • 12月2・3・5日 即位礼・大嘗祭後神武天皇・前四代天皇陵親謁の儀
  • 12月3日 茶会
  • 12月6日 即位礼・大嘗祭後賢所・皇霊殿・神殿に親謁の儀
  • 同日 即位礼・大嘗祭後賢所御神楽の儀
  • 12月10日 天皇陛下御即位記念祝賀会

用語[編集]

賢所大前の儀及皇霊殿・神殿に奉告の儀
天皇が賢所・皇霊殿・神殿(合わせて宮中三殿と呼ぶ)に祀られている天照大神・天神地祇・歴代の天皇に即位の礼を行うことを告げる(神々に告げることを奉告という)儀式
斎田(さいでん)
大嘗祭の使用する新穀を作る田。田の選定は古代から亀卜(きぼく)により、京都以東以南の地方から選ばれる「悠紀田(ゆきでん)」と、京都以西以北の地方から選ばれる「主基田(すきでん)」の2つが定められる。
前四代天皇陵
今上天皇の前四代天皇は孝明天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇。

即位の礼に参列した各国要人[編集]

  • 国家元首級:70カ国
  • 皇室・王室:20カ国
  • 副大統領級:15カ国
  • 首相級:20カ国
  • 閣僚級:35カ国

アジア[編集]

欧米[編集]

中南米[編集]

オセアニア[編集]

アフリカ[編集]

国際機関[編集]

招待状を出したが各国の事情により参列しなかった国[編集]

開催地[編集]

近代に入ってからも、明治天皇大正天皇昭和天皇は、正式な高御座が常設されている京都御所に於いて「即位の礼」が行われていた。(※厳密にいえば、高御座は即位および大嘗祭後の節会だけのもので、近世には通常は紫宸殿には白い帳のかかった四角い御帳台-即位礼で皇后が使用するものとは同名異物-が置かれていた。また戦前の古写真でも紫宸殿内に帳台がおかれた写真があり、高御座が常設されるようになったのは比較的近年のことのようである-といっても半世紀以上はたつが)

1989年には、今上天皇の代には即位の礼・大嘗祭の開催地を巡り、東京と京都で論争となったが、最終的に東京で開催された。これには時代の変遷により、止むを得なかったという事情もある。前3代と異なり、平成の即位の礼においては、一連の式典に外国の要人も多数参列していたため、京都に比べ東京のほうが警備がしやすく、かつその費用も抑えられた[7]。当時はまだ関西国際空港が開港しておらず、京都迎賓館も無く、近畿地区における要人の大規模な受け入れ態勢が十分には整っていなかったのである。

専門家による伝統を守るべきとの主張[8]もあり、京都側は京都商工会議所が懇談会を設置する等、京都での開催が多方面から主張された。また、平安京以来1000年余に渡り“天皇”の存在が当たり前だっただけに、京都近辺の市民の落胆ぶりは大きかったといわれる。そういった事情への配慮もあり、皇居での「即位の礼」関連行事をほぼ終え、伊勢の神宮内宮や奈良橿原市神武天皇陵に参拝し、先帝四代のの内京都市にある孝明天皇明治天皇陵に参拝に伴い、京都御所において各県の首長や関西経済同友会など近畿の各種団体の代表、経済界の首脳陣らを招いて大規模な茶会[9]が催された。

脚注[編集]

  1. ^ 藤森健太郎『古代天皇の即位儀礼』(吉川弘文館、2000年)所収の、第二部・第六章「十~十二世紀の[天皇即位儀]」より
  2. ^ 末松剛『平安宮廷の儀礼文化』(吉川弘文館、2010年)所収の、第一部・第一章「即位式における摂関と母后の高御座登壇」より
  3. ^ 天皇即位式、江戸時代は庶民の人気行事 ニュース 列島いにしえ探訪 文化 伝統 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  4. ^ 山下紘一郎『神樹と巫女と天皇 初期柳田国男を読み解く』(梟社、2009年)と、『柳田国男の皇室観』(梟社、1990年)に詳しい。
  5. ^ 読売新聞 1989年5月30日 「即位の礼用の高御座を隠密空輸 京都から自衛隊ヘリを使用」
  6. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、182頁、247頁。ISBN 4062122227
  7. ^ 読売新聞 1989年4月4日付「天皇「即位の礼」は皇居で 京都の警備に難点 「大嘗祭」と分離も/宮内庁」
  8. ^ 読売新聞 1989年5月3日付「伝統のある大嘗祭は閑静な京都御所で」所功(寄稿)
  9. ^ なお、即位10周年の1999年(平成11年)秋と、即位20周年2009年(平成21年)秋にも同様に関西に赴き、京都御所で「茶会」を催している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]