ヴォーティシズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォーティシズム (Vorticism) とは、キュビスム未来派の影響を受けて、1910年代半ば(1913年または1914年)にイギリスに興った、美術(および)に関する運動およびそのグループ。「渦巻き派(渦巻派)」とも呼ばれる。

主たる参加者は以下のとおり(ラストネームの五十音順)。

中心メンバーは、ウインダム・ルイス、エズラ・パウンド、デイヴィッド・ボンバーグ、ウィリアム・ロバーツあたりである。

上記以外に、エズラ・パウンドに対する影響から、詩人・評論家・哲学者であるT・E・ヒューム(Thomas Ernest Hulme, 1883年-1917年)をメンバーに含める考え方もある。また、写真家アルヴィン・ラングダン・コバーン(作品Vortographなど。Alvin Langdon Coburn, 1882年-1966年)を含める考え方もある。

1914年に機関紙『BLAST』を刊行し、宣言を掲載した(BLASTは、翌年の第2号まで刊行されている。なお、BLASTには、T・S・エリオット(詩人、Thomas Stearns Eliot, 1888年-1965年)もかかわっている)。しかし、翌年の1915年にはグループは解散し、短命に終わった。

美術に関しては、「動き」を重視する点から、未来派の一分派と考えられることが多い一方で、幾何学的な形態や力強い線の強調(ここに、キュビスム由来のプリミティズムを見ることも可能)から、未来派とは一線を画すとする考え方もある。

20世紀前半のイギリスにおいては、「運動」と呼べる、唯一の美術グループといってよい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]