レンゾ・ピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンゾ・ピアノ(写真左)

レンゾ・ピアノ(Renzo Piano、1937年9月14日 - )はイタリアを代表する建築家インテリアから公共建築まで幅広く手がけている。なおイタリア語での正式な発音は「レンゾ」ではなく「レンツォ」がもっとも近い。

概要[編集]

関西国際空港ターミナルビル
関西国際空港旅客ターミナルビルの外観
ダイムラー・シティ

1937年ジェノヴァ建設業を営む家に生まれる。フィレンツェ大学への2年の在籍を経て、1964年ミラノ工科大学卒業。フランコ・アルビーニの下で働いた後、1965年、スタジオ・ピアノ設立。1960年代後半は、オリベッティ・アンダーウッド工場の設計でルイス・I・カーンの共働した。 1970年から1977年にかけて、リチャード・ロジャースと共に建築設計事務所「ピアノ&ロジャース」を共同主宰。建築設計競技で勝ち取ったポンピドゥー・センターの設計を共同で進めた。1977年から1980年にかけては、構造家ピーター・ライスと共同でピアノ&ライス&アソシエイツを主宰した。1981年、レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップを故郷のジェノヴァに設立。

主要な作品としては、国際舞台に衝撃を与えたポンピドゥー・センター、20世紀の建築におけるエンジニアリング・構造設計の最大の成果である関西国際空港旅客ターミナルビル設計、ベルリンポツダム広場の再開発にあたってのダイムラー・シティのマスタープラン設計であろう。いずれも、巨大建築に求められる技術的課題に応え、国際空港の象徴性やベルリンの周囲の歴史的文脈などといったものにも配慮をしている。

彼の設計による超高層ビルがベルリン以外ではシドニー(オーロラ・プレイス)などに設計されたほか、現在ロンドンのテムズ川南岸において「シャード・ロンドン・ブリッジ(Shard London Bridge)」という87階建て高さ310mのピラミッド型超高層ビル計画が進み、2012年ごろの完成が予定されている。[1]

受賞[編集]

建築[編集]

ニュー・メトロポリス
メゾン・エルメス
パウル・クレー・センター

1960 - 70年[編集]

1970年-[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『レンゾ・ピアノ 航海日誌』(レンゾ・ピアノ・石田俊二 著、TOTO出版、1998年)
  • 『レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ Vol.1-4 日本語版』(ピーター・ブキャナン 著・岡部憲明 監訳・南谷覚正 訳、ファイドン、2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]