ヴィム・ヴェンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィム・ヴェンダース
Wim Wenders
Wim Wenders
第67回カンヌ国際映画祭にて (2014年
本名 エルンスト・ヴィルヘルム・ヴェンダース
Ernst Wilhelm Wenders
生年月日 1945年8月14日(69歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ デュッセルドルフ
職業 映画監督脚本家プロデューサー
ジャンル 劇映画ドキュメンタリー
活動期間 1967年 -
配偶者 Edda Köchl (1968年 - 1974年
リサ・クロイツァー (1974年 - 1978年
ロニー・ブレイクリー1979年 - 1981年
Isabelle Weingarten (1981年 - 1982年
ドナータ・ヴェンダース (1993年 - )
公式サイト Wim Wenders.com
主な作品
さすらい
パリ、テキサス
ベルリン・天使の詩
ベルリンにあるヴェンダースのスター

ヴィム・ヴェンダースWim Wenders, 1945年8月14日 - ) は、ドイツ映画監督

来歴[編集]

1945年8月14日デュッセルドルフで生まれた。ギムナジウム卒業後、大学では1963年から1964年まで医学を、1964年から1965年まで哲学を専攻したが、いずれも断念した。1966年10月に画家を志してパリへ引っ越した。しかし、高等映画学院(IDHEC)の入試に失敗。その後、モンパルナスにあるJohnny Friedlaenderのスタジオで彫刻を学んだ。この頃、1日5本以上もの映画を観る生活を送っていた。1967年ユナイテッド・アーティスツのデュッセルドルフ・オフィスで働くためにドイツに帰国。同年秋にはUniversity of Television and Film Munich(Hochschule für Fernsehen und Film München, HFF)に入学。1970年までFilmKritik誌や南ドイツ新聞、Twen magazine誌、デア・シュピーゲル誌で映画批評を執筆した。また、1967年からは映画監督としての活動を開始し、1969年までの3年間で『警察映画』(1969年)や『アラバマ:2000光年』(1969年)、『3枚のアメリカのLP』(1969年)など8本の短編映画を製作した。

1970年、16ミリモノクロによる初の長編『都市の夏』を製作。1972年、友人でもあるペーター・ハントケの同名小説を映画化した『ゴールキーパーの不安』を発表。第32回ヴェネツィア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した。以後もハントケはヴェンダースのいくつかの作品の脚本を手がけている。1974年アメリカからオランダへと旅する青年と少女を描いた『都会のアリス』を発表。翌1975年には戦後ドイツを表象した『まわり道』を発表。1976年の『さすらい』は即興演出によりロードムービーの頂点を極めた作品と称され、カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭ゴールデン・ヒューゴ賞などを受賞した。これら3作品は「ロードムービー三部作」として知られる。また、これらの作品により、フォルカー・シュレンドルフヴェルナー・ヘルツォークライナー・ヴェルナー・ファスビンダーらとともにニュー・ジャーマン・シネマの旗手として一躍注目されるようになった。

その後、一時は作風を変え、パトリシア・ハイスミスの小説を映画化した『アメリカの友人』(1977年)や死期近いニコラス・レイの姿を映した『ニックス・ムービー/水上の稲妻』(1980年)などを発表した。1982年にはフランシス・フォード・コッポラの依頼を受け、ゾエトロープ社が製作した『ハメット』の監督を務めた。しかし、製作方針をめぐりコッポラと衝突。撮影は何度も中断され、ヴェンダースはこの期間にポルトガルに渡り、映画製作の現場を舞台にした『ことの次第』を製作。同作は第39回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。1984年サム・シェパードの脚本を元に、アメリカを舞台にしたロードムービー『パリ、テキサス』を発表。第37回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。翌1985年には敬愛する小津安二郎に捧げたドキュメンタリー東京画』を製作。1987年、10年ぶりにドイツで製作したファンタジーベルリン・天使の詩』を発表。第40回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。1989年にはファッションデザイナー山本耀司に関するドキュメンタリー『都市とモードのビデオノート』を発表した。

1991年、念願の企画だったSF大作『夢の涯てまでも』を発表。1993年には『ベルリン・天使の詩』の続編となった『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』を発表。第46回カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞した。1995年ミケランジェロ・アントニオーニの指名を受け、彼の13年ぶりの長編『愛のめぐりあい』の一部を監督した。1997年には映画と暴力の関係を扱った『エンド・オブ・バイオレンス』を発表。1999年の音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』はヨーロッパ映画賞ロサンゼルス映画批評家協会賞のドキュメンタリー映画賞を受賞するなど高く評価された。

2000年U2ボノの原案を元にした『ミリオンダラー・ホテル』を発表。第50回ベルリン国際映画祭審査員賞を受賞した。2003年にはマーティン・スコセッシのプロジェクトの一環として音楽ドキュメンタリー『ソウル・オブ・マン』を製作した。2004年には9.11以降のアメリカを舞台にした『ランド・オブ・プレンティ』を発表した。翌2005年には『パリ、テキサス』以来およそ20年ぶりにサム・シェパードと組んだ『アメリカ、家族のいる風景』を発表した。同年にはロカルノ国際映画祭名誉豹賞を受賞した。2008年にはデニス・ホッパーが死神役で出演した『パレルモ・シューティング』を発表した。

2011年、20年に渡って企画を練っていたピナ・バウシュに関するドキュメンタリー『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を発表。翌2012年第84回アカデミー賞では長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた。2014年ジュリアーノ・リベイロ・サルガドと共同製作したドキュメンタリー『The Salt of the Earth』を発表。第67回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、特別賞を受賞した[1]2015年第65回ベルリン国際映画祭名誉金熊賞の授与が決定した[2]。同年、3D映画Every Thing Will Be Fine』が公開される予定である。

作風[編集]

その作風から見て取れるように、多方面からアメリカ文化の影響を受けている。『都会のアリス』、『まわり道』、『さすらい』などを発表し、小津映画の影響の覗える傑出した風土描写で、一躍ロードムービーの旗手となる。ニュー・ジャーマン・シネマの開拓者としても注目を浴びている。

写真展「尾道への旅」[編集]

2006年4月29日から5月7日にかけて、表参道ヒルズ本館地下3階のオー「O」で開催された。

写真家でもある妻のドナータ・ヴェンダースと共に、京都から尾道鞆の浦直島へと旅の道中の、日本の古都瀬戸内の原風景を収めた写真を展示。作風としてはヴィムが風景を、ドナータ夫人がモノクロ写真での人物を表現した。現在もなお、写真展の公式サイトにおいて一部作品が掲載されている。日立造船向島西工場跡地の『男たちの大和』のロケ地での写真も展示された。

また、尾道でのドキュメンタリー映像が放映された。『東京物語』の第二の舞台となった尾道へのオマージュの様相や全編に渡り現在の尾道の風景を捉えたものであった。浄土寺の裏山を登るシーンも記録されていた。

作品[編集]

長編[編集]

短編[編集]

  • Schauplätze (1967年)
  • Same Player Shoots Again (1968年)
  • Victor I. (1968年)
  • Klappenfilm (1968年)
  • Silver City (1969年)
  • 警察映画 Polizeifilm (1969年)
  • アラバマ:2000光年 Alabama: 2000 Light Years from Home (1969年)
  • 3枚のアメリカのLP Drei Amerikanische LP's (1969年)
  • ワニの家族から Aus der Familie der Panzerechsen (1977年) テレビシリーズ『Ein Haus für uns - Jugenderholungsheim』の一話
  • Die Insel (1977年) テレビシリーズ『Ein Haus für uns - Jugenderholungsheim』の一話
  • 666号室 Chambre 666 (1982年) テレビドキュメンタリー
  • リヴァース・アングル Reverse Angle: Ein Brief aus New York (1982年) ドキュメンタリー
  • Night and Day (1990年) テレビ映画『Red Hot and Blue』の一篇
  • アリーシャと熊とストーンリング Arisha, the Bear, and the Stone Ring (1992年)
  • キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒 Lumière et compagnie (1995年) オムニバス
  • Un matin partout dans le monde (2000年)
  • トローナからの12マイル Twelve Miles to Trona (2002年) オムニバス『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』の一篇
  • Other Side of the Road (2003年)
  • Invisible Crimes (2007年) オムニバス『Invisibles』の一篇
  • 平和の中の戦争 War in Peace (2007年) オムニバス『それぞれのシネマ』の一篇
  • 人から人へ Person to Person (2008年) オムニバス『8 -Eight-』の一篇
  • もし建築が話せたら… If Buildings Could Talk (2010年) オムニバス
  • Ver ou Não Ver (2012年) オムニバス『Mundo Invisível』の一篇
  • Berlin Philharmonic Hall (2014年) ドキュメンタリー。テレビシリーズ『Cathedrals of Culture』の一話

製作[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ THE SALT OF THE EARTH - Festival de Cannes 2014”. Cannes. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ BERLINALE 2015: HOMAGE AND HONORARY GOLDEN BEAR FOR WIM WENDERS”. Berlinale. 2014年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]