三國志X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三國志X
ジャンル 歴史シミュレーションゲーム
対応機種 Windows98XP
PlayStation 2[PS2]
開発元 コーエー
発売元 コーエー
人数 1人
メディア CD-ROM[PC]
DVD-ROM[PS2]
発売日 2004年7月2日[PC・無印]
2005年1月21日[PC/パワーアップキット]
2005年3月10日[PS2]
2006年9月14日[PS2/KOEI The Best]
2007年8月31日[PC/ソースネクスト版・無印]
2008年7月25日[PC/ソースネクスト版・PK]
2009年3月19日[PS2/コーエー定番シリーズ]
テンプレートを表示

三國志X』(さんごくし・テン)は、2004年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第10作。パソコン用で発売された後、PlayStation 2に移植された。音楽は池頼広が担当。

パワーアップキットはWindows版のみが発売されており、またそれまでの作品のパワーアップキットにはコーエーのサイト「GAMECITY」でのユーザー登録用シリアルは付属していなかったが、本作のパワーアップキットではシリアルも付属している。

Windows版はソースネクストから無印・PKともに廉価版が発売されているが、初期版については「GAMECITY」用シリアルが記載されていないものがある。ソースネクストに問い合わせることでシリアルがメールで送付される[1]。その後シリアルの不具合が修正されたものが発売された。

概要[編集]

前作では君主プレイだったが、再び『三國志VII』・『三國志VIII』と同じ武将プレイに戻った。

シナリオは全部で7個あり、パワーアップキットでは4つの、PS2版では1つのシナリオが追加された。

武将の身分は君主都督太守、一般、在野の5種類である。『VIII』と同じく放浪軍も採用されている。本作では軍師は特技の一つとなり、役職ではなくなった。

本作は前作に引き続き一枚マップを採用している。都市から都市へと移動するときは自分が操作する武将がマップ上を移動する姿が見られる。また、都市内だけでなく外を移動中の武将に話しかけることも可能であり、またその際に襲撃して一騎討ちを仕掛け、アイテムを奪ったり敵討ちをしたりすることもできる。

時間の進行は1日単位となっており、コマンドごとに経過する日数が定められている。施設から出ることでも1日経過するため、『VII』『VIII』の行動力とは別の形で行動が制約される。また、そのようなゲームシステムのため、過去の作品で可能だった多人数プレイは不可能であり、1人プレイ限定となっている。

また、在野武将で実行できる行動が増加した。私兵を率いることができ、戦争に援軍として参加したり、都市を攻撃したりすることが可能となった。長期間在野でいないと見られないエンディングもあり、以前と比べると在野の意味が増加したといえる。

本作では文官の一騎討ちともいえる「舌戦」というシステムが導入された。お互いにコマンドを出し合い、そのコマンドによって相手を押し込み勝利を目指す。各武将の特技によって舌戦を優位に持ち込むことも可能となっており、効率の良い特技(面罵・論破・反論・威圧)を複数もって入れば、知力に90以上の差があってもそれなりの勝率を維持できる。

一方、一騎討ちでは一騎討ち特技(全7種)をいくら持っていても武力69以下の武将は武力90の武将に勝つのは難しい。舌戦の特技はコマンド1つで発動できるが、一騎討ちの特技は複数のコマンドを揃えねば発動できず、武力69以下ではコマンドを4つしか持てないため、特定の組み合わせを揃えるのは困難である。

戦争には通常の戦争に加え「戦役」が追加された。大将軍以上の官爵を持つ勢力が発令でき、戦役が発令されると発令された地方の勢力は発令した勢力に協力するか敵対するか選ぶこととなる。立場が決まると各勢力は都市から軍勢を出すこととなる。発令側は敵対勢力の都市をすべて制圧、敵対側は発令側の都市を1都市でも奪えば勝利となる。この戦役を利用することで、終盤は一気に都市を奪うことも可能となる。

また、勢力間の関係に従属が追加されている。従属は自ら望んで特定勢力に従属させてもらえるよう外交したり、他勢力に対し勧告することで従属させたりすることでこの関係となる。従属関係が同盟と異なるのは、宗主側からは破棄できない、従属側は同盟ができなくなる、従属側は宗主に収入の1割を献上するといった点がある。なお、従属勢力にさらに勧告すると完全に勢力を支配できる。また、自勢力とその従属勢力が全都市を支配した場合は、従属勢力を滅ぼさなくてもその時点で中華統一となる。

歴史イベントは普通にプレイしているだけでもある程度は起こる。シリーズ他作品との違いは、強制的に支配勢力の変更が起こるなど、ゲーム進行への影響が強いイベントが多いことである。そのため、放置しておくと勝手に史実通りの展開に進みやすい。ただしイベントは開始前の設定で発生しないようにすることもできる。

さらにパワーアップキットでは『VIII』のPKに引き続きゲーム内で結婚し、子育てを行うこともできる。『VIII』PKとは異なり武将同士での結婚もできる。

シナリオ[編集]

本体シナリオ
  1. 黄巾興りて 英雄青雲を抱く 184年2月
  2. 虎狼君臨し 帝都に暗雲漂う 189年9月
  3. 飛将来りて 中原に武威蠢く 194年3月
  4. 二強相争い 官渡に雌雄決す 200年1月
  5. 臥龍出廬し 美周郎江を焼く 207年5月
  6. 大器晩成し 漢中に戦慄走る 217年7月
  7. 丞相出師し 五度宿敵と対す 227年4月
PK追加シナリオ
  1. 義臣横死し 鉄騎渭水を渡る 211年1月
  2. 書生顕れて 蜀主夷陵に堕つ 221年6月
  3. 遺志継ぎて 孤将独り力戦す 253年2月
  4. 英雄集いて 一同に覇を競う 250年1月
  • PC版は全て、PS2版は3のシナリオのみ追加(ただし特定条件を満たせば4のシナリオが追加される)

ネットワーク[編集]

本作ではネットワークの比重が大きくなっている。ゲーム起動後「ネットワークに接続する」を選択すると、ゲームプログラムが自動的にアップデートされる、自分のプレイ内容が送信されランキングとして集計される、(これまでの武将交換掲示板経由ではなく直接)新武将の交換ができる、などの機能が利用できる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]