アーツ・アンド・クラフツ運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリス商会の壁紙

アーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)は、イギリス詩人思想家デザイナーであるウィリアム・モリス1834年-1896年)が主導したデザイン運動である。美術工芸運動ともいう。

ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、しかし粗悪な商品があふれていた。モリスはこうした状況を批判して、中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一することを主張した。モリス商会を設立し、装飾された書籍(ケルムスコット・プレス)やインテリア製品(壁紙家具ステンドグラス)などを製作した。

モリスの商会の製品自体は結局高価なものになってしまい、裕福な階層にしか使えなかったという批判もある。しかし、生活芸術を一致させようとしたモリスの思想は各国にも大きな刺激を与え、アール・ヌーヴォーウィーン分離派ユーゲント・シュティールなど各国の美術運動にその影響が見られる。

日本柳宗悦もトルストイの近代芸術批判の影響から出発し、モリスの運動に共感を寄せ、1929年、かつてモリスが活動していたケルムスコットを訪れた。柳の民芸運動は日用品の中に美(用の美)を見出そうとするもので日本独自のものであるが、アーツ・アンド・クラフツの影響も見られる。

関係人物の一覧[編集]

参考文献[編集]

  • ネイラー『アーツ・アンド・クラフツ運動』みすず書房
  • 大内秀明『ウィリアム・モリスのマルクス主義』平凡社新書[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]