トロフィー (PlayStation)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PlayStation > PSN > トロフィー (PlayStation)
トロフィー
運営元 ソニー
種類 オンラインサービス
サービス開始日 2008年7月
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
PlayStation Vita
テンプレートを表示

トロフィーとは、ソニーが全世界で提供しているゲームソフトにおけるやり込み具合を表す指標である。

概要[編集]

PS3/PS Vita/PS4が対応している。今までプレイヤー間でのやり込み度を表すものはスコアアタックなどしかなかったが、この制度導入により簡単に他のプレイヤーとの比較ができるようになった。PCゲーム配信プラットフォームのSteamや、PS3より先に発売されたXbox 360の「実績」制度、Apple社のGame Centerにある「アチーブメント」と同様のシステムである。

PS3は2008年7月にアップデートされたシステムソフトウェア(バージョン2.40)より、対応したゲームでトロフィーを集められるようになり、XMBの「ゲーム」メニューに「トロフィー」の項目が追加された。2009年2月以降に発売される全てのゲームにトロフィーが義務付けられた。また、それ以前に発売されたゲームについても、オンラインでのアップデートにより、一部のタイトルでトロフィーが導入された。ただし、PSP Remasterのソフトは元々トロフィーの無いPSPソフトをリマスター化してPS3で走らせているため、トロフィーには対応していない。PS Vita/PS4は本体発売時点ですでに対応している。テレビ視聴・録画アプリケーションであるtorneを使用した場合は録画した内容に連動するトロフィーが付加される。

トロフィーの種類[編集]

トロフィーは取得の難易度が高い方から順に「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の4種類ある。プラチナトロフィーは「(そのプラチナトロフィーを除き)ゴールド・シルバー・ブロンズの全トロフィーを取得すること」が取得条件となることが多い(ただしこの場合、追加パックによって取得できるトロフィーは除かれる)。プラチナトロフィーは、パッケージソフトおよび一定価格以上のダウンロード専売タイトルに導入されており、低価格のダウンロードソフトに実装されている例はわずかである。

トロフィーには内部でポイントが設定されており(ブロンズ:15ポイント、シルバー:30ポイント、ゴールド:90ポイント、プラチナ:180ポイント)、獲得したポイントによって後述のレベルが上昇していく。なお、パッケージソフトの総ポイントはソフトによってわずかながらばらつきがあるが、大体1200ポイント前後、ダウンロードソフトは300ポイント前後、追加パックはソフトにより250 - 500ポイントと開きがある。

トロフィーの画像や説明文はソフトによっても異なり、ゲーム内容に合わせた趣向を凝らしたものもある。

PS4からは「トロフィーのレア度」が追加された。プレーヤーの割合により、「ふつう」「レア」「とてもレア」「超レア」の4つのレア度となる。

獲得方法による分類[編集]

トロフィーは獲得方法によって大まかに以下の4タイプに分けられる。また、PS3版/Xbox 360版とのクロスプラットフォームで発売されているゲームソフトでは、同じ条件で「トロフィーを獲得/実績を解除」できる場合もある。 一部トロフィーは黒い隠しトロフィーとなっているものがある。これはゲームのネタバレ(名前にボスの名前が入っているなど)を防ぐためやトロフィーを探す楽しみを増すために意図的に隠されているトロフィーとなっており、初期状態では一覧を見ても名前、グレード、取得条件が明かされていない。取得すれば普通のトロフィー同様閲覧できる。前述の通りプレイヤーの捜索意欲を増すために使われることが多いが、あまりにも難解な条件を設定してしまった場合、いつまでたっても誰も解除できないという問題が発生することが多い。2010年4月22日のアップデートまでは「シークレットトロフィー」と呼ばれた。

ストーリー進行型
「特定のステージをクリア」「特定のボスを倒す」といったゲームの進行と密接にかかわるトロフィー。取得難易度はゲーム自体の難易度に依存するが、取らなければゲームが進まないため、取りこぼしはほとんどない。ゲームの難易度ごとに獲得できるトロフィーもあり、この場合は2周以上の周回プレイが必須となる。
累積値型
「累計プレイ時間○時間」「累計敵撃破数○体」などの特定の行動を一定数行うと取れるトロフィー。ゲームを進めていく上で簡単に取れるものから、相当の時間をかけてプレイする必要のあるものまで様々。また、「オンライン対戦○勝」などオンラインが関わる場合、接続しないと取得できず、接続しても過疎具合(他のユーザーの接続具合)によっては取得が困難になることがある。
技術型
「特定の技で敵を倒す」「ノーミスでクリアする」「制限時間内クリア」など、プレイヤーのスキルが問われるトロフィー。基本操作さえ覚えれば取れるものからかなり上達しないと取れないものまである。また、技術に加え運も要する場合(特にパズルの連鎖や麻雀の役満達成など)や技術と累積がからむ場合(「特定の技で敵を○体倒す」)もある。
特殊型
「ある場所に行く」「あるアクションをする」というように本編とは一見関係なさそうな行動をとることで手に入るトロフィー。ゲームの進行上勝手に取れるものもあるが、たいていは狙わなければ取ることはできない。「フレンドとプレー」、「フレンド間の対戦で1位」などの場合はフレンドとの協力が必須となる。

獲得・保存[編集]

トロフィーはゲーム中に獲得の条件を満たすことで画面右上にトロフィーの獲得した旨のメッセージが表示される。ただし、獲得のタイミングはソフトによって違い、条件達成後すぐ表示されるものや、ロード中にもらえるもの、エンディングにならないともらえないものなど様々。

獲得したトロフィーはPS3ではXMBのゲーム→トロフィーから、PS Vitaではホーム画面にあるトロフィーから閲覧できる。また、ゲームソフトの隣のパーセンテージはそのソフトのトロフィー獲得率を表している。ただし、ポイントベースのためゴールドとブロンズをとった時の上がり幅が違うようになっている。また、追加パック未購入の場合でも追加パック分のポイントも分母に含まれている。また、プラチナのポイントは分母に含まれておらず、プラチナを獲得した際はプラチナトロフィーのマークが表示される。各ソフトを選択後に□ボタンを押すことにより、基本分と追加パック分を分けて閲覧することが可能なものもある。

トロフィーは最新でプレイしたゲームから上に並んでいたが、2010年4月22日のアップデートから名前順、古い順へのソートが可能になった。

PSNに接続されている場合、トロフィーを閲覧するか、後述のプレイヤーカードを見た際にトロフィー情報がサーバーと同期されるようになっている。これにより新しいPS3に乗り換えてもプレイヤーデータさえあればトロフィー情報が失われない。

トロフィーレベル[編集]

プレイヤーの現在の実力を示す数値。アカウントを作った際の数値はレベル1の0%からのスタートとなる。トロフィーを獲得するとトロフィーに設定されたポイントが加算、一定の数値を貯めるとレベルが上がる。レベルが上がることによる直接的な恩恵はないが、高レベルまたは高難易度タイトルのプラチナ多数所持の場合、他のトロフィーコレクターから一目置かれる存在になる。

プレイヤーカード[編集]

XMBの「フレンド」の項目でプレイヤーとフレンドのプレイヤーカードが表示される。プレイヤーカードにはプレイヤーの名前と最新で獲得したトロフィー8つと、現在のトロフィーレベルと総獲得トロフィー数とその内訳が見られるようになる。また、使用言語の設定や簡単なあいさつ文も入力できる。トロフィーカードは自分好みの色にできるほかアイコンも用意された中から選ぶことができる(中には『ロコロコ』や『クラッシュ・バンディクー』といったPSソフトのキャラも使える)。

プレイヤーカードは自分のフレンドや遊んだプレイヤーと比較でき、相手が獲得したトロフィーを見ることができる。

公開設定[編集]

トロフィーの獲得情報は標準で公開する設定になっているが、PS Vitaではバージョン2.60、PS3ではバージョン4.50のシステムソフトウェアで ゲームごとにトロフィーの獲得情報の公開/非公開を設定できる機能が追加された。自分のトロフィー情報はすべて見えるが、他ユーザーからは非公開分が見えなくなる。同様に他ユーザーから見えるトロフィーレベルは非公開に設定した分のトロフィーポイントがきちんと減った値で表示され、直近に獲得した8つ分のトロフィーにも表示されなくなる。

PlayStation Homeとのコラボ[編集]

PlayStation Homeにおいて一部ソフトのトロフィーを獲得した状態でHomeを遊ぶとリワードアイテムをもらうことができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]