デカダン派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デカダン派(-は、退廃派頽廃派退廃主義フランス語: décadentisme, デカダンティスム, mouvement décadent, デカダン(ス)運動décadisme, デカディスム)とは、19世紀のヨーロッパ文学、とくにフランス文学の中の文学運動。「デカダンス」という呼び名は最初敵対する批評家たちがつけたものだが、後にはそれに属する作家たちが、19世紀後期の象徴主義あるいは耽美主義運動に関係し、初期ロマン主義のナイーヴな自然観の上で巧妙さを楽しんだ多くの世紀末作家たちに対してこの言葉を使った。作家たちの中にはゴシック小説の伝統、およびエドガー・アラン・ポーの詩・フィクションに影響を受けた者もいた。

「デカダンス」の概念は18世紀、とくにモンテスキューにまで遡り、デジレ・ニザール(Désiré Nisard)がヴィクトル・ユーゴーとロマン主義に対するものとして使って以降は、侮蔑的な言葉として批評家たちに取り上げられた。テオフィル・ゴーティエシャルル・ボードレールといったロマン主義後期の世代はこの「デカダンス」という言葉を、誇りの象徴、あるいは自分たちが陳腐な「進歩」と思ったものへの拒絶の象徴として用いた。1880年代には、フランス文学のあるグループが自分たちのことを「デカダンス」と言及した。このグループの古典的小説ジョリス=カルル・ユイスマンスの『さかしま』で、最初のデカダン作品と言われることも多いが、一方ではその栄誉をボードレールの諸作品に与える意見もある。

イギリスにおけるデカダン派と関係した指導的人物はオスカー・ワイルドである。

デカダンスは現在、文学的な運動として、ロマン主義とモダニズム文学の過渡期と見なされている。

象徴主義運動は、デカダン派と混同されることが多い。数人の若い作家たちは1880年代の中頃、新聞で「デカダン」と嘲笑的に書かれた。ジャン・モレアスJean Moréas)の『象徴派宣言』(1886年)は主としてその論争への返答であった。ほとんどの作家たちがこの言葉を敬遠する一方で、2、3人の作家たちがこの言葉を受け入れた。象徴主義とデカダン派は若干領域が重なってはいるものの、別個のものとされ続けている。

デカダン派の芸術家たち[編集]

フランス[編集]

ベルギー[編集]

イギリス[編集]

イタリア[編集]

オーストリア[編集]

セルビア[編集]

チェコ[編集]

ルーマニア[編集]

ポーランド[編集]

ノルウェー[編集]

エストニア[編集]

参考文献[編集]

  • マリオ・プラーツ 『肉体と死と悪魔 ロマンティック・アゴニー』 倉智恒夫ほか訳、国書刊行会、新版2000年 ISBN 4336042764
    • Mario Praz, The Romantic Agony, 1930
  • フィリップ・ジュリアン 『世紀末の夢 象徴派芸術』 杉本秀太郎訳、白水社、新版2004年
    • Philippe Jullian, Esthétes et Magiciens 1969:英訳Dreamers of Decadence, 1971.