アップルパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップルパイ

アップルパイ: apple pie)とは、砂糖煮にしたリンゴを詰めてオーブンで焼いたパイのこと。

アップルパイは国により形状が様々である。例えば、オーストリアではアプフェルシュトゥルーデル: Apfelstrudelアップルシュトゥルーデル : Apple strudel)と呼ばれ、巻き寿司のようにパイ生地でりんごを巻いて作る。イギリスでは、底に生地を敷かず、深皿に入れたりんごの上に上生地のみを被せて作る。日本人が思い浮かべるりんごがパイ生地に包まれたアップルパイを生んだのはアメリカである[1]

アップルパイにアイスクリームを添えて供されるものは、アップルパイ・ア・ラ・モードapple pie à la mode)と呼ばれる。

アメリカのアップルパイ[編集]

アップルパイはアメリカを代表するデザートで、「アップルパイのようにアメリカ的だ ('As American as apple pie') 」という慣用句があり[2]、日本人にとっての味噌汁同様に「おふくろの味」を連想させる。ヒットしたアメリカのコメディ映画(青春映画)にも『アメリカン・パイ』という作品があり、英語学習用の教材にもケイ・ヘザリ『American Pie』シリーズ(日本放送出版協会)がある。いずれもアップルパイを想定して名称がつけられている。

アメリカでのアップルパイの歴史は、イギリスからやってきたピルグリムがリンゴの種を蒔いて育て、収穫したリンゴでアップルパイを作ったことにさかのぼる。アメリカ東海岸から西へリンゴの種を蒔きながら移動したジョニー・アップルシードの伝承も有名である。リンゴは環境への適応が比較的強く、生水が危険で飲めず、小麦が貴重品だった当時はリンゴは重要な飲料水炭水化物の摂取源であり、貴重な小麦を嵩増しできるアップルパイは貴重な主食だったと言う[3]感謝祭には、七面鳥の丸焼きやコーンブレッドの他にアップルパイを出すことが多い。

19世紀にアメリカ西部に乗り出した開拓者たちの間で、リンゴを使わずにアップルパイのようなものを作る方法が考え出された。これは mock apple pie と呼ばれて、これをナビスコのリッツクラッカーを使って作るレシピが1930年代に広められた。この菓子は本物のアップルパイには及ばないものの、レモンやシナモンを使っており、リンゴを使って作ったものと近い味を出すように作られている。アップルパイという名称こそ付いているが、クッキーなどをパイ生地の代わりにするレシピとは別物である[要出典]

日本におけるアップルパイ[編集]

直径2mの巨大アップルパイ
6種類のアップルパイ食べ比べ

りんごの生産量が日本一の青森県弘前市ではアップルパイを用いたイベントが行われている。

  • 巨大アップルパイでギネスに挑戦する会
    「りんごのまち弘前」PRを目的に、巨大アップルパイでのギネス認定を目指している。
  • アップルパイの食べ比べ
    弘前市には、地元産素材使用のアップルパイを焼く店が多数存在し、毎週土日にはアップルパイの食べ比べが行われている

アップルパイ用リンゴ品種の一覧[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
品種名 誕生年
誕生地
元となる品種 収穫時期 特徴  利用   
紅玉
(こうぎょく)
英名:Jonathan
(ジョナサン)
1800年頃
アメリカ
ニューヨーク州
リック農園
偶発実生 9月下旬
- 10月中旬
1871年に開拓使によって導入され、1900年に邦名を紅玉と命名された
その名の通り艶やかな深紅のリンゴで、やや小玉で酸味が強く、果肉のきめは細かく芳香もある。
戦前は美味しいリンゴの代名詞として、国光とともに一世を風靡。戦後は酸味の強さから後継品種に追われるが、アップルパイなど焼き菓子には最適な品種のため、製菓用として根強い需要がある。
料理用
生食用
ジョナゴールド
Jonagold
1943年
アメリカ
ニューヨーク州
農業試験場
ゴールデンデリシャス
×
紅玉
9月中旬
- 10月上旬
1970年に秋田県果樹試験場によって日本に導入された。
シャリシャリ感がある果肉で酸味と甘みのバランスが良く(比較的酸味が勝る)、生食の他、酸味があるため、菓子や料理に向く。
生食用
料理用

(あさひ)
英名:McIntosh
(マッキントッシュ)
1870年
カナダ
アラン・マッキントッシュ
農園
偶発実生 10月中旬 北米ではポピュラーな品種。早生で強い芳香があるが、日持ちがしない。
日本では、ほとんど生産がされないが、積雪に強いことから北海道でわずかの農家で栽培されている。
アップルのパソコン「Macintosh」の名前の由来。
料理用
生食用

(あかね)
1970年
日本
Jonathan
×
Worcester Pearmain.

皮は、赤色。大きさは、比較的小振りで酸味が強い。 料理用
生食用
グラニースミス
Granny Smith
1868年
オーストラリア
Malus domestica
×
M. sylvestris
偶発実生

青林檎系の品種。 料理用
生食用
ピンクレディ
Pink Lady
1970年代
オーストラリア
レディウィリアムズ('Lady Williams')
×
ゴールデンデリシャス('Golden Delicious')
交配品種

料理用
生食用
ブラムリー
Bramley
1809年
イギリス
ノッティンガムシャー

料理用
エンパイア
Empire
1966年
アメリカ
ニューヨーク州

料理用
生食用
ノーザンスパイ
Northern Spy
c. 1800年
アメリカ
ニューヨーク州

シードル用
料理用
生食用
グライムスゴールデン
Grimes Golden
1804年
アメリカ
ウェストバージニア州
ブルック郡

シードル用
料理用
生食用



関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「お菓子の由来物語」(猫井登 著、幻冬舎ルネッサンス、2008年出版)
  2. ^ 「世界の食文化〈12〉アメリカ」(本間 千枝子、有賀 夏紀、石毛 直道 著、農山漁村文化協会、2004年4月、ISBN 978-4-540-04085-6
  3. ^ グレーテルのかまど 11月14日放送分