リンゴの唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リンゴの唄」(リンゴのうた)は、第二次世界大戦敗戦後の日本で戦後映画の第1号『そよかぜ』(1945年昭和20年〉10月10日公開、松竹大船)の挿入歌として発表され、日本の戦後のヒット曲第1号となった楽曲。歌詞は日本語。作詞はサトウハチロー。作曲は万城目正。歌唱は並木路子霧島昇。並木は映画『そよかぜ』の主演であり、霧島昇も『そよかぜ』に出演している。

概要[編集]

サトウハチローがこの詞を作ったのは戦時中であったが、「戦時下に軟弱すぎる」という理由で検閲不許可とされ、戦争終了後に日の目を見た。可憐な少女の思いを赤いリンゴに託して歌う歌詞が、戦後の焼け跡の風景や戦時の重圧からの解放感とうまく合っていたのと、敗戦によって憔悴しきった国民の心を癒される楽曲と評価され、空前の大ヒットとなった。2007年平成19年)には日本の歌百選に選出されている。

「リンゴの唄」吹き込みの際、作曲者の万城目正は度々ダメを出し、「もっと明るく歌うように」と指示した。しかし、この注文は当時の並木には酷で、並木は戦争で父親と次兄、3月10日の東京大空襲で母を亡くしていたため、とてもそんな気分にはなれなかったのである。その事を聞いた万城目は、「君一人が不幸じゃないんだよ」と諭して並木を励まし、あの心躍らせるような明るい歌声が生まれたという[1]

映画が封切りされてからレコード吹き込みまでに「そよかぜ」と「リンゴの唄」は再三ラジオで放送されていた。当時、出演する歌手は歌う曲の譜面を放送局に持っていったが、出演者の一人であった霧島昇はその際必ず「リンゴの唄」の譜面を持って行っていた。「リンゴの唄」のヒットを予感していた霧島は、万城目に直談判し、この曲でデビューが決まっていた並木路子と共に歌わせて欲しいとの要請をしたため、急遽「リンゴの唄」は並木とのデュエットという形になった[2]。また霧島は本人の希望でデュエットという形で参加したものの、並木を売り出したいコロムビア側の意向でステージでは歌わなかったという(出典:読売新聞)。

レコードは1945年昭和20年)12月14日に録音され、1946年昭和21年)1月に日蓄工業株式会社から「コロムビアレコード」として第1回新譜臨時発売分として市場に出た。廃盤まで長期間にわたり継続生産された為に、レーベルの印刷書式・インク・用紙に様々な区分がある。初版はレコード番号の前に規格区分の12が記され、社名が日蓄工業とローマ字で印刷されたものである。なお、並木路子が独唱で録音した音源(1945年12月14日以前の録音)が存在する、レコードでは当初はB面であったが後にA面に変更になったとの事実誤認説があるが、録音台帳と発売原簿には上記の事実は存在しない。

レコード売上は発売から2〜3年で約33万枚に達した[3]1960年に販売中止となる[3]。その後1977年8月に再録音盤が発売されている[3]。再録音盤は1984年の1年間に1830枚が売れた[3]

この当時まだリンゴは貴重品であり、1945年12月に行われた公開ラジオ番組NHK希望音楽会』)において並木がこの歌を歌いながら客席に降り、篭からリンゴを配ったところ、会場がリンゴの奪い合いで大騒ぎになったというエピソードもある。並木も後日「リンゴってどんな味がしたんだろうと思い出しながら歌った」と語っている[4]。この当時は「黙って見ている青い顔」「リンゴ高いや高いやリンゴ」という替え歌が流通したこともあった[5]

著作権は、現行の規定が変更されない場合は歌詞2023年平成35年)12月31日、曲が2018年平成30年)12月31日に消滅する。

戦後と復興の象徴として[編集]

この曲はテレビ番組などの資料映像として終戦直後の焼け跡の空撮、闇市買い出し列車などが流れる際、必ずと言っていいほどBGMに使われる“定番BGM”としても知られている。並木は阪神・淡路大震災1995年1月17日発生)の最大の被災地である神戸市長田区への慰問に訪れた際にも、避難所となった学校の校庭に設けられた仮設ステージでこの曲を歌唱しており、その模様を載せた当時の新聞紙面には「焼け跡に再び『リンゴの唄』が流れた」という見出しが躍った。さらに2011年東北地方太平洋沖地震では、復興を願いコミュニティFMに「りんごラジオ」と名付けられた。また、並木が死去した直後の2001年平成13年)4月モーニング娘。のメンバー(当時)・石川梨華が「今私たちがこうして歌えることの源流が並木さんの『リンゴの唄』であることを思うと、その先人の功績を忘れることなく歌い続けなければならない」という追悼談話を述べた。

「リンゴの唄」使用映画[編集]

前述の『そよかぜ』のみならず、劇伴音楽も含めるとこの「リンゴの唄」は今日までの日本映画に多く使われた歌謡曲である。以下、使用が確認される作品を列記する。

このうち、『そよかぜ』と『みんな~やってるか!』以外の作品は、終戦直後の日本が舞台であったり、回想などでその時代が登場するシーンがあるため、劇中で「リンゴの唄」が使われているが、『みんな~やってるか!』はダンカン扮する主人公の頭の上に乗せたリンゴをチャンバラトリオ日本刀で斬ろうとするシーンのBGMに流れる。

ドキュメンタリー[編集]

NHK総合テレビジョンでは『終戦秘話シリーズ -焼跡にリンゴの唄が流れた-』(1980年8月19日放送)や『その時歴史が動いた 響け 希望の歌声 -戦後初の流行歌「リンゴの唄」-』(2006年5月17日放送)をはじめ、これまでに「リンゴの唄」を題材としたドキュメンタリー番組をいくつか放送している。前者の放送当時には、作詞のサトウや作曲の万城目は既に故人となっていたが、並木、霧島昇、上原謙、佐々木康ら「リンゴの唄」に関わった人物の約半数が存命中だったため、彼らの貴重な証言を聞くことができる(なお本放送時、番組中に新宿西口バス放火事件NHKニュース速報が流れた)。また、後者は再現VTRを交えた構成で放送され、並木の生前の著書『リンゴの唄の昭和史』の一節を、リンゴの産地である長野県出身の乙葉が朗読している。なお両番組とも、NHKアーカイブスで公開されている。

エピソード[編集]

  • 1945年12月31日放送のNHK紅白音楽試合』(『NHK紅白歌合戦』の前身。並木は後の『NHK紅白歌合戦』には生涯出場していない)で並木が本曲を歌唱した。
  • 戦後再開したプロ野球に現れた強打者、大下弘が“青バット”を使用するきっかけとなったのがこの曲であり、「青い空」というフレーズを聞いて思いついた、という。
  • “ボヤキ漫才”で一世を風靡した人生幸朗・生恵幸子ツッコミを入れた曲の第1号がこの「リンゴの唄」であり(歌詞を述べた後、「当たり前や! リンゴが物言うか!」と怒る)、このネタは大平サブローの物真似によって今日まで引き継がれている。
  • 双子の100歳姉妹、きんさんぎんさんの愛唱歌も本曲であり、それが縁で平成初頭に放送のフジテレビ特別番組で並木路子との共演が実現し、3人で本曲を合唱した。
  • 終戦直後に満州から引上げてきた日本人を迎える曲として使われた。

脚注[編集]

  1. ^ 『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』14-15頁。
  2. ^ 『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』12-13頁。
  3. ^ a b c d 朝日新聞』1985年1月12日付朝刊、22頁。
  4. ^ リンゴの歌”. 松山大学 (2001年4月21日). 2011年4月5日閲覧。
  5. ^ リンゴの唄”. 旧人類の草庵 (2001年4月10日). 2011年4月4日閲覧。