関興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

関 興(かん こう、生没年不詳)は、中国三国時代の官僚・軍人。蜀漢に仕えた。字は安国。父は関羽。兄弟は関平。子は関統関彝。少なくとも妻が2人いた。

概要[編集]

正史では、関羽伝にて僅かに触れられている。そこでは、関羽が死ぬとその跡を継いだこと、そして諸葛亮からも将来を嘱望された人物であり、馬良の後任として20歳で侍中・中監軍に任じられる異例の大抜擢を受けたが、数年後に没した事が記されているのみである。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では弟に関索がいる他、関平は関羽の養子で、関興の義兄となっている。

父とともに樊城攻めに出陣していたが、戦果を報告するために戦列を離れていたので難を逃れる。劉備が関羽の弔い合戦として征伐の軍を挙げる際、その先鋒を張飛の子張苞と武芸比べで争う。勝負は互角であったため、劉備の采配で一年年長の張苞を兄、関興を弟として義兄弟の契りを結ぶ事になる。関羽の弔い合戦では全身に白い鎧をまとって出陣。そこで亡き父の霊に助けられ、父の仇の一人である潘璋を斬り青龍偃月刀を取り返している。呉征伐の終盤、夷陵の戦いにおいては劉備を庇い重傷を負うことになる。しかし以後も蜀の将軍として度重なる北伐に参加し、張苞と同じく武器は父の形見である青龍偃月刀を用い、何度か関羽の霊に助けられつつ活躍する。第4次北伐には病のため参加できず、程なく病没することになっており、諸葛亮はこの訃報を漢中で受け、悲しみのあまり倒れてしまうという描写である。

民間伝承・逸話[編集]

一説[1]によると、関羽の本当の名前は馮賢(ふう けん)で、解県の教養ある農家に生まれた。青少年時代に農作業をしながら文武に励み、成人すると妻の胡氏を娶ったという。178年5月13日、馮興(後の関興)が生まれたとある。

血縁[編集]

・妻子

  • 関統(異母兄、母の名は不明)
  • 関彝(異母弟、母の名は不明)

・父

・兄弟

脚注[編集]

  1. ^ 在關羽家鄉解縣,傳說關羽本名馮賢,生在有文化教養的農家,青少年時期在家習文練武兼作農事,娶胡氏為妻,更在178年五月十三生了關興。大約在關羽24歲的時候年,即183,因斬殺惡豪呂熊而逃離家鄉至幽州涿郡,並改姓為關。中国語版ウィキペディアより。

参考文献[編集]