ネオ・モダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオ・モダン(neo modern)とは、モダニズムを超えようとする様式のこと。ただし、ポストモダニズム(ポストモダン)のように、モダニズムを(全面的に)否定しようとするのではなく、モダニズムを用いつつそれに何か別のもの(様式等)を融合させることにより新しさを生み出そうとする傾向があり、モダニズムの一部に過ぎないとする考え方もある。

インテリア建築プロダクト・デザイン、アクセサリーなど、いくつかの分野で用いられる呼び方である。それ以外でも、経済・ビジネスなどの分野でも使われる例がないわけではない[1]

なお、イタリアのデザイナー、アレッサンドロ・メンディーニは、「ネオ・モダン・デザイン」の提唱者として知られているそうである[2]

また、建築家では、「ペロンヌ美術館の設計でも知られるシリアニを中心に、エディット・ジラールやミシェル・カガン、リポーとデュアール、アレーヌとエデキンス、ピエール=ルイ・ファロシなどで形成される、いわゆる「ネオ・モダン派」」という記載が見られる[3]

関連する展覧会[編集]

  • イタリアン・ネオ・モダン ’80年代のアート&デザイン[4]
    • エンツォ・クッキ、フランチェスコ・クレメンテ、サンドロ・キアなどが取り上げられている。

その他[編集]

日産陶業株式会社(アドミナ社)製の信楽焼の植木鉢・植木鉢カバーに「ネオモダン」という製品がある[5]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ アレッシィのワインオープナー
  3. ^ 「ラベル・フランス」42号より (PDF)
  4. ^ 東高現代美術館、ふくやま美術館ほか、1989年
  5. ^ 紹介

参考文献[編集]

  • 建築の変容 ネオモダンあるいはポスト[都市]の建築生理学(彦坂裕、INAX出版、1992年)