ルー・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルー・リード
}
基本情報
出生名 ルイス・アレン・リード
出生 1942年3月2日
ニューヨーク州ブルックリン
死没 2013年10月27日(満71歳没)
ニューヨーク州サウサンプトン
ジャンル ロック
エクスペリメンタルロック
アートロック
プロトパンク
グラムロック
アンビエント
サイケデリック・ロック
職業 シンガー・ソングライター
ギタリスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ギター
キーボード
ピアノ
ハーモニカ
活動期間 1965年 - 2013年
共同作業者 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
公式サイト www.loureed.org/

ルー・リードLou Reed, 1942年3月2日 - 2013年10月27日[1])は、アメリカニューヨーク州ブルックリン出身のミュージシャン。本名ルイス・アレン・リード (Lewis Allen Reed) 。ユダヤ系の血を引いており、父の代にラビノヴィッツ (Rabinowitz) から改姓。シラキューズ大学在学中にデルモア・シュワルツ(en:Delmore Schwarz)に師事して詩作を学ぶ。その挑戦的ながらポップさを兼ね備えた音楽性、陰翳と知性に富むヴォーカル・ポエトリーリーディング、人間の暗部を深く鋭く見つめる独特の詩世界はデヴィッド・ボウイに多大な影響を与え、後のパンク・ロックニュー・ウェイヴオルタナティヴ・ロックにも大きな影響を与えた。ボブ・ディランドアーズジム・モリソンパティ・スミスなどと並び、ロック界における芸術性、ひいては文学性のイノベーションと向上に多大な影響を与えた音楽家の一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位[2]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第52位、2011年の改訂版では第81位。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第72位[3]

概要[編集]

1965年に結成されたロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヴォーカル・ギタリストとして名を馳せた。同バンド時代から数多くの作詞・作曲を手がけており、主にジョン・ケイルとの個性の衝突によって、アヴァンギャルドな実験性と翳りを帯びたメロディ志向を融合させた独特の音楽性を創り上げた。リードは1970年にバンドを離れ、以後ソロ活動を開始した(バンドは途中加入のマルチ・プレイヤーであるダグ・ユールの一人バンドとなり、1972年の『スクイーズ』を最後に解散)。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドでの活動はわずか4年ほどであったが、バンド結成とリード在籍時の活動とは、ロックの歴史において、オルタナティヴ・ロックを産み出した「ビッグ・バン」と位置付けられている。

リードのソロ・キャリアは多彩なものである。1972年にヴェルヴェッツ時代のレパートリーを清算した(当時のテイクは『アナザー・ビュー』『VU』として後に発表された)『ロックの幻想』(スティーヴ・ハウリック・ウェイクマンなどがセッション参加)でソロ・デビューを果たし、同年に盟友・デヴィッド・ボウイとそのパートナーであるミック・ロンソンと事実上共作した『トランスフォーマー』、シングル「ワイルド・サイドを歩け」がグラム・ロックの文脈において支持されヒットした(後にアメリカでホンダスクーターのCMソングに起用される)が、翌年には閉鎖的な都市における内省的かつ陰鬱な恋愛を映画的な手法で描いたコンセプト・アルバムベルリン』を発表し、方向性の転換によって一元的なコマーシャリズムへの迎合を避けた。しかし前作が批評家からの批判を受けたことと対照的に、リードの思惑から外れたオーヴァープロデュースの次作『死の舞踏』は自身最高のヒットを記録し、RCA時代最後の作品である次作『コニー・アイランド・ベイビー』までは人気を得ていた。

その後のアリスタ・レコード時代は、自身のポップ観とロック観の折衷を求めて、コンスタントな活動ペースを保ちつつ試行錯誤を繰り返した。アレンジ面でもよりスタンダードなロックサウンドと非クラシカルなストリングスやホーンセクションなどとの融合を試みたり、ファンクやフリージャズ、AORなどの要素を導入したり、楽曲の長大化やアコースティック面の強調、バックバンドメンバーとの共作などがその結果として挙げられる。

RCA復帰第一作となった『ブルー・マスク』ではロバート・クインのギターを得てラフかつノイジーなロックにハードな感触を加えたサウンドに転換、ほぼ同一の布陣で更にオーソドックスなロックへ遡行した『レジェンダリー・ハーツ』を制作した。その後『ニュー・センセーションズ』『ミストライアル』ではあえて時流に歩み寄った我流のニュー・ウェーヴを展開し、リスナーを戸惑わせた。しかし『ニュー・センセーションズ』においてはL. シャンカールブレッカー・ブラザーズといったビッグ・ネームと共演しており、後年のリードのアプローチの布石ともなっている。

1989年、自身のルーツと向き合う形となったアルバム『ニュー・ヨーク』で「復調」、翌年アンディ・ウォーホルの追悼としてかつての盟友ジョン・ケイルと『ソングス・フォー・ドレラ』を制作。以後90年代前半の断続的なヴェルヴェット・アンダーグラウンド再結成をはさみ、『マジック・アンド・ロス』『セット・ザ・トワイライト・リーリング』『エクスタシー』を発表、かつてよりスローなペースながら健在を印象付けた。

2003年にはエドガー・アラン・ポー、殊に「大鴉」を題材にした『ザ・レイヴン』をリリース、自身の現代文学的な詩世界と古色蒼然たる古典文学の融和をドラマティックな音楽によって表現し新境地を開いている。2011年にはフランク・ヴェーデキントの「ルル二部作」をモチーフとした『ルル』を発表。スピーディかつ起伏に富んだ音楽性のメタリカを起用しながら、ヴェルヴェッツ時代を想起させる頽廃的な酩酊感と90年代のメタリカさながらのヘヴィなグルーヴが同居するサウンドとポエトリーリーディングという異色のアプローチをとった作品となった。

その時代時代、またはアルバムごとにアプローチを転換しながら、その強烈な個性によって作品をあくまでポピュラーなロックサウンドとして成立させる手腕を持つリードであるが、同時にアプローチ転換の結果としてファンやプレスを当惑させるような「問題作」を発表することがある。二枚組・60分間強の間ギターの多重録音によるノイズのみが収録された『無限大の幻覚(原題:Metal Machine Music)』(70年代の人気絶頂期に発表されたことで大きな賛否を巻き起こした)、元々自身のメディテーション用にプライヴェートに制作された単調な電子音の反復によるアンビエント『Hudson River Wind Meditations』、Metal Machine Trio名義で本格的なアンビエントとノイズミュージックの双方に着手した『The Creation of the Universe』、ジョン・ゾーンローリー・アンダーソンとの連名によるフリー・インプロヴィゼーション作品『The Stone: Issue Three』はその一例である。

ロックンロールフォークソウルなどのトラディショナルなポピュラー音楽を源流に持ちながら、(自身の特徴的なヴォーカルやギターを時に無視してまでも)時流とも向き合いつつ我が道を歩み続けている。時代ごとにパートナーを一新してはアルバムごとに特色を打ち出す、多彩な音楽性を往還しながらあくまでもそれらをロックとして成立させる、いくつかの例外を除いて一貫して自身の詩作を重視するなど、多くの偏屈とも言えるこだわりを堅持し続ける彼の信奉者はいまだに多く、現在もなおファンや音楽評論家、他のミュージシャンから広く賞賛を浴びている。

生活の大半をニューヨークで過ごしており、作品にも好んで取り上げられる。

1996年に、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはロックの殿堂入りを果たした。またリードは、1995年フランク・ザッパ2008年レナード・コーエンが同じく殿堂入りした際に、プレゼンターとして出向いた。ザッパに於いては、マザーズ・オブ・インヴェンションと自らのヴェルヴェット・アンダーグラウンドを対比させて、ザッパの音楽的功績を称えるスピーチをしている。

私生活では長らくバイセクシュアルであるとされ、結婚を三度経験している。その最も新しいパートナーであるヴァイオリニストのローリー・アンダーソンとは、長きにわたるパートナーシップの結果、2008年4月12日に正式に結婚したことが明らかとなった。挙式はコロラド州にて、ごくプライベートな形で行われたという。

2013年に入ってから肝臓の移植手術を受けたことがメディアで報じられ、予後にローリー・アンダーソンとの外出写真が出るなどしたが、10月27日、肝臓疾患の関連病のためニューヨーク州サウサンプトンにある自宅で死去[4]。71歳没。

遺産については妻のローリー・アンダーソン、リードの妹に母親の介護資金として分配され、また、リードの作品の許認可や著作権管理などは、これまでリードを支えてきたビジネス・マネージャーと会計士に引き続き託されることになるという[5]

リードの死去のニュースを受け、多くのミュージシャンが追悼のコメントを寄せている。

追悼コメントを寄せた主なミュージシャンは、以下の通り。

ローリー・アンダーソンとの出会い、そして結婚まで[編集]

リード死去の後、妻のローリー・アンダーソンは『ローリング・ストーン』誌に寄稿して、リードとの出会い、結婚の思い出、そして死の瞬間まで語った。

ローリーがリードに初めて出会ったのは1992年ドイツミュンヘンで開催された音楽フェスでの共演の時だった。このフェスの企画で出演者同士での共演を行うように要請された際、ローリーはルーに声をかけられ、自分のバンド演奏に合わせてなにか朗読してほしいとリクエストを受け、これがきっかけとなって、まずは知り合いになったと語っている。

もともと前衛パフォーマンス・アーティストとして知られていてローリーは、ロックには疎くヴェルヴェット・アンダーグラウンドはイギリスのバンドだと思い込んでいたという。ローリーはリードのことは最初からとても気に入っていたこともあり意気投合。その後の初めてのデートについて次のように回想している。

「そして、ついにルーの方から、一緒にオーディオ・エンジニアリング協会見本市に行かないかという誘いがあったのだ。私はどっちみちいくつもりだったからと答え、マイクロフォンのブースで落ち合うことにした。この見本市は最新の機材をチェックするには最高で最大規模のもので、私たちはアンプやシールドを物色しては、エレクトロニクス・ブースのスタッフといろいろ話し込んで、楽しい午後を過ごすことになった。この時点で私はこれが実はデートだったとは思いもよらなかったが、見本市の後でコーヒーを飲みに行くと、ルーは『これから映画でも観に行かない?』と誘ってきた。もちろん、と私は答えた。するとルーは『それから一緒に夜ご飯でもどう?』と訊いてきた。いいわよ。さらにルーは『食後はさ、散歩でもしようか』と続ける。うーん……そして、その先、ルーと私が離れることはもうなくなってしまったのだ」

その後二人は親友、あるいはソウルメイトとして21年間一緒に生活することになったが、2008年に結婚することになった経緯を以下のように語っている。 「あれは2008年の春のこと、私はカリフォルニアの道端を歩いていて、自分のことが嫌になってきてルーに携帯で話をしていたのだった。『やりたいと思ってたのにやれなかったことがたくさんあるの』とわたしはルーに話した。

『やりたかったことって?』とルーは訊いてきた。

『だから、結局、ドイツ語も習えなかったし、物理も学べなかったし、結婚もできなかったし』

『それだったら俺たち結婚しない?』とルーは訊いてきた。『俺そっちに向かって半分まで行くから。コロラドまで行くよ。明日とかどう?』

『うーん、ねえ、明日ってちょっといきなり過ぎだとは思わない?』

『ううん、思わない』

そういうわけで、その翌日綿私たちはコロラド州ボールダーで落ち合って、土曜日に友達の家の裏庭で結婚して、私たちはいつもの土曜日の普段着のままで、おまけに挙式の直後に私はライヴに直行しなければならなかったのに、ルーはそのことを少しも気にしないでくれた(ミュージシャン同士で結婚するのはどこか弁護士同士で結婚するのと似ていて、『今日は朝の3時までスタジオで仕事なんだ』と言ってみたり、仕事を仕上げるためにそれまでの予定を全部中止にするようなことになっても、お互いどういうことかよくわかっているし、必ずしもそれで頭に来たりはしないのだ)」[14]

作品[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

  • ロックン・ロール・アニマル - Rock 'n' Roll Animal (1974年)
  • ルー・リード・ライブ - Lou Reed Live (1975年)
  • テイク・ノー・プリズナーズ - Live - Take No Prisoners (1978年)
  • ライブ・イン・イタリー - Live in Italy (1983年)
  • パーフェクト・ナイト - Perfect Night Live in London (1998年)
  • ライブ・イン・ニューヨーク'72 - American Poet (2001年)
  • バタクラーン72 - Le Bataclan '72 Lou Reed, John Cale & Nico (2003年)
  • アニマル・セレナーデ - Animal Serenade (2004年)

コンピレーション[編集]

  • Walk on the Wild Side - The Best of Lou Reed (1976年)
  • Wild Child (1987年)
  • Retro (1989年)
  • A Rock & Roll Life (1989年) *only promotional
  • Walk on the Wild Side & Other Hits (1990年)
  • 思考と象徴のはざまで - Between Thought and Expression (1992年)
  • Rock and Roll Diary 1967-1980 (1993年)
  • ディファレント・タイムズ - ルー・リード70'sコレクション - Different Times in the 70s (1996年)
  • The Very Best of Lou Reed (1999年)
  • ザ・ベスト・オブ・ルー・リード 1972-1996 - Lou Reed: The Definitive Collection (1999年)
  • NYCマン ヒストリー・オブ・ルー・リード 1967-2003 - NYC Man (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ rollingstone.com, Lou Reed, Velvet Underground Leader and Rock Pioneer, Dead at 71
  2. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Lou Reed”. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  4. ^ ルー・リードさん死去 米ロックミュージシャン 71歳 朝日新聞 2013年10月28日
  5. ^ ルー・リード、遺産をローリー・アンダーソンと自身の妹に譲ったことが明らかに RO69 2013年11月6日
  6. ^ ルー・リードの急死にボウイ、ストロークスのジュリアンら多数のミュージシャンが追悼 RO69 2013年10月25日
  7. ^ レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、チャリティ・ライヴでルー・リードへの追悼を表明 RO69 2013年11月1日
  8. ^ メタリカのラーズ・ウルリッヒ、ルー・リードとの喧嘩を振り返る RO69 2013年10月31日
  9. ^ U2、公式サイトでルー・リード追悼。『ZOO TV』ツアー時の「共演」映像を公開中 RO69 宮嵜広司の「明るい洋楽」 2013年11月4日
  10. ^ パティ・スミス、ルー・リードへの追悼文を『ザ・ニューヨーカー』誌に寄稿 RO69 2013年11月6日
  11. ^ https://ja-jp.facebook.com/pages/Adrian-Belew/6696764994 Adrian Belew Facebook 2013年10月29日
  12. ^ https://twitter.com/IggyPop/status/394535155173310464 Iggy Pop Twitter 2013年10月27日
  13. ^ http://www.mtvjapan.com/news/music/23251 ジョン・ケイル、デヴィッド・ボウイ、モリッシーら、多数のミュージシャンがルー・リードを追悼 MTV JAPAN 2013年10月29日
  14. ^ ルー・リードとの出会い、結婚、そして死を妻のローリー・アンダーソンが語る RO69 2013年11月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]