ウォルター・クレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・クレイン
Walter Crane
ウォルター・クレーン 1886年頃
生誕 1845年8月15日
イギリスの旗 イギリス リバプール
死去 1915年3月14日(69歳)
イギリスの旗 イギリス ウエストサセックス州ホーシャン
国籍 イギリスの旗 イギリス
分野 絵画、イラストレータ
代表作
ネプチューンの馬
テンプレートを表示


ウォルター・クレイン(Walter Crane, 1845年8月15日 - 1915年3月14日)は、イギリスの芸術家である。絵画イラストレーション児童書、陶磁器タイル、その他多くの装飾芸術を制作し、アーツ・アンド・クラフツに深く関わった。

前半生と影響[編集]

Princess Belle-Etoile

ウォルター・クレインは細密肖像画家のトーマス・クレインの次男としてリヴァプールに生まれた。早くからラファエル前派の影響を受けており、ジョン・ラスキンの信望者であった。13歳の時に著名な彫版師ウィリアム・ジェームズ・リントンに弟子入りし、3年間工房で働いた。14歳のときにはテニスンの『シャロットの姫』のカラーページを手がけ師の認可を得ている。この工房で彼は同時代のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティジョン・エヴァレット・ミレージョン・テニエルや、イタリア・ルネッサンス美術の作品などを彫版し経験を積んだが、より深い影響を受けたのは大英博物館に収蔵されていたエルギン・マーブルであった。また彼は浮世絵を研究し、その技法を子供向けのトイ・ブックスに生かし新たな流行を生み出した。

絵画とイラストレーション[編集]

1864年から1876年にかけて、クレインは彫版師エドムンド・エヴァンズと組んで3色刷りのトイ・ブックス(童謡やおとぎ話を扱った児童向け絵本)を多数制作し大きな成功を収めた。とくに『カエルの王子さま』(1874年)から始まるシリーズには、画面構成や大胆な平塗りなど、浮世絵の影響が強く現れている。また1876年にはケイト・グリーナウェイジョン・テニエルらと共同で挿絵本を制作している。

『カエルの王子さま』1874年

挿絵画家としてのクレインは、画面上で文章と絵・装飾とを調和させることに腐心し、『幼子のオペラ』(1877年)『3つのRの物語』(1886年)などの作品はその後の児童向け絵本のデザインの基礎となった。このような挿絵本のうち、友人であるジョン・ワイズの『5月1日:妖精の仮面劇』(1881年)ではグラビア印刷の技術が使われ、クレインの手がけた本の中でもひときわ美しい物となっている。またグリムの『家庭のメルヘン』(1882年)で使用されたガチョウ番の娘の絵は後にウィリアム・モリスタペストリーに仕上げ、現在はヴィクトリア・アンド・アルバート美術館に収蔵されている。このほかワイルドの『幸福の王子、その他のお話』(1888年)、ホーソーンの『ワンダーブック』(1892年)、スペンサーの『妖精の女王』(1894年-1896年)など、クレインは数多くの挿絵本を手がけた。

社会主義運動との関わり[編集]

1880年代よりクレインはウィリアム・モリスの影響から社会主義運動に関わり、彼とともに社会のすべての階層にデザインを浸透させようとした。この観点から彼は織物壁紙、室内装飾などを手がけることに没頭し、また『ジャスティス』や『コモン・ウィール』などの社会主義者の組織のために長期にわたり漫画を寄稿したほか、美術家同盟(Art Workers Guild)や自身が設立したアーツ・アンド・クラフツ展示協会のために精力的に活動した。

クレインは、「装飾芸術家はできるだけ自然から離れて、自身の経験によって選び抜かれた形態を学ぶべきだ」という考えのもと、レリーフタイルステンドグラス陶器壁紙織物などで数多くのデザインを手がけた。彼の作品の展示会は1891年にボンド・ストリートで行われたものをはじめ、クレイン自身によってアメリカでも開催され、のちにドイツオーストリアおよびスカンジナビアでも催された。また1898年から1899年にかけて刊行されたかれの講義録は以後40年の間読まれ続け、当時の芸術家に多大な影響を及ぼした。ジョージ・フレデリック・ワッツによる有名なクレインの肖像画は1893年にノイエ・ギャラリーで展示されている。

ギャラリー[編集]


外部リンク[編集]