庄司紗矢香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sayaka Shoji in Strasbourg, February 2014.

庄司 紗矢香(しょうじ さやか、1983年1月30日 - )は、東京都国分寺市出身の、日本ヴァイオリニストである。

人物・来歴[編集]

幼少時代[編集]

東京に生まれた。画家である母の留学に伴い、3歳からシエーナに移り、2年間を送る。最初ピアノを習っていたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリン演奏を見たことがきっかけとなり、5歳からヴァイオリンを始めた。

帰国後、国分寺市内の小学校に進み、1994年、6年生の時に第48回全日本学生音楽コンクール東京大会、全国大会で第1位を獲得した。

ヨーロッパ留学[編集]

1995年キジアーナ音楽院において、ヴァイオリンをウート・ウーギ、室内楽をリッカルド・ブレンゴラに学び、1997年にはイスラエルより奨学金を得てシュロモ・ミンツに学んだ。同年、14歳でリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア(17歳未満)部門で日本人として初めて優勝し、ルツェルン音楽祭ルドルフ・バウムガルトナー指揮ルツェルン祝祭管弦楽団のソリストとして出演した。

また、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ・コンクールで審査員を務めていたザハール・ブロンに声を掛けられ、1998年以降、ケルン音楽大学でブロンに師事する。 また、同年、ルツェルン祝祭管弦楽団とヨーロッパ演奏旅行を行い、ウィーン・ムジークフェラインザールでウィーン・デビューを果たした。

1999年、第46回パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに同コンクール史上最年少、かつ日本人として初めて優勝した(同時にエンリコ・コスタ博士記念賞、マリオ・ルッミネッリ記念賞も受賞)。 2004年、ケルン音楽大学を卒業し、翌年パリに移った。

近年の活動[編集]

2000年ズービン・メータにその才能を認められ各地でオーケストラと協演、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ。

その後ユーリ・テミルカーノフロリン・マゼールウラディーミル・アシュケナージシャルル・デュトワヴォルフガング・サヴァリッシュネヴィル・マリナーリッカルド・シャイーコリン・デイヴィスチョン・ミュンフンピンカス・ズッカーマンエリアフ・インバルガリー・ベルティーニウラディーミル・スピヴァコフルチアーノ・ベリオユーリ・バシュメットなどと共演。 ヨーロッパを中心に、日本、アメリカ、南米、ロシア、イスラエルで定期的に活動している。

2001年、テミルカーノフ指揮ボルティモア交響楽団バービカン・センターにてロンドンデビュー、ルーヴル美術館にてパリでのリサイタル・デビューを飾った。 ヴェルビエ音楽祭に初登場、以来同フェスティバルでラン・ランヴァディム・レーピンミッシャ・マイスキーミハイル・プレトニョフリン・ハレルイェフィム・ブロンフマンエレーヌ・グリモー等と室内楽で共演している。

2002年、デュトワ指揮NHK交響楽団の定期演奏会でショスタコーヴィチヴァイオリン協奏曲第1番で共演。テルアビヴで行われた「アイザック・スターン・メモリアル・コンサート」でズービン・メータ指揮イスラエル・フィルと再共演。 また、ザルツブルグではマリス・ヤンソンス指揮ベルリン・フィルとの共演も果たした。

2003年、1月にはメータ指揮ロサンジェルス・フィル定期公演に出演し、本格的なアメリカ・デビューを果たした。また、7月に東京都交響楽団マックス・レーガーヴァイオリン協奏曲を日本初演。

2004年、10月にはマゼール指揮ニューヨーク・フィル定期公演にてニューヨーク・デビューを飾った。11月にはセミヨン・ビシュコフ指揮ケルン放送交響楽団とヨーロッパ・ツアーに参加した。 富士ゼロックスのCMに起用され、ヒューマン・ビートボクサーのAFRAとセッションを行った。

2005年、11月にはチョン・ミュンフン指揮東京フィルハーモニーとアジア・ツアーで共演。

2006年、ビシュコフ指揮ケルン放送交響楽団と南米ツアー。ロジャー・ノリントン指揮NHK交響楽団の定期演奏会では、ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲カデンツァは庄司による自作)を演奏し、同年のN響ベスト・ソリストに選ばれた。

2007年、テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とヨーロッパ・ツアーに参加した。テレビ番組「情熱大陸」に出演。

2008年、パリのサル・プレイエルにてチョン・ミュンフン指揮フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会でストラヴィンスキー協奏曲を演奏した他、テミルカーノフの招きでロンドン交響楽団の定期演奏会に出演。また、アントニオ・パッパーノ指揮ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団とローマ、およびスペインで共演した。 サンクトペテルブルグでは、テミルカーノフ70歳祝祭コンサートに出演。パーヴォ・ヤルヴィとシンシナティにて初共演。

2009年、ミラノでスカラ座管弦楽団と初共演。大阪フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団と演奏したリゲティヴァイオリン協奏曲は高い評価を得た[1]。テレビ番組「トップランナー」に出演。

2010年、テミルカーノフとフィルハーモニア管弦楽団の定期演奏会に出演。ジャンルカ・カシオーリと共演、録音を開始する。

2012年、サンクトペテルブルグにてテミルカーノフ、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲を録音した。

2013年プラハの春音楽祭に初出演。また、ウィーンにて大野和士指揮ウィーン交響楽団と共演後、日本ツアーに同行した。 その他、テミルカーノフ指揮ロンドンフィルハーモニア管弦楽団ユーリ・シモノフ指揮モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団尾高忠明指揮BBCウェールズ交響楽団佐渡裕指揮マンチェスターBBCフィルハーモニック、コペンハーゲンDR放送交響楽団、マドリッド王立劇場管弦楽団などと各地で演奏。

使用楽器は、1729年製ストラディヴァリウス「レカミエ」である[2][3]

音楽の視覚的表現[編集]

2009年、クラシック音楽からインスピレーションを得た絵画と映像作品の個展"Synesthesia"(共感覚)を開催。庄司は、ヴァイオリン演奏が「第一のインタープレテーション(解釈)」とするなら、視覚的表現は「第二のインタープレテーション」であると語っている[4]

ディスコグラフィー[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 平成21年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由
  2. ^ ユニバーサル ミュージックによるバイオグラフィー
  3. ^ チケットぴあ、インタビュー
  4. ^ "Synesthesia"展覧会カタログ。

外部リンク[編集]