PocketStation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PocketStation
SCPH-4000.jpg
PocketStation
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
種別 携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 1999年1月23日
CPU RISC CPU ARM7T
対応メディア CD-ROM XA
対応ストレージ フラッシュメモリ
コントローラ入力 内蔵
外部接続 (メモリーカード互換)
テンプレートを表示

PocketStation(ポケットステーション)は、1999年1月23日に発売された小型の携帯型ゲーム機である。発売元はソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)。型番は SCPH-4000 。通称「ポケステ」。

概要[編集]

PocketStationは、PlayStationと連携する携帯型ゲームとして[1]開発され、周辺機器として販売された。PlayStation用メモリーカードとほぼ同じ大きさのボディに、32ビット RISC CPUを内蔵する。

画面は32ドット四方の反射型モノクロ液晶ディスプレイで、PlayStationのロゴタイプがうっすらと浮かび上がっている。操作ボタンは上・下・左・右の4つの方向ボタンと決定ボタンがひとつ付いているのみである。上部には赤外線通信ポートを搭載し、PocketStation同士での通信が可能となっている。だが、ごく一部のサード製PSソフトでは、任天堂のゲームボーイカラーとPocketStationを介した赤外線通信ができるものがある。電源としてコイン型リチウム電池を1個必要とする。使用環境にもよるが電池の消耗が早く、頻繁に交換する必要があった。

PocketStation上でゲームをプレイするためには、まずゲームデータをPlayStationから転送する必要がある。そのためPocketStation単体での使用はできない。操作パネルを上に90度持ち上げ、PlayStation本体のメモリーカードスロットへ挿入する。挿入すると赤外線通信ポートに内蔵されたLEDが赤く光るとともに、電子メロディが鳴る。また、通常のPlayStation用メモリーカードとしての使用も可能である。また、メモリーカードとしてセーブデータを記録している場合、PS上で表示されるセーブデータアイコンを表示できるのだが、タイトルによってはPocketStationでの表示用に用意されたアイコンが表示される。

また、ミニゲームはセーブ用の領域が許す限り、いくつでも導入することができる。メニューでプレイしたいゲームを選ぶ事で自由に変更することが出来た。

発売当初は光沢のあるホワイトモデル(SCPH-4000)のみだったが、後にスケルトンボディのクリスタルモデル(SCPH-4000C)も発売された。また、『遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶』の限定版にはクリスタルブラック、『ときめきメモリアル2』の限定版にはクリアピンクのPocketStationが同梱された。

非公式に、インターネット上でPocketStation用ゲームソフトの開発ツールが出回っており、一部では自主制作ソフトも公開されていた。パソコン上で開発したゲームソフトをPocketStationに転送するためには、PlayStation用メモリカードのリーダー・ライターが必要となる。

また、その形状や色使い、使用方法など、本機以前に発売されていたドリームキャストのビジュアルメモリに非常に良く似ている。特にPocketStationで最初に採用された純白の塗装は当時のPlayStationのカラーバリエーションには無く(白色のPS oneが出たのは2000年代に入ってからである)、あえてビジュアルメモリと同等の色に設定する(ただしビジュアルメモリは艶消し系である)など、非常に意識しているのを感じさせた。

スペック[編集]

  • CPU:32ビット RISC CPU ARM7T
  • メモリ:SRAM 2キロバイトフラッシュメモリ 128キロバイト(PS1専用メモリーカード領域と兼用)
  • 画面:32×32ドット 反射型モノクロ液晶ディスプレイ
  • 通信:赤外線方式(双方向・IrDA準拠)
  • 電源:ボタン型電池(CR2032)×1
  • 付属品:ストラップ

歴史[編集]

  • 1998年10月 - 東京ゲームショウ '98 でPocketStationが初公開
  • 1999年1月23日 - PocketStation発売
    PocketStation用ミニゲームが付属するPlayStation用ゲームソフト『どこでもいっしょ』がヒット。供給量の不足と重なり一時期は入手困難な状態となった。
  • 2002年7月19日 - PocketStation生産終了
    『どこでもいっしょ』以降、目立ったヒット作は生まれなかった上に、ほとんどがPlayStationのおまけ要素のミニゲームどまりのものだったため、やがて対応ソフトもほとんど開発されなくなり、発売から約3年半で生産中止となった。
  • 2013年12月3日 - PSVアプリとして復活
    PlayStation Vita用無料アプリ『PocketStation for PlayStation Vita』を配信することを11月5日に発表。このアプリを使うことでゲームアーカイブスで配信されているPocketStation対応ソフトをPSV上で楽しむことができるようになる。PocketStationがなくては動作しなかったためこれまでゲームアーカイブスで提供できなかった『どこでもいっしょ』も同日に配信開始となる[2]

対応ゲームソフト一覧[編集]

50音順に記載。

PlayStation ソフト[編集]

PlayStation 2ソフト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ascii.jp (1998年11月11日). “開発者インタビュー『プレイステーションと連携して楽しむ携帯ゲーム機です。』” (日本語). 2012年10月27日閲覧。
  2. ^ SCEJA、PS Vitaで動作するポケットステーションアプリを配信へ - 2013年11月5日 Cnet JAPAN

外部リンク[編集]