真・三國無双7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真・三國無双7
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 3
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア BD-ROM
ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2013年2月28日
アメリカ合衆国の旗 2013年7月16日
欧州連合の旗 2013年7月25日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
テンプレートを表示

真・三國無双7』(しん・さんごくむそう7)とは、2013年2月28日コーエーテクモゲームスからPlayStation 3で発売された真・三國無双シリーズの第7作。日本国外版タイトルは『Dynasty Warriors 8』。

概要[編集]

ナンバリングタイトルとしては、2年ぶりの発売となる。キャッチコピーは「無双のすべてを超える」、「アルティメット一騎当千」。

10名の新武将に加え、『真・三國無双6 Empires』に登場した徐庶の参戦や『真・三國無双4』以来の登場となる左慈の復活など、参戦武将は過去最多の77名となった。

全キャラクターに個別の得意武器が用意され、武器被りがなくなった。また新システムとして各武器に「天」「地」「人」の属性が付けられ、各属性はそれぞれで優劣を持ち攻撃力に影響する「三すくみ」の関係となり、三すくみの優勢時に追い込みを仕掛ける「ストームラッシュ」や、劣勢時に一発逆転を狙える「ヴァリアブルカウンター」が発動可能になるなど、敵キャラクターとの攻防に幅が広がった。更に、制限時間と士気ゲージ表示が復活している。

アクション面では全キャラクター3種類となった無双乱舞の他に、条件を満たすことで一定時間パワーアップする「覚醒状態」が追加され、その状態での無双乱舞は『真・三國無双5』までのように、ゲージ量分の時間まで発動し続ける「覚醒乱舞」に変化し、敵を倒し続けることでさらに「真・覚醒乱舞」に進化する。また、L2ボタン(PSVita版ではセレクトボタン)で行う馬呼びはボタンを押し続けることで自動馬乗りが可能になり、無双シリーズで恒例となっていた馬の近くでジャンプしてしまうという現象がなくなった。その他、ジャンプチャージが復活した。

ストーリーモードでは、条件を満たすことで通常のシナリオとは異なった展開に派生していくIFルートが追加された。また新たなモードとして、一人の武将となって基地を発展させ銅雀台を築いて帝を招き入れることを目指していく「将星モード」が追加された他、ストーリーモードのステージを自由なキャラでプレイしていく「フリーモード」が復活した。

キャラクター[編集]

主題歌[編集]

真・三國無双7 猛将伝[編集]

真・三國無双7 猛将伝
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 3
開発元 コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア BD-ROM
ダウンロード販売
発売日 2013年11月28日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

真・三國無双7 猛将伝』(しん・さんごくむそう7 もうしょうでん)は2013年11月28日にPlayStation 3で発売。キャッチコピーは「最強、一騎当千」。

新規キャラクターとして于禁朱然法正陳宮、呂玲綺が無双武将として参戦し総計82名となった。

新要素としてアクションではEX攻撃が各武将2種類になり、また相手の気迫ゲージを0にすることで必ず発動していたストームラッシュは□+△による任意発動に切り替えが可能になるなど細かな調整がされている。モードも恒例のチャレンジモードが追加された他、新たなストーリーとして呂布の生き様を描く「呂布ストーリー」が追加、またIFシナリオや外伝シナリオも多数追加されている。

真・三國無双7 with 猛将伝[編集]

真・三國無双7 with 猛将伝
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
PlayStation Vita
Microsoft Windows
開発元 コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
発売元 コーエーテクモゲームス
人数 1 - 2人
メディア [PS4 / PS3]
BD-ROM
ダウンロード販売
[Vita]
PS Vitaカード
ダウンロード販売
[Win]
DVD-ROM
発売日 [PS3 / Vita]2013年11月28日
[PS4]2014年2月22日
[Win]2014年5月23日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

真・三國無双7 with 猛将伝』(しん・さんごくむそう7 ウィズ もうしょうでん)は2013年11月28日にPlayStation 3、PlayStation Vitaで発売。2014年2月22日PlayStation 4版が発売され、2014年5月23日にはWindows版が発売された。

上記の『真・三國無双7』と『真・三國無双7 猛将伝』を一つにまとめた作品で無双シリーズでは初のPS4作品となっている。PS4版は無双シリーズでは初のフルハイビジョン対応となっている。

PS3版購入者に限り、2014年2月22日 - 3月31日までの期間中、PS4のダウンロード版を1,000円(税込)で購入できるアップグレードサービスを実施。なお、PS3版で購入したダウンロードコンテンツは、PS3版ではそのまま利用可能で、PS Vita版でも購入済みコンテンツに限り同じものが無料ダウンロード可能。

トロフィーデータは『7猛将伝』として登録され、『7』本編に該当する箇所をプレイしても『7』のトロフィーは獲得できない。

真・三國無双7 Empires[編集]

真・三國無双7 Empires
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
Xbox One
開発元 コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
発売元 コーエーテクモゲームス
メディア BD-ROM
ダウンロード販売
発売日 2014年9月25日
テンプレートを表示

真・三國無双7 Empires』(しん・さんごくむそう7 エンパイアーズ)は2014年9月25日にPlayStation 4、PlayStation 3、Xbox Oneで発売予定。キャッチコピーは「──その先を、見極めよ。」。

新規キャラクターとして荀彧が無双武将として参戦。また、新たな武器として陣杖が追加された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 真・三國無双2』で使用されていたエンディングテーマ

外部リンク[編集]