PlayStation BB Unit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PlayStation > PlayStation 2 > PlayStation BB Unit
PlayStation BB Unit
PlayStation BB Unit.jpg
PlayStation BB Unit(EXPANSION BAYタイプ)
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
種別 ゲーム機周辺機器
発売日 日本の旗 2003年6月12日
(店頭販売開始)
対応メディア CD-ROM
対応ストレージ ハードディスクドライブ
テンプレートを表示

PlayStation BB Unit(プレイステーション ビービー ユニット)は、PlayStation 2(PS2)用の周辺機器ネットワークへの接続機能を備え、主にオンラインゲームのプレイ時に利用される(PlayStation BB)。

「PlayStation BB」(PS BB)はゲーム・映像・音楽といったPS2用ブロードバンドネットワークサービス。「PlayStation BB Navigator」を利用して「PS BB」のサービスを受ける。

概要[編集]

PlayStation BB Unit 対応表
PS2型番 外付けタイプ
(PCカード)
内蔵タイプ
(EXPANSION BAY)
SCPH-1xxxx ×
SCPH-3xxxx
SCPH-5xxxx
×
SCPH-7xxxx
SCPH-9xxxx
× ×

PlayStation BB Unitはネットワークアダプタとそれに取り付ける40GBハードディスクドライブ(HDD)から構成されている。SCPH-10000/15000/18000型用のPCカードを介して接続する外付タイプとSCPH-30000/35000/37000/39000/50000/55000型用のPlayStation 2本体内蔵型のEXPANSION BAYタイプがあり、EXPANSION BAYタイプはこの2点それぞれ単品での販売やネットワーク対応ソフトとのセット販売が行われている。

なお、SCPH-70000/75000/77000/79000および90000では本体のスリム化のためにEXPANSION BAYが搭載されておらず、ネットワーク機能のみが本体に標準装備されているため、この機器は利用することができない。また、PCカードスロットもなく、外付けのハードディスクも利用することができないため、これらの型番ではハードディスクを必要とするソフトはプレイすることができなくなった。

当初はネットワーク関連の機能を前面に出さず、ハードディスクドライブとしてソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の通信販売で扱っていたが、SCEのネットワーク戦略に伴いプロバイダ経由での販売とレンタルでの供給に変更、2003年6月12日にEXPANSION BAYタイプのみ店頭での販売も開始された。また、PSXの一部機種にも同様の機能が内蔵されている。

2006年7月には外付タイプの販売が終了し、EXPANSION BAYタイプも2008年にはメーカー在庫が終了し、PS2本体とセットのBB Packも販売終了となったため、中古品以外手に入れる手段がない。

PlayStation BB Navigator[編集]

PlayStation BB Unit付属のハードディスクはPlayStation 2本体に接続後、ハードディスクに添付されている『PlayStation BB Navigator』をインストールすることによって機能する。『PlayStation BB Navigator』のCD-ROMにはインストールを行うために必要なハードディスクの初期化やプログラムのインストール、外付型の使用環境ではネットワークアダプタを機能させるために必要なドライバの組み込みを行うプログラムが入っており、更に導入後にはハードディスクの状態をチェックしたり、DVDプレーヤーをSCPH-50000相当にするためのドライバをメモリーカードに組み込むことができる。

また、セーブデータ及びゲーム関係のデータを保存することができ、この機能は主にネットワークゲームでのパッチなどとして用いられる。他にも一部のタイトルではハードディスクにデータを保存することで読み込みを高速化できる。

チャンネル[編集]

インストール完了後ソフトをセットせずにPlayStation 2を起動すると、PlayStation BB Navigatorのメニューが表示される。ここからは"チャンネル"と呼ばれる一部のメーカーの情報サイトや各チャンネルからダウンロードした画像や動画の閲覧、CDの音楽を録音して好きな順で再生することができる。初期のバージョンでは、ハードディスクにリッピングした音楽データをNetMDに対応したポータブルオーディオプレイヤーに転送する機能を有していたが、後のアップデートで削除された。

チャンネル閲覧の際にルーターの設定を行う必要がある場合があるが、PlayStation BB NavigatorではこのためにNetFrontVersion 3.0を搭載しており、ルーターの設定後そのままウェブサイトを閲覧することも可能である。但し、あくまでルーターの設定変更のためのものであるためブックマークの保存やMacromedia Flashコンテンツの再生などはサポートされていないが、HTTPS通信には対応しているため、暗号化されたウェブサイトの閲覧(通信販売など)を行うことはできる(イージーブラウザーと似ている)。電子メールクライアントも搭載している。

2010年5月現在、メーカー運営のチャンネルはほとんど撤退していてコーエーのみとなっている。そのため、『ファイナルファンタジーXI』や『信長の野望Online』のプレーヤー以外にはほとんど使われていない。(これらのプレーヤーもゲームの起動に使うだけである)

  • ゲームチャンネル
    • PlayStation Now!(2008年1月7日終了)
    • コレクション
  • ミュージックチャンネル
  • フォトチャンネル
  • ムービーチャンネル

対応ソフト[編集]

当初はPlayStation BB Unitの普及を促進するために、HDDにデータをインストールすることでプレイ中に発生するデータ待ち時間を軽減する機能を持つソフトが多く出た。しかし、BB Unitの普及が進まなかったことと、SCEがHDDを重視しない方針に転換したことから、BB Unitが無いとプレイ不可能なオンラインゲームを除けばHDD対応ソフトは大幅に減った。具体的な例を挙げると、2001年に発売された『ファイナルファンタジーX』はBB Unitに対応しているが、2003年に発売された『ファイナルファンタジーX-2』は続編であるにもかかわらず対応していない。

BB Unitの機能を利用するソフトは発売されているが、その大半はネットワークアダプターの機能のみを利用しておりHDDがなくてもプレイ可能である。

オンラインゲームの対応ソフト例[編集]

HDD必須[編集]

以下のタイトルはHDD機能を利用するため、55000までの本体にBB Unitをフルセットで接続しないとプレイできない。

ネットワークアダプタのみでプレイ可能[編集]

以下のタイトルはネットワークアダプターの機能のみを使用しており、HDDがなくてもオンライン機能が利用できる。なお★印はKDDIマルチマッチングBBサービスを採用している。(SNKプレイモアのタイトルは2010年9月20日終了、カプコン及びバンダイのタイトルは2011年6月30日サービス終了[1]

グランツーリスモ4は例外で、公式にはLAN対戦のみだがパソコンを介せばオンライン対戦も可能。これは早い話がオンラインサービスでの提供ではないため、終了期間にとらわれずいつでも対戦ができるということである。

キャッシュ対応ソフト例[編集]

以下のタイトルはBB Unitのハードディスクにソフトをインストールすることでロード時間を短縮できる。ネットワーク機能は利用しない。

PS3との互換性[編集]

PlayStation BB UnitはPlayStation 3(PS3)と物理的に接続ができないため利用することはできない。しかしながら、PS3のシステムソフトウェア バージョン1.31(2006年12月公開)より『ファイナルファンタジーXI』と『信長の野望Online』のみ、ハードディスクへのインストールが必要なPS2用ソフトが動作可能となった。これらをプレイする際にはPlayStation Storeより「PS2 System Data」をダウンロード・インストールする必要がある(無料)。

この2タイトル以外のPS2用ソフトではPS3の内蔵HDDにインストールすることはできない。一度インストールすればディスクが無くてもソフトを起動できる。また、この機能はあくまでもPS2のディスクを読み込む本体のみが対象となるため現行のPS3ではインストールしても動作させることができない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]