アリスタ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリスタ・レコード
Arista Records
親会社 ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)
設立 1954年(ベル・レコードとして)
設立者 クライヴ・デイヴィス
現況 消滅
販売元 レガシー・レコーディングス(旧譜の再発)
ジャンル ポップス全般
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アリスタ・レコード(Arista Records)は、かつて存在したアメリカレコード会社ソニー・ミュージックエンタテインメント (SMEI)の傘下であった。

前身はベル・レコードである。元コロムビア・レコード社長のクライヴ・デイヴィスが退社後にベルの社長に着任し、社名を“アリスタ”と改名した。1979年にはBMG傘下となり、RCAと共にBMGの中核レーベルとなった。特に1980年代にAORやブラック・コンテンポラリーなど、比較的ソフトなポップスを売り物に順調に勢力を伸ばした。

日本では、同社の音楽作品はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルRCA/JIVEグループから発売された。

沿革[編集]

  • 1954年 ベル・レコードが設立される。
  • 1974年 クライヴ・デイヴィスが社長となり、ベルをアリスタと改名。
  • 1978年 グルーシン・ローゼン・プロダクション(GRP)と契約、アリスタ傘下の元、GRPレコードを発足。
  • 1979年 ベルテルスマンに買収され、BMGの一部となる。
  • 1984年 GRPがアリスタより独立する。
  • 2000年 クライヴ・デイヴィスが社長を退任。
  • 2004年 親元のBMGがソニーと合併、ソニーBMGとなり、その一部となる。
  • 2011年 RCAレコードが、アリスタ・ジャイヴ・Jの3レーベルの閉鎖を発表。これらのレーベルの所属アーティストはすべてRCAへ転籍となる[1]

主なアーティスト/グループ[編集]

(移籍・解散・死亡したアーティスト/グループも含む)

日本盤の発売元の変遷[編集]

脚注[編集]

  1. ^ RCA Folds Arista, Jive and J Records”. ローリング・ストーン (2011年10月7日). 2012年1月9日閲覧。

関連項目[編集]