レナード・コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レナード・コーエン
生誕 1934年9月21日
カナダケベック州モントリオール
職業 シンガーソングライター・詩人・小説家
テンプレートを表示

レナード・ノーマン・コーエンLeonard Norman Cohen1934年9月21日 - )カナダシンガーソングライター詩人小説家。日本では主にシンガーソングライターとして知られ、熱心なファンも多い。70歳を超える現在もアルバムをリリースするなど精力的に活動中。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第54位[1]

経歴[編集]

幼少・少年時代[編集]

1934年、ケベック州モントリオールの裕福な中流ユダヤ系家庭に生まれる。父親はモントリオールで大きな服飾店を経営。コーエンが9歳の時に父親は他界するがコーエンが勉学を出来る程度の信託財産を残す。敬愛していた父の死は幼いコーエンに大きなショックとなり、その後LSDなどの違法ドラッグを使用する原因となる。10代の時にギターを弾き始める。 

詩人・小説家[編集]

1951年、マギル大学に入学し詩人としてのキャリアを積む。1956年、在学中に最初の詩集 Let Us Compare Mythologies(「神話を生きる」と題されて日本でも出版された)を出版する。1961年に出版した詩集The Spice-Box of Earthで特に母国カナダで詩人として知られる様になる。1960年代には主に詩人、小説家として活動する(2作目の小説「嘆きの壁」(原題:Beautiful Losers)が翻訳されて集英社より出版されていたが、現在は絶版)。

シンガーソングライター[編集]

1967年、シンガーソングライターとしてのプロデビューを目指すためアメリカに拠点を移す。ジュディ・コリンズが歌ったコーエンの曲「スザンヌ」(同じ年、コーエンもレコーディングした)がヒットする。同年1968年ファーストアルバムSongs of Leonard Cohenをリリース。商業的な大ヒットとはならないも、シンガーソングライターとしてのコーエンの名を広くしらしめた。

1975年にお忍びで来日するが来日公演は実現していない。京都の禅寺などを見て回ったが"Japanese Zen is dead"と喝破した。

受賞歴など[編集]

  • 1968年 詩選集 (1956–1968) カナダ総督賞(Governor General's Award カテゴリー:英語における詩およびドラマ)に選ばれる。
  • 1991年 Canadian Music Hall of Fameに選ばれる。
  • 1996年 臨済宗の和尚となる
  • 2004年 カナダ勲章を受章
  • 2004年、Beautiful Losers(1966 小説)がCanada Reads 2005に選ばれる。
  • 2006年 ベストソングライター・オブ・カナダ (Canadian Songwriters Hall of Fame) に選ばれる。
  • 2008年 ロックの殿堂 (Rock and Roll Hall of Fame) 入りを果たす。
  • 2011年 アストゥリアス皇太子賞文学部門を受賞

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Best of Leonard Cohen (1975)
  • More Best of Leonard Cohen (1997)(新曲2曲を含む)
  • The Essential Leonard Cohen (2002), 2枚組 CD

関連作品[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ "U2のボノ、レナード・コーエンの"ハレルヤ"を世界で最も完璧な曲だと語る"”. ro69.jp (2012年12月25日). 2013年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]