ベンジャミン・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・トンプソン

ランフォード伯ベンジャミン・トンプソン: Sir Benjamin Thompson, Count Rumford、称号のドイツ語表記: Reichsgraf von Rumford1753年3月26日 - 1814年8月21日)はイギリス植民地時代アメリカに生まれた科学者である。大砲の砲身の中をえぐる工程で大量に発生続ける摩擦熱カロリック説(熱素説)では説明しきれないことを示しカロリック説を否定して、熱力学に先駆的な業績をあげたことで知られる。

生涯[編集]

マサチューセッツ州ウォーバーンで生まれた。商人のところで働いた。1772年に14歳年上の裕福な未亡人サラー・ロルフと出会い、ポーツマスで結婚した。妻と植民地の総督との関係からニューハンプシャー軍の士官に任命された。

アメリカ独立戦争が始まると、王党派に立ち独立派と戦おうとしたため、独立派に自宅を襲われた。妻を見捨てて、イギリス側に逃亡したが、独立軍の情報を持っていたので歓迎され、イギリス軍のゲイジ将軍ジャーメイン卿の助言者となった。

イギリス軍のために働いた間に火薬爆発力の実験を行い、その結果を1781年の王立協会フィロソフィカル・トランザクションズに発表して、高い評判を得た。1779年に王立協会のフェローに選出され[1]、戦争が終わってロンドンに移る時には、科学者として高い評判を得ていた。

その後ドイツに移り、11年間ミュンヘンで過ごし、バイエルン選帝侯カール・テオドールのために軍制の改革と貧民のための社会事業に働いた。この時代に、エングリッシャーガルテンを作っている。トンプソンの熱力学の業績はミュンヘン時代に達成された。1791年には神聖ローマ帝国からランフォード伯の称号を得た。

その後ロンドンやパリに住み、1804年には、アントワーヌ・ラヴォアジエの未亡人マリ-・アンヌと結婚するがすぐに離婚した。

熱力学の実験[編集]

火薬と爆発の実験の経験は熱に対する興味を深めた。最も大きな業績である摩擦熱の観察は1798年のAn Experimental Enquiry Concerning the Source of the Heat which is Excited by Frictionで示され、熱を運動で説明した。その他に固体の比熱を測定する方法を開発したが、これはスウェーデンJohan Wilckeがすでに開発した方法であった。次に毛皮や羊毛、羽毛のような材料の断熱性を研究し、これらの素材が空気の対流を阻害することが断熱に有効であることを示したが、空気や気体が完全に熱伝導しないとしたという点では間違った理解をした。

その他の功績[編集]

1799年にトンプソンはジョゼフ・バンクスとともに王立研究所を設立し、ハンフリー・デービーを化学の教授に選んだ。

王立協会アメリカ芸術科学アカデミーに寄付を行いランフォード・メダルランフォード賞が設けられた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Thompson; Benjamin (1753 - 1814); Count Rumford; Physicist” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ランフォード伯ベンジャミン・トンプソンに関するカテゴリがあります。