デ・ステイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デ・ステイル (De Stijl) とは、テオ・ファン・ドースブルフ: Theo van Doesburg, 1883年 - 1931年)がオランダライデン1917年に創刊した雑誌およびそれに基づくグループの名称。「デ・ステイル」とはオランダ語様式(英語The Style)の意味である。「デ・スティル」と表記することもある。

その理念は、グループの重要なメンバーでもあるピエト・モンドリアンが主張した新造形主義(ネオ・プラスティシズム、: Neoplasticism: Nieuwe beelding)であった。しかし、リーダーであるドースブルフの考えは、絵画よりもむしろ建築を重視し、1924年には、垂直と水平だけでなく、対角線を導入した要素主義(エレメンタリズム)を主張した。そのため、両者の対立は決定的となり、モンドリアンは、1925年にグループを脱退する。

その後、雑誌は1928年まで刊行され、グループ自体は、ドースブルフの死(1931年)まで続いたが、短くて大きな潮流になることはなかった。その洗練されたスタイルはディック・ブルーナの「ミッフィー」(1955年)やイヴ・サン=ローランの「モンドリアン・ルック」(1955年)[1]などに影響を与えた[2]

このグループは、建築や抽象絵画の重視、バウハウスへの大きな影響、ダダ構成主義の橋渡し、など、国境や美術の分野を越えた活動をおこなったと評価できる。

このグループの他のメンバーとしては、

などがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 黒の水平線と垂直線で分割、三原色が大胆に配された白地のワンピース。
  2. ^ 五十嵐太郎『おかしな建築の歴史』(エクスナレッジ 1913年)p.202f.

外部リンク[編集]