真・三國無双3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真・三國無双3
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 2[PS2]
Xbox[Xbox]
Windows XP / 2000[XP / 2000]
開発元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)(オメガフォース
発売元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)
人数 1~2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 [PS2]2003年2月27日
[Xbox]2003年9月4日
[XP / 2000]2005年4月1日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRBT(13歳以上)
売上本数 [PS2]124万本[1]
テンプレートを表示

真・三國無双3』(しん・さんごくむそうスリー)は、コーエーから2003年2月27日に発売されたアクションゲーム。「真・三國無双シリーズ」の第3作。海外でのタイトルは、『Dynasty Warriors 4』。

PlayStation 2版の発売後、2003年9月4日にはXbox版(通常版と『真・三國無双3 猛将伝』を合わせた内容)、2005年4月1日にはWindows XP / 2000版がそれぞれ発売されている。

2013年4月17日より、PS2版はPS2アーカイブスにて配信開始。

概要[編集]

使用可能なキャラは42人。今作の主な特徴として、勢力ごとの無双モード(途中で武将を交代可)、攻撃アクションや一騎打ちシステムの追加。オリジナル武将エディット・武器成長システム(レベル)・マルチエンディングの導入がある。また、PlayStation BB Unitにゲームデータの一部をインストールすることで読み込み時間を短縮できるキャッシュ機能が搭載され、以降のシリーズにも導入された。

同日発売に『スターオーシャン Till the End of Time』、『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』を抑え初登場1位となり、2003年3月には日本国内出荷本数100万本を記録した。

また、アペンドディスク『真・三國無双3 猛将伝』、今作のシステムを流用し国取りなどのウォー・シミュレーションゲーム要素を導入した『真・三國無双3 Empires』が発売された。

操作方法[編集]

デュアルショック2での例。基本的な操作は前作と変化がないが、弾き返し、名乗り、ジャンプチャージ、チャージラッシュが新たに加えられ、パワーガードは削除された。

ジャンプ
×ボタンを押すことでジャンプが出来る。押す時間によってジャンプの高さを調整できる。
通常攻撃
□ボタンを押すことで通常の攻撃を行うことが出来る。攻撃は単純であるが、隙はない。初期は4回しか攻撃できないが、武器のレベルの上昇に伴い最大で6回まで攻撃可能になる。
チャージ攻撃
△ボタンを押すことで通常攻撃よりも強力な攻撃を行うことが出来る。通常攻撃と組み合わせることも可能で、△のみであればチャージ1、□→△でチャージ2…となり、チャージ6まである。初期はチャージ4までであるが、武器レベルによってチャージ6まで可能になるのは通常攻撃と同じである。
チャージラッシュ
武器レベル4以上で可能となるチャージ攻撃。チャージ3にさらに△ボタンを追加入力することで攻撃回数を増加させられる。
チャージドライブ
チャージ5は敵を上に打ち上げるが、△ボタンを追加入力することで追撃する事が可能。
ジャンプチャージ
ジャンプ中に△ボタンを押すことで上空から地面に向かって落下し、着地した場所の周囲にいる敵を攻撃出来る。
ガード
L1ボタンを押すことでガードの体勢を取る。この体勢をとることで、正面からの敵の攻撃をガードする事が出来る。
弾き返し
ガードした状態で敵の攻撃が当たる瞬間に△ボタンを押すことで攻撃を行う事が出来る。このモーションの最中は無敵となっているため、確実に反撃出来る。
無双乱舞
無双ゲージが満タンとなっている状態で○ボタンを押すことで可能となる強力な攻撃。無双ゲージがなくなるか○ボタンを離すと終了する。この攻撃の最中は無敵状態となっている。無双ゲージが満タンでない状態で○ボタンを押すと無双ゲージをためられる。敵武将も無双乱舞をした時、鍔競り合いになる。
真・無双乱舞
瀕死状態(ゲージの色が赤)の時に発動する無双乱舞。炎属性が付いている。(鍔競り合いなし)
激・無双乱舞
2人プレイで接近し、1人が無双乱舞を発動した後一定時間内にもう1人も無双乱舞を発動すると行える無双乱舞。1人プレイでも特定の条件を満たすと登場する義勇武将が近くにいれば発動可能。雷属性が付いている。(鍔競り合いなし)
名乗り
R3ボタンを押すことで名乗りを上げると共に敵のガードを崩すことが出来る。

ゲームモード[編集]

無双モード[編集]

各勢力ごとのストーリーを体験するモード。勢力はの三国に加え、董卓呂布袁紹孟獲黄巾の計8勢力でプレイできる。

無双モードは章によって分けられており、三国は6章、それ以外は4章で構成されている。各章の最後のステージをクリアすると次の章に進むことができる。また、三国では特定の条件を満たすと外伝に進む。

各勢力ごとのストーリーということで、途中で操作する武将を変更することも可能となっている。そのため、総大将が死亡してしまうためにクリアできないステージを自身が総大将を操作することでクリアしやすくするといったことができる。

フリーモード[編集]

自由にステージと難易度を選びプレイするモード。無双モードでプレイ可能となったステージをプレイすることが可能となっている。

チャレンジモード[編集]

いろいろなタイムを1人で競うモード。終了後にパスワードが表示され、公式ホームページにランキング表示ができ、自分が全国(世界)で何位か分かる。

切合(きりあい)
体力の続く限り敵の撃破数を競う。
神速(しんそく)
撃破数100を何分で達成するかを競う。
流星(りゅうせい)
時間内に敵を何人倒せるかを競う。
破壊(はかい)
時間内にいくつ箱や兵器を破壊するかを競う。

エディットモード[編集]

自分で武将や護衛隊を作れるモード。武将は自分で武器を選び、名前をつけることができる。モーションは武器によって決定される。護衛隊は、何部隊か名前を武将と同じくつけることができ、護衛隊所属の人の名前も変更できる。(ただし、一度作って消してしまうと、その護衛隊は復元できない。武将も同様)。

シナリオ[編集]

今作では地域ごとにシナリオが振り分けられている。その為、一つの地域でのステージ構成をその地域の各シナリオが共有している(ステージの範囲はシナリオごとに異なる)

夷陵

夷陵の戦い 荊州攻略戦 荊州鎮圧戦

五丈原

街亭の戦い 五丈原の戦い 天水の戦い

合肥

合肥の戦い 石亭の戦い 孫堅討伐戦 二喬奪還戦

漢中

定軍山の戦い 漢中防衛戦 黄巾殲滅戦

官渡

官渡の戦い 曹操討伐戦 黄巾砦攻防戦

冀州

冀州の戦い 黄巾の乱 冀州防衛戦

許昌

関羽千里行 許昌の戦い 汜水関の戦い

呉郡

建業の戦い 江東平定戦 呉郡攻略戦

洛陽

玉璽争奪戦 虎牢関の戦い 潼関の戦い

徐州

下邳の戦い 黄巾賊撃退戦 劉備討伐戦 呂布逆襲戦

成都

成都制圧戦 成都の戦い 雒城の戦い

赤壁

夏口の戦い 赤壁の戦い 長江防衛戦

襄陽

樊城争奪戦 樊城の戦い 劉表奇襲戦

汝南

博望坡の戦い 汝南の戦い

南陽

宛城の戦い 呂布の乱

南中

南蛮夷平定戦 南蛮防衛戦

南郡

長坂の戦い 南郡の戦い 麦城の戦い

ゲームシステム[編集]

アイテム[編集]

ステージ開始前の戦闘準備画面で装備アイテムを選ぶ。アイテムはステージで宝箱を入手することで獲得できる。鐙アイテムと玉アイテムはそれぞれ1個、それ以外は1〜6個(各武将ごとに異なる、またレベルアップすることで装備可能アイテム数が増加する)装備可能。

装備アイテム[編集]

朱雀翼(すざくよく)
体力ゲージ最大値が増加する。
青龍胆(せいりゅうたん)
無双ゲージ最大値が増加する。
白虎牙(びゃっこが)
攻撃力が上昇する。
玄武甲(げんぶこう)
防御力が上昇する。
神速符(しんそくふ)
移動速度が上昇する。
翔靴(しょうか)
ジャンプ力が上昇する。
黄忠弓(こうちゅうゆみ)
弓攻撃力が上昇する。
籐甲鎧(とうこうよろい)
弓防御力が上昇する。
羌族角(きょうぞくかく)
騎乗攻撃力が上昇する。
騎甲鎧(きこうよろい)
騎乗防御力が上昇する。
七星帯(しちせいたい)
運が上昇する。
活丹(かったん)
無双ゲージ増加量が上昇する。
仙丹(せんたん)
チャージ攻撃力が上昇する。

鐙アイテム[編集]

ステージを馬や象に騎乗した状態で開始できるアイテム。

絶影鐙(ぜつえいあぶみ)
絶影に騎乗した状態で開始できる。攻撃されても落馬しない。
飛電鐙(ひでんあぶみ)
爪黄飛電に騎乗した状態で始まる。獲得武勲が1.5倍になる。
赤兎鐙(せきとあぶみ)
赤兎馬に騎乗した状態で始まる。
的盧鐙(てきろあぶみ)
的盧に騎乗した状態で始まる。運が上昇する。
象鐙(ぞうあぶみ)
に騎乗した状態で始まる。

玉アイテム[編集]

チャージ攻撃に属性を付加できるアイテム。属性は無双ゲージが満タンのときに発動するが、武器レベルが10のときのみ無双ゲージが満タンでなくても発動可能。

炎玉(えんぎょく)
炎属性攻撃が可能。攻撃が当たると燃え続けて徐々にダメージを与える。玉Lvが上がると攻撃力アップ。
雷玉(らいぎょく)
雷属性攻撃が可能。攻撃が当たると周囲に雷を発動させる。雷がヒットすると少しのダメージを当たえ、その場に倒れ込ます効果がある。玉Lvが上がると雷効果の発動範囲が広くなる(ダメージ量は一定)。
注意する点は「雷のダメージで死んだ敵はKOカウントされない」こと。Lv10武器を取る時に雷効果で敵を倒してしまうと、「~を倒す」という条件を満たさない。
斬玉(ざんぎょく)
斬属性攻撃が可能。チャージ攻撃力がUPする。雑魚に対しては、ときどき一撃死の効果もある(確率は1/6程度)。玉Lvが上がると攻撃力がアップ。
氷玉(ひょうぎょく)
氷属性攻撃が可能。攻撃が当たると、一定確率で敵を凍らせ、一定時間(約5秒間)のあいだ行動不能にする。凍結時には防御力を低下させる効果もある。玉Lvが上がると防御力減少率アップ)凍結確率は一定)。
烈玉(れつぎょく)
烈属性攻撃が可能。防御されてもその上からダメージを与える効果がある。チャージ攻撃力も少しアップする。玉Lvが上がると攻撃力アップ。
毒玉(どくぎょく)
毒属性攻撃が可能。攻撃が当たると一定時間防御力を低下(50%)させる。玉Lvが上がると毒効果持続時間が増える。

特殊アイテム[編集]

孫子兵法(そんしへいほう)
能力上昇アイテムの効果時間が上昇する。
発破伝書(はっぱでんしょ)
瀕死状態でダウン状態から起き上がると攻撃力が30秒間上昇する。瀕死状態なら何度でも効果がある。
護衛心得(ごえいこころえ)
護衛兵が強くなる。
真乱舞書(しんらんぶしょ)
瀕死状態でなくとも無双乱舞が真・無双乱舞になる。
剛柔法書(ごうじゅうほうしょ)
鍔迫り合いで負けなくなる。
真空書(しんくうしょ)
攻撃範囲が広がる。
浄炎火矢(じょうえんひや)
弓攻撃に炎属性が付くようになる。
鉄甲手(てっこうしゅ)
チャージ攻撃中にダメージを受けてものけぞらず、攻撃を続けられるようになる。

武器[編集]

前作の武器を回収するシステムからレベルの上昇というシステムに変更された。戦闘中に獲得できる武器経験値をためることで武器をレベルアップさせていく。通常のプレイでは9までレベルアップさせることができ、徐々に攻撃力が上がっていく。また、レベルが4になると5回に、7になると6回に最大攻撃回数が増加していく。武器レベルが9の状態で特定の条件を満たすとレベル10に上昇し、この状態では無双ゲージがたまっていなくても属性攻撃が可能となる。

成長システム[編集]

戦闘中の行動によって戦闘終了後に経験値を獲得でき、その合計によって階級が上昇していく。前作では階級が上がるとより上位の馬にも乗れるようになっていったが、今作ではレベルに関わらずどの馬にも乗れるようになった。

体力、無双、攻撃力、防御力は階級の上昇によっても若干上昇するが、戦闘中に点心、于吉仙酒、剣、盾を入手することでの上昇が主になる。

その他[編集]

無双モード、フリーモードに共通して、使用可能武将1体1体に対しての対人関係が記録される(目視はできない)。救援を行うと関係が良くなり、撃破すると悪化する。関係が悪くなると一騎討ちを申し込まれる確率が上がる(中には関係度を無視して一騎討ちを申し込むケースもある)。

本作ではプレイヤーとして使用可能な武将のみ、救援するとお礼を言われるが、次回作の『4』以降は一般武将からもお礼を言われるようになった。

キャラクター[編集]

  • 「エディット」モードによりオリジナルの武将を作成できる。

真・三國無双3 猛将伝[編集]

真・三國無双3 猛将伝
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 2[PS2]
開発元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)(オメガフォース)
発売元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)
人数 1~2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2003年9月25日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRBT(13歳以上)
テンプレートを表示

真・三國無双3 猛将伝』(しん・さんごくむそうスリー もうしょうでん)は、コーエーから2003年9月25日に発売されたPlayStation 2用のアクションゲーム。

PS2版『真・三國無双3』の拡張版。武将固有のシナリオ(1人1本)の列伝モードと、シナリオが自動生成される修羅モードがプレイできる。

修羅モード[編集]

武将一人を選択し、自動生成されるステージを体力の続く限り戦い抜いていくモード。ステージ終了後の体力が次のステージに引き継がれ、回復アイテムが敵を倒したり壺や箱を壊したりしても極端に出現しないのが特徴である。ミッション形式をとっており、毎回3つの地方から赴く場所を1つ選ぶ。ミッションを進むごとに敵の体力と攻撃力が上昇する。

列伝モード[編集]

武将一人ひとりに設定されたシナリオで戦うモード。シナリオを一度クリアすると他の武将でもプレイできるようになる。また、戦闘後に評価が出る。評価は0〜100点までの100段階であり、難易度によって最高評価点が異なり、最高の100点は難易度達人でなければ出ない。

長坂単騎戦
徐州防衛戦
長坂橋防衛戦
下邳前哨戦
宛城死守戦
集落攻防戦
赤壁謀略戦
魚腹浦突破戦
劉繇軍壊滅戦
董卓暗殺戦
月英獲得戦
赤壁逃亡戦
虎牢関殲滅戦
劉備逃亡戦
成都前哨戦
董卓前哨戦
合肥退却戦
十常侍討伐戦
界橋の戦い
葭萌関番外戦
長沙攻防戦
定軍山挽回戦
合肥奇襲戦
祁山の戦い
麦城包囲戦
濡須口の戦い
剣閣防衛戦
黄巾最終戦
樊城防衛戦
祁山追撃戦
冀州番外戦
赤壁前哨戦
孫策幻影戦
五丈原番外戦
龐統夢幻戦
南蛮合戦
孟獲救出戦
呉郡番外戦
銅雀台脱出戦
江陵攻防戦
牛渚の戦い
虎戦車実証戦

チャレンジモード (新)[編集]

連闘(れんとう)
一騎討ちで何人の敵武将に勝ち抜くかを競う。

オリジナルシナリオ[編集]

『真・三國無双3』ディスクを読み込ませることで、猛将伝のデータで無双モード、フリーモードが遊べる。2つのモードを使えるようにするためには、ゲームを毎回起動するたびにディスクを読み取らせる必要がある。

新登場アイテム[編集]

レアアイテム[編集]

背水護符(はいすいごふ)
攻撃力が上昇するが、防御力は低下する。
生死念書(せいしねんしょ)
一騎討ちの制限時間が無くなる。
饅頭袋(まんとうぶくろ)
回復アイテムの肉まんが出やすくなる。
無双鎧(むそうよろい)
弓攻撃を受けてもひるまなくなる。
乱舞剛書(らんぶごうしょ)
無双乱舞中に敵の攻撃を弾く。
鼓舞太鼓(こぶだいこ)
自軍の士気が上昇しやすくなる。
仙玉秘書(せんぎょくひしょ)
玉アイテムの効果が倍増する。
咆哮兜(ほうこうかぶと)
名乗りで雑魚に邪魔されなくなる。
頑鉄蹄(がんてつひづめ)
馬での体当たり攻撃の威力が倍増する。

真・三國無双3 Empires[編集]

真・三國無双3 Empires
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 2[PS2]
開発元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)(オメガフォース)
発売元 コーエー(現・コーエーテクモゲームス)
人数 1~2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2004年3月18日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
コンテンツ
アイコン
暴力
テンプレートを表示

真・三國無双3 Empires』(しん・さんごくむそうスリー エンパイアーズ)は、コーエーから2004年3月18日に発売されたPlayStation 2用のアクションゲーム

『3』のシステムを流用した外伝的作品で、プレイヤーが君主となって都市を統治し従来と同様のアクションゲームによる合戦を行い領土を獲得するウォー・シミュレーションゲームの要素を取り入れた争覇モードが特徴である。

争覇モード[編集]

『3』に歴史シミュレーションゲームの要素を加えた、新しい感覚のプレイモードであり、『Empires』の中核部分でもある。プレイヤーは一国を治める君主となり、内政コマンドを通じて兵の雇用や各種生産を行うことで自軍を強化していく。その一方、隣国との戦争(この部分は今までの無双シリーズと同じ)を通して領土を拡大し、全中国24エリアを制覇する事が目的である。 その他、以下の特徴がある。

  • 領土・人員配置は「演義」「仮想」の2つのモードが選択出来る。「演義」モードは黄巾の乱の時代設定。
  • 武将にはそれぞれ個人目標があり、目標を達成するとレベルと能力が上がる。
  • 部下は「将軍」・「準将軍」の2つに分けられる。プレイアブル武将及びエディット武将は「将軍」にしかなれない。
  • 「将軍」・「準将軍」には定員があり、支配地域を増やすことで定員数を増やす事が出来る。
  • 武器は従来のシリーズとは異なり、内政の開発コマンドを行うことで強化する事が出来る。
  • 領土を拡大した上で、一定の条件を満たすと「大将軍」「軍師」への任命および「皇帝」への即位イベントが発生する。「大将軍」は戦闘に参加させると武器レベルが1つ上がる。「軍師」は提示した政策を採用すると通常より15%安く実行出来る。「皇帝」に即位すると基礎収入が上がる。
  • コマンドはターン制で、制限ターン数は100ターン。
  • コマンドの実行状況により「通常」「善政」「悪政」(以上、全国制覇時)「100ターン到達」と4つの異なるエンディングを見る事が出来る。

『Empires』は以後シリーズ化し、ナンバリングタイトルや「戦国無双シリーズ」においてシステムの強化や変更を加えられながら発売された。

競闘モード[編集]

特定の舞台でプレイヤー武将と敵武将(2プレイヤーまたはコンピュータ)と競うプレイモードである。

撃破(げきは)
制限時間内に撃破した敵兵の数を競う。
奪取(だっしゅ)
制限時間内にアイテムを運び、得たポイント数を競う。
彗星(すいせい)
制限時間内に舞台からたたき落とした武将数を競う。
耐久(たいきゅう)
制限時間内に相手プレイヤーより長く生存することを競う。

尚、競闘モードの結果は争覇モードに一切影響しない。

キャラクターエディット[編集]

『Empires』のウリである、オリジナルの武将デザイン機能。本作のエディット機能は割と細かく設定する事が出来る。4人まで作成でき、作成した武将は争覇モードに参戦させることも可能。

真・三國無双3 ハイパー[編集]

真・三國無双3 ハイパー』(しん・さんごくむそうスリー ハイパー)は、コーエーから2005年4月1日発売されたMicrosoft Windows用のアクションゲーム

『真・三國無双3』のWindows版と見てよい。コーエーの海賊版対策として開発されたネットワーク認証システムが導入された最後のゲームソフト。ソフト起動時に認証を行うため、プレイするにはネットワークに接続されたパソコンにインストールする必要がある。パソコンが本作の動作環境を満たしているかを検証するためのベンチマークソフトを公式サイトから無料でダウンロードできる。 「無双シリーズ」で初めて、インストールをしないとゲームをプレイできないシステムを採用した作品でもある。

主題歌[編集]

真・三國無双3
『Cross Colors』(小柳ゆき
真・三國無双3 Empires
『EVER FREE』(2HEARTS -立木文彦&森川智之- )

関連商品[編集]

アンソロジー[編集]

  • 真・三國無双3 バトルイリュージョン

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]