ローブローアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローブローアート(Lowbrow)は、1970年代後半にカリフォルニアロサンゼルスのエリアにて発生した、アンダーグラウンドヴィジュアルアートムーヴメントのこと[1]

特徴[編集]

古来の絵画等の作品は上流階級の貴族の趣向品、権力の象徴でもあり、一般大衆の楽しむモノではなかった。それに対してローブローアートは広く一般大衆の間で行き渡ったアートムーヴメントである。

起源はアンダーグラウンドコミックスパンクミュージックホットロッドストリートカルチャータトゥー、その他のサブカルチャーにある。それはポップシュールレアリスムと名称される。

ローブローアートは陽気なユーモアセンスや、または悪戯地味ており、皮肉な表現を用いられ、個性的主張が強く見られる。大方のローブローアートは絵画であるが、玩具デジタルアートであったり、彫刻でもあったりする。

ルネッサンス絵画を起源とするなら、絵画からはじまり、ポスターデザインイラストマークロゴ落描き似顔絵など、カテゴライズすると沢山の分野に分ける事が出来る。そういった垣根を超えて楽しめるアート、大衆的に幅広く楽しめる芸術作品と言った所である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • en:Frank Kozik - ローブローアート界の巨匠と呼ばれることもある。