ロックの幻想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックの幻想
ルー・リードスタジオ・アルバム
リリース 1972年6月
録音 1971年12月 - 1972年1月 ロンドン モーガン・スタジオ
ジャンル ロック
時間 38分44秒
レーベル RCAレコード
プロデュース リチャード・ロビンソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 189位(アメリカ[1]
ルー・リード 年表
ロックの幻想
(1972年)
トランスフォーマー
(1972年)
テンプレートを表示

ロックの幻想』(原題:Lou Reed)は、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの元メンバーであるルー・リードが、1972年に発表した初のソロ・アルバム。

解説[編集]

1970年8月にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退したリードは、音楽業界を引退してタイピストとして働き、1971年には詩やエッセイも発表していた[2]。しかし、1971年末には、復活作となる本作のレコーディングに入る。

収録曲の大半は、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代に録音されていた未発表曲を改作したもので、本作で初めて録音されたのは「ゴーイング・ダウン」「ベルリン」「ワイルド・チャイルド」の3曲のみである[2]。残り7曲のヴェルヴェット・アンダーグラウンドによるヴァージョンは、『VU』(1985年)、『Another View』(1986年)、『Peel Slowly and See』(1995年)といったコンピレーション・アルバムや、アルバム『ローデッド』(1970年)のデラックス・エディション盤『Fully Loaded』(1997年)で順次発表されていった。

レコーディングはロンドンで行われ、当時イエスのメンバーだったスティーヴ・ハウリック・ウェイクマンも参加している。

「ベルリン」は、リードが1973年に発表したサード・アルバム『ベルリン』にも別ヴァージョンが収録された。

収録曲[編集]

全曲とも作詞・作曲はルー・リードによる。

  1. アイ・キャント・スタンド・イット - "I Can't Stand It" - 2:33
  2. ゴーイング・ダウン - "Going Down" - 2:52
  3. ウォーク・アンド・トーク・イット - "Walk and Talk It" - 3:37
  4. リサ・セッズ - "Lisa Says" - 5:32
  5. ベルリン - "Berlin" - 5:12
  6. アイ・ラヴ・ユー - "I Love You" - 2:16
  7. ワイルド・チャイルド - "Wild Child" - 4:39
  8. ラヴ・メイクス・ユー・フィール - "Love Makes You Feel" - 3:09
  9. ライド・イントゥ・ザ・サン - "Ride into the Sun" - 3:14
  10. オーシャン - "Ocean" - 5:03

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lou Reed - Lou Reed : Awards - AllMusic
  2. ^ a b 2006年再発CD(BVCP 20018)ライナーノーツ(デヴィッド・フリック、翻訳:野村伸明)