リカルド・レゴレッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンアントニオ公共図書館

リカルド・レゴレッタ(Ricardo Legorreta Vilchis、1931年5月7日 - 2011年12月30日)は、メキシコの建築家。

人物[編集]

メキシコシティ出身。メキシコ国立自治大学卒業。

1999年UIAゴールドメダル[1]2000年AIAゴールドメダル、2011年高松宮殿下記念世界文化賞建築部門受賞。

2011年12月30日、死去[2]。80歳没。

主な代表作[編集]

  • メキシコ日産クエルナバカ工場(1966年)
  • ホテル カミノレアル メキシコ市(1968年)
  • ザ・マーケット・プレイス(オレンジ郡、1988年)
  • サンノゼ子供発見博物館(1990年)
  • サンアントニオ公共図書館(1995年)
  • ハノーファー国際博覧会メキシコ館(2000年)
  • ラティノ文化センター(2003年、テキサス州ダラス
  • テキサスA&M大学カタール校(2007年)
  • カーネギーメロン大学カタール校(2008年)
  • ダヴィドカ広場(エルサレム、2010年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]