無双OROCHI Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
無双OROCHI Z
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 3
Microsoft Windows
開発元 コーエーオメガフォース
発売元 コーエー
人数 1 - 2人
メディア PS3
BD-ROM1枚
Windows
DVD-ROM2枚
発売日 PS3
2009年3月12日
Windows
2009年11月27日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 PS3:20万本[1]
その他 対応映像出力
  NTSC - 480p720p
対応音声出力
  ドルビーデジタル - 5.1ch
  リニアPCM - 5.1ch
テンプレートを表示

無双OROCHI Z』(むそうオロチ ゼット)は、コーエーより発売のアクションゲームPlayStation 3版が2009年3月12日に、Windows版(7対応)が同年11月27日に発売された。

PlayStation 2Xbox 360等で先行して発売された『無双OROCHI』(以下、『OROCHI』)とその続編『無双OROCHI 魔王再臨』(以下、『魔王再臨』)の2作の内容を収録し、新キャラクターなどを追加している。それぞれの作品の記事も合わせて参照。

主なシステム・変更点[編集]

基本的なシステムは『魔王再臨』に準じており、『OROCHI』のステージでも援護攻撃、合体技などの『魔王再臨』独自の要素が反映されている反面、『OROCHI』独自の要素であったキャラクター専用アイテムは登場しない。画面レイアウトなども『魔王再臨』とほぼ同様であるため、本作は実質的に『魔王再臨』に『OROCHI』のストーリーと追加要素を加えたものである。以下、『魔王再臨』との相違点を中心に詳述する。

ストーリーモード
第1章〜第8章が『OROCHI』、第9章〜終章が『魔王再臨』のストーリーという形になり、『OROCHI』のストーリーをクリアするとその勢力の『魔王再臨』のストーリーがプレイ可能になる。これに伴い、『魔王再臨』のストーリーは難易度がやや上昇している。『魔王再臨』の遠呂智ストーリーは『OROCHI』のストーリーを4勢力分全てクリアするとプレイ可能になる。
キャラクターはたとえ『OROCHI』のストーリーで出現条件を満たしていても、『魔王再臨』のストーリーで使用するためには、『魔王再臨』で別途に指定された条件を満たす必要がある[2]。クリア済のストーリーやフリーモードで使用するには、どちらかの出現条件を満たせばよい。
登場キャラクター
新規キャラクターとして「三蔵法師」と「弁慶」が追加(詳細は別項)。また、『魔王再臨』ではバーサスモードとサバイバルモードでしか使用できなかった百々目鬼牛鬼が、ストーリーモードやドラマティックモードでも使用可能になり、プレイアブルキャラクターは総勢96人となった。
全キャラクター(元々コスチュームチェンジ自体できない真・遠呂智、百々目鬼、牛鬼を除く)にコスチュームが1つ追加され、計4種類になった。『真・三國無双シリーズ』のキャラクターは主に真三国無双4のコスチューム、『戦国無双シリーズ』のキャラクターは主に『戦国無双』(第1作)の第2コスチューム、あるいは『戦国無双2』の2Pカラーコスチュームとなっている。
ドラマティックモード
12シナリオが追加され、計40シナリオになった。既存のシナリオの一部はPSP版よりもさらに出現条件が緩和された。
一度クリアしたシナリオはプレイヤーキャラクターを選択できるようになった。
その他
  • 一部の錬成素材の獲得場所が『OROCHI』のステージに移動。
  • キャラクターの壁紙が1人当たり6枚から8枚に増加。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年3月期 決算説明会資料 (PDF)” (日本語). コーエーテクモホールディングス株式会社 (2009年5月19日). 2011年10月27日閲覧。
  2. ^ 例えば、趙雲は『OROCHI』の蜀ストーリーでは最初から使用できるが、『魔王再臨』の蜀ストーリーでは第10章をクリアするまで使用できない。

外部リンク[編集]

コーエー公式サイト