鬼瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼瓦

鬼瓦(おにがわら)は和式建築物の棟(大棟、隅棟、降り棟など)の端などに設置される板状のの総称。略して「鬼」とも呼ばれる。厄除けと装飾を目的とした役瓦の一つ。

概要[編集]

鬼瓦は、棟の末端に付ける雨仕舞いの役割を兼ねた装飾瓦で、同様の役割を持つ植物性や石、金属などの材料で葺かれた屋根に用いられるものを「鬼板(おにいた)」というが、鬼面が彫刻されていない鬼瓦も鬼板という。一般的に鬼瓦といえば、鬼面の有無にかかわらず棟瓦の端部に付けられた役瓦のことをいう[1]

の顔を彫刻したものから、シンプルな造形の「州浜(すはま)」や「陸(ろく)」と呼ばれるものやの華をあらわしたもの、また、家紋や福の神がついたものなどがある。

ルーツはパルミラにて入口の上にメドゥーサを厄除けとして設置していた文化がシルクロード経由で[2]中国に伝来し、日本では奈良時代に唐文化を積極的に取り入れだした頃、急速に全国に普及した。寺院は勿論、一般家屋など比較的古い和式建築に多く見られるが、平成期以降に建てられた建築物には見られることが少なくなった。 鬼瓦を作る職人は、鬼師と呼ばれる。

さまざまな鬼瓦[編集]

作品[編集]

演目のひとつに「鬼瓦」が存在する。ある大名が鬼瓦を見て、故郷に残した妻を思い出して泣いてしまうという話である。
狂言師の和泉元彌プロレスに参戦した際には、母親の和泉節子率いる応援団が「セッチー鬼瓦軍団」を名乗った。前記の狂言の演目にちなんでの命名である。
  • 鬼瓦(お笑い)
お笑い芸人のオードリーの持ちネタで、「鬼瓦」が存在する。これは鬼瓦の真似をボケ担当の春日が白目を向き気が狂った表情に両手で顔を四角形に形取って「鬼瓦!」と発しながら行う。
キャラクターとして「鬼瓦」が登場する。鎌倉大仏殿の鬼瓦がセイクリッドセブンという隕石に触れたことで自我を得たというキャラクターで、いつもヒロインと一緒に登場するためペットのような存在として描かれている。
アイテムとして登場、足場にしたりモンスターの足止めに使用する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  2. ^ 2009年10月24日TBS日立 世界・ふしぎ発見!より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]