パフォーマンスアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨゼフ・ボイスによるパフォーマンス(1978年)

パフォーマンスアート(Performance art)とは、芸術家自身の身体が作品を構成し、作品のテーマになる芸術である。また、特定の場所や時間における、ある個人や集団の「動き」が作品を構成する芸術の一分野である。パフォーマンスアートは美術視覚芸術の一分野であるが、絵画彫刻等のような、物体が作品を構成する芸術とは異なったものである。

要素[編集]

パフォーマンスアートは時間、場所、パフォーマーPerformer)の身体、パフォーマーと観客との関係という、四つの基本的な要素を含むすべての状態において成立しうる。

  • その作品の行われる場所は美術館ギャラリーカフェ劇場、路上など非常に多様である。
  • また行われる時間や長さも多様である。1回限りのものもあれば、何度も演じられるものもある。一瞬で終わるものもあれば、映画並みに長いものや果てしなく続くものもある。
  • パフォーマーは演劇とは違い、普通はキャラクターを演じず、芸術家自身としてパフォーマンスを行う。
  • 即興の場合もあれば、練られた脚本に従って練習を入念に行い演じられるものもある。そのストーリーは一般的な起承転結や物語りに属しないものもあるし、そもそもストーリーが全く存在しないものもある。また観客は一方的に見るだけでなく、参加や助力を頼まれたり、場合によっては危害を加えられることもあるなど、パフォーマンスに巻き込まれることが多い。

他の表現との関係[編集]

パフォーマンスアートという概念は、演劇ダンス等の舞台芸術パフォーミングアート、performing arts)、音楽サーカス火吹きジャグリング等)、体操など、比較的主流の表現活動をも含むともいえる。実際に、これらの分野に越境しているパフォーマンスアーティストPerformance artist)も多い。しかし、普通は、「パフォーマンスアート」という名のある種の芸術表現-視覚芸術の中から誕生した前衛美術コンセプチュアルアートの表現活動の一部を指すために使われている。パフォーマンスは大勢の人々に直接訴える方法であり、同時に人々にショックを与え自分達の芸術観や文化との関係を見直させる方法でもあった。

歴史[編集]

パフォーマンスアートという用語はいまや一般的な言葉になっているが、もともと使われ始めたのは1960年代ヴィト・アコンチ(Vito Acconci)、ヘルマン・ニッチュヨゼフ・ボイス、「ハプニング」の創始者アラン・カプローらの作品の出現と同時期である。欧米の研究者は、パフォーマンスアートの起源を20世紀初頭の前衛芸術に遡って考えることもある。代表的なものはダダイスムで、リヒァルト・ヒュルゼンベック(Richard Huelsenbeck)やトリスタン・ツァラ(Tristan Tzara)らによりキャバレー・ヴォルテールで開催された型にはまらないの朗読パフォーマンスなど、パフォーマンスアートの重要な創始者を生み出している。しかし、ルネサンス期の芸術家が行った公共の場でのパフォーマンスを、近代のパフォーマンスアートの祖先と考える議論もある。またパフォーマンスアーティストの中には、部族の伝統儀式からスポーツにいたるあらゆるものにその表現の起源を置いている者もいる。20世紀初頭のパフォーマンスアートとして、「リビング・スタチュー」(人間の銅像)があり、女優オルガ・デスモンドは当時としては珍しいヌードになって、銅像パフォーマンスを写真に記録している。現在もロシアのポスト・カードに、オルガの美しい裸体を見ることができる。パフォーマンスアートの活動は西洋芸術に限られるものではなく、アジアラテンアメリカ第三世界先住民出身者などに優れたアーティストが存在する。日本における先駆者としては具体美術協会などが挙げられる。

種類[編集]

パフォーマンスアートのジャンルには、ボディアートフルクサスメディアアートなども含まれる。ネオダダウィーン行動主義派のアーティストらは、自らの活動を「ライブ・アート」「アクション・アート」「即興」などと呼ぶことが多かった。

パフォーマンスアートには、観客の前で生で上演するものだけでなく、カメラの前で行いその記録を写真ビデオに写す者(キャロリー・シュニーマン、シャーロット・モーマン、オノ・ヨーコ、マシュー・バーニーシンディ・シャーマンマリーナ・アブラモヴィッチ森万里子など)、絵画のキャンバスの上で行う者(草間弥生、ジャクソン・ポロックイブ・クライン言葉をオーディオヴィジュアル化するロリー・アンダーソン詩人美術家でもある千葉節子Setsuko Chiba、更には具体美術協会のようなアクション・ペインティングなど)もその一部といえる。パフォーマンス・アートはしばしばヌードで演じられる場合もあり、1960年代から1970年代前半にかけては、フェミニズムと結びついているケースもあった。また中には自分の身体に暴力を加える者(クリス・バーデン、マリーナ・アブラモヴィッチなど)、身体能力を誇示する者(マシュー・バーニーなど)、ギャラリーの床下で自慰行為を行ったコンセプチュアル・アートに近い者(ヴィト・アコンチ)もいる。

主要なパフォーマンスアーチスト[編集]

参考文献[編集]

『パフォーマンスアート・未来派から現在まで』 ローズリー・ゴールドバーグ (Performance Art: From Futurism to the Present、ISBN 0-500-20339-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]