賈充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

賈 充(か じゅう、217年 - 282年)は、中国三国時代から西晋にかけての武将・政治家。公閭(こうりょ)。司隷河東郡襄陵県山西省襄汾県)の人。父は賈逵。母は柳(姓不明。名のみ)。子(先妻の李氏との間)は賈荃・賈裕。また(後妻の郭槐との間)は賈黎民・賈南風恵帝皇后)・賈午・少なくとも男子一人。

概要[編集]

経歴[編集]

父が病死した後、12歳で陽里亭侯を継いだ。当初は曹爽何晏に採り立てられたが、曹爽達の失脚後に一時免職となった。復職後は司馬氏の腹心として活動した。

正元2年(255年)、毌丘倹文欽が反乱を起こした時には参軍として出征し、司馬師が急死した後の軍を監督した。甘露2年(257年)には、司馬昭の命令で諸葛誕の様子を窺うために使者として赴き、諸葛誕に叛意があることを司馬昭に報告している。

曹髦(高貴郷公)が司馬氏から実権を奪い返すために兵を挙げた際は、この事変の収拾を意図した司馬昭の指示を受け、乱の鎮圧に赴いた。このとき、賈充は部下の成済に命じて曹髦を殺害させた。陳泰が、賈充を皇帝殺害の罪で極刑にすべきと司馬昭に訴えたというが、結局は実行犯の成済が罪を被せられ処刑されただけで、賈充は何の罪にも問われなかった。景元5年(264年)、蜀漢征伐の後に鍾会が反旗独立を謀ると、賈充は司馬昭の命令で軍を率いて関中に赴いたが、途中で鍾会の死が伝わってきたため沙汰止みとなった。

西晋建国の功臣に[編集]

司馬昭の死後、その子の司馬炎に仕え、その禅譲に協力した。司馬炎(武帝)が即位すると、羊祜荀勗裴秀王沈らと共に佐命の勲(晋朝成立の功臣)として功賞され、賈充の功績も筆頭に挙げられた。陳騫と共に特別な香を付与された事もあったという。晋の時代になると司空尚書令等を歴任し、泰始律令の制定にも当たった。270年雍州涼州で異民族の大規模な反乱が起き石鑒が鎮圧に失敗すると、任愷は司馬炎に対し賈充を鎮圧に赴かせるよう進言した。しかし任愷はかねてから賈充を快く思っておらず、賈充もまた任愷を非難していたので、この進言は賈充を外地に出させるための讒言であったと考えられる。賈充は荀勗と画策したため洛陽に留まることができたという。また両者の確執は、賈充派と任愷派の派閥抗争にも発展した。しかし賈充は、任愷を帝との接触が少ない尚書に転任させ、司馬炎から遠ざけることで両者の離間を謀った。これにより任愷を失脚させることに成功したという。

征伐には終始消極的で、羊祜亡き後も杜預張華といった主戦派を批判し続けた。

咸寧6年(280年)の呉征服戦(晋が呉を滅ぼした戦い)においても、終始開戦に反対し続け、司馬炎に窘められた。総指揮官を任されてもそれは変わらず、杜預達が快進撃を続ける中においても、幾度となく撤退を主張する有り様であった。しかし結果的に呉征服が大成功を収めたため、天下は統一された。賈充は開戦に反対し続けていたとはいえ、地位が揺らぐ事はなく、荀勗や馮紞(李孚の孫)らと結託し、娘の賈南風を太子司馬衷の后とする事に成功し、任愷や張華などの政敵を次々に排除していった。むしろ杜預などかつての対呉主戦派の者たちが、中央に賄賂を送るなど保身に汲々とする有り様だったという。

魯公に封ぜられたが、太康3年(282年)に死去した。諡号選定に当たり生前の「功績」から「荒公」が検討されたが、遺族の抗議で撤回され「武公」となった経緯がある。

生涯を通じて司馬炎に対して忠実な臣下であったが、司馬炎の同母弟で自身の娘婿でもある司馬攸(斉王)の庇護者でもあった。呉征伐に反対したのは、異民族に対する憂慮や当時司馬攸が服喪期間中であったため司馬攸の政治的地位の低下を慮っていたからとの説もある。司馬炎が司馬攸を死に追いやる斉王帰藩問題が勃発するのは、賈充が死去して間もなくである。

一族[編集]

賈充の母は節義を重んじ、曹髦を殺害した成済の不忠を常々罵倒していた。しかし、成済に殺害を命じたのが息子であるとは知らず、周囲の冷笑を買っていた。母は死に臨んで、賈充に先妻の李氏を呼び戻すよう言い残して事切れた。

当初、賈充は李氏(魏の李豊の娘)を娶っていたが、李豊が謀反の罪で司馬師に殺害されると、郭槐(郭配の娘。郭配は郭淮の弟)を後妻に迎えた。後妻の郭槐は嫉妬深い人物で、長男の賈黎民が乳母に抱かれ賈充にあやされたのを見て、乳母が夫と私通していると疑い、鞭打って殺した。賈黎民は乳母に懐いていたので、乳母を思うあまり発病して死んでしまった。さらに次男を産んだが、これも乳母を嫉妬した挙げ句に殺したため、次男は乳母を思うあまり発病して死んでしまった。育ったのは娘の賈南風と賈午だけであり、男子がいなかったため賈氏は後継者がいなくなってしまった。

西晋が成立すると、大赦が行われ、魏で司馬氏に粛清された一族にも復権が認められた。司馬炎は、賈充の功績に配慮して李氏を呼び戻し、二人の夫人を置くよう詔を下した。しかし、郭槐が賈充の胸ぐらを掴んで反対したため、賈充は辞退した。さらに郭槐が李氏を亡き者にしようとしたが、賈充はそれを察すると郭槐を別居させようとした。賈南風が皇太子妃に立てられると、郭槐は娘と共に別居した。賈充は李氏に屋敷を用意し往来するようになったが、結局復縁しなかった。

賈充が死去すると、郭槐は強引に、外孫である韓謐を賈黎民の養子とした。礼制では、異姓の養子がタブーとされていたので周囲が反対したが、郭槐は夫の遺志であると司馬炎に上奏した。司馬炎は賈充の功績に免じ、特例で後継者として認めたという。李氏が死去すると、李氏の娘は父との合葬を願い出たが、賈南風が許さなかったため、賈南風の死後にようやく合葬することができた。また、李氏は『女訓』を著した。

賈南風は司馬炎の没後、司馬衷(恵帝)の皇后となったが、権力闘争を繰り広げた結果、西晋を衰退させ(八王の乱)、最後は司馬倫(趙王)から自害に追い込まれ、賈一族も皆殺しとなった。

李氏の娘の一人の賈荃は司馬攸の妃となり、司馬冏(斉王)を生んだ。当初、司馬冏は司馬倫と共に賈一族を滅ぼすのに加担したが、後に司馬倫と対立してこれを退け、政治の実権を握ることになった。まもなく自身も賈后や司馬倫と同様、内乱に巻き込まれ殺害された。

賈充が建国に貢献した西晋は、こうして彼の子や孫達によって短期間の内に滅亡へと向かっていった。それはまた、彼の一族を破滅させることにもつながった。

脚注[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]