ストリートファイターZERO ファイターズ ジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストリートファイターZERO
ファイターズ ジェネレーション
Street Fighter Alpha Anthology
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 PlayStation 2
発売元 カプコン
人数 1人〜2人(対戦、協力プレイ)
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗2006年5月25日
日本の旗(Best) 2007年11月15日
アメリカ合衆国の旗2006年6月13日
欧州連合の旗2006年7月7日
対象年齢 CERO:12歳以上対象
ESRB:Teen (T)
その他 PlayStation BB Unit 対応
テンプレートを表示

ストリートファイターZERO ファイターズジェネレーション』 (STREET FIGHTER ZERO Fighter's Generation) はカプコンより発売された対戦型格闘ゲームストリートファイターZERO』シリーズ4作品と『ポケットファイター』を1枚のDVD-ROMに収録したPlayStation 2専用ゲームソフト

日本では2006年5月25日に発売され、2007年11月15日には廉価版Best Price!」として再登場した。日本国外版のタイトルは『Street Fighter Alpha Anthology』。

初期状態で出現しているのは以下の5タイトル。ゲーム内容は全てアーケード版をベースにしている。

  • ストリートファイターZERO (1995年6月稼動)
  • ストリートファイターZERO2 (1996年3月稼動)
  • ストリートファイターZERO2 ALPHA (1996年8月稼動)
  • ストリートファイターZERO3 (1998年7月稼動)
  • ポケットファイター (1997年9月稼動)

また、特定の条件を満たすとシークレットゲームとして追加タイトルが出現する。

概要[編集]

カプコンが1995年から発売した対戦型格闘ゲーム『ストリートファイターZERO』(以下『ZERO』)シリーズを一纏めにしたコレクションソフトである。『ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション』で好評だったシークレットファクターや、PlayStation BB Unit(PS2専用ハードディスク)にインストールできる要素は本作にも搭載されている。

ポーズメニューからキャラクターごとの必殺技、スーパーコンボなどのコマンド表を閲覧することも可能。また、キャラクターのカラーエディット機能も搭載している。シークレットオプションではアーケード版に存在したバグや怪現象を再現したり、それらを修正したバージョンにしたりと自由にプレイ環境を設定できる。

なお、本作は基本的にアーケード版をベースとした作品のため、ゲームボーイアドバンス版『ZERO3↑』やPlayStation Portable版『ZERO3↑↑』で新たに追加されたイーグルユンマキイングリッドの4名は登場しない。

ゲームモード[編集]

アーケードモード
『ハイパーZERO』以外の全作品に収録。コンピュータ相手に勝ち抜くアーケードのゲームを再現したモード。乱入可。
VSモード
全作品に収録。二人対戦に特化したモード。オプションのプレイヤー設定を変更することで片方、または両方をコンピュータ操作にすることができる。
サバイバルモード
『ポケットファイター』と『ハイパーZERO』以外の全作品に収録。一本の体力で敵を何体倒せるか競うモード。
トレーニングモード
全作品に収録。操作の練習が出来るモード。
ドラマチックバトル
『ポケットファイター』と『ハイパーZERO』以外の全作品に収録。二対一でボス級のキャラクターと戦うモード。『ZERO』、『ZERO2』は体力ゲージを二人で共有し、『ZERO2』はスーパーコンボゲージが常時満タンになっている。
アーケードモード(隠しモード)
『ポケットファイター』と『ハイパーZERO』以外の全作品に収録。隠しコマンドを要するモード。通常のアーケードモードには登場しないキャラクターが出現するようになる。
VSモード(隠しモード)
全作品に収録。隠しコマンドを要するモード。設定された中からキャラクター、モードをランダムで選出し延々と対戦を繰り返すモード。『ポケットファイター』ではステージ曲の代わりに各キャラクターに設定されたBGMが流れるようになる。
ランダムサバイバル
『ポケットファイター』に収録。隠しコマンドを要するモード。二本の体力ゲージで全12キャラクターと対戦する。1人倒すと次のキャラクターが間髪をいれずに出現する。メガクラッシュで回復アイテム(大)が出現し、挑発で体力が少し回復する。
ドラマチックサバイバル
『ポケットファイター』と『ハイパーZERO』以外の全作品に収録。隠しコマンドを要するモード。二対一でのサバイバルモード。

初期の収録ゲーム[編集]

ストリートファイターZERO
『ZERO』シリーズ一作目。通常のドラマティックバトルに加え、アーケードと同じ隠しコマンドを入力することでリュウ&ケン対ベガのオリジナルのドラマチックバトルもプレイできる(このモードのBGMは『恋しさと せつなさと 心強さと』)。オプションでゲーム中のBGMをCPS1のものに切り替えることもできる。ダンのボイスはアーケード準拠。
ストリートファイターZERO2
『ZERO』シリーズ二作目。アーケードでは本来『ZERO2 ALPHA』の搭載となったドラマチックバトルも新たに収録されている。
ストリートファイターZERO2 ALPHA
『ZERO2』のアッパーバージョン。アーケードと同じく、殺意の波動に目覚めたリュウなどの追加キャラクター、追加カラーも収録されている。
ストリートファイターZERO3
『ZERO』シリーズの三作目。他作品と同様にアーケードに忠実な再現がなされており、バイソン、ユーリ、ユーニもアーケードと同じ仕様(ベガと同じストーリー)で登場する。
ポケットファイター
ボーナストラックとして収録。『スーパーパズルファイターIIX』風味のデフォルメキャラクターを使用した格闘ゲーム。他作品と異なりドラマチックバトル、サバイバルモードは無いが、オリジナルのモード「ランダムサバイバル」が追加。また、アーケードモードのデモに家庭用移植版と同様のボイスが付くなど、若干の改良もなされている。対戦を続ける隠しモードでは他ゲームのBGMが流れる。

シークレットゲーム[編集]

条件を満たすと、以下の追加タイトルが出現する。

ストリートファイターALPHA2
北米で稼動していた『ストリートファイターZERO2』のローカライズバージョン。正確には本作に収録されているものは、日本版『ZERO2』をベースにして『ALPHA2』風にアレンジしたものである。
日本国内版『ZERO2』とは違いメッセージが全て英語になっている他、一部のキャラクターの名前が変更されている(NASH→CHARLIE、GOUKI→AKUMA、VEGA→M. BISON)。隠しキャラクターとして殺意の波動に目覚めたリュウ、『ストリートファイターII'』風のザンギエフダルシムが使える。
『ZERO2』をクリア後、セレクトボタンを押しながら『ZERO2』を選択すると出現する。
ストリートファイターZERO2'(-ダッシュ)
アーケード版『ZERO2 ALPHA』の家庭用へのアレンジ移植版。正確には本作に収録されているものは、アーケード版『ZERO2 ALPHA』をベースにしてセガサターン版『ZERO2'』風にアレンジしたものとなっており、初期設定ではタイトルが『ZERO2 ALPHA』のままとなっている。
BGMがSS版でのアレンジ版になっている他、キャミィが使えるようになっている。PS、SS版『ZERO2'』ではキャミィは対戦モードでしか使えなかったが、本モードでは全てのモードで使用可能になっており、アーケードモードではエンディングも追加されている。ただしSS版がベースのため、PS版でのキャミィステージのBGMは収録されていない。
『ZERO2 ALPHA』をクリア後、セレクトボタンを押しながら『ZERO2 ALPHA』を選択すると出現する。
ストリートファイターZERO3↑(-アッパー)
『ストリートファイターZERO3』にディージェイT.ホークフェイロンガイル、殺意の波動に目覚めたリュウ、真・豪鬼の6人を追加して、家庭用の要素も取り入れつつバランスを調整したバージョン。正確には本作に収録されているものは、アーケードのCPS-2版『ZERO3』をベースにしてアーケードのNAOMI版『ZERO3↑』風にアレンジしたものとなっており、初期設定ではタイトルが『ZERO3』のままとなっている。
『ZERO3』をクリア後、セレクトボタンを押しながら『ZERO3』を選択すると出現する。
ハイパーストリートファイターZERO
『ZERO3』のシステムをベースとして、『ZERO』、『ZERO2』、『ZERO2 ALPHA』、『ZERO3↑』の全キャラクターを使用して対戦できるモード。作品ごとの性能差や、オートモードや隠しカラーといった作品固有の要素も再現。対戦とトレーニング専用のモードで、アーケードモードは無い。オープニングデモやCOMによるプレイデモは無く、またステージも3種類(中国・万里の長城、ギアナ高地・大瀑布、シークレットポイント31580)のみと対戦に特化した簡素な作りとなっている。ゲーム中BGMは使用キャラクターのホームステージの曲が流れるが、X-ISMなど一部のプレイモードはキャラクターによってBGMが通常と違うものになる。
隠しISMとして4種類のシャドルーISM (S-ISM) が用意されている。隠しISMのベースはいずれも『ZERO3↑』。
  • SHADALOO-A(赤S-ISM) - 使用時は「クラシカル」から変化。『ZERO3』でのS-ISMに最も近い。基本はZ-ISMだがゲージが1本になり、派手な演出の新技が追加されるなど、性能が変更されているキャラクターもいる。ベガでこのISMを選択するとラストボスの「ファイナルベガ」に変化する。
  • SHADALOO-B(青S-ISM) - 使用時は「マジ」から変化。基本はX-ISMだが、『ストリートファイターIII』にあったブロッキングやスーパーキャンセルが追加されている。『スーパーストリートファイターIIX』のキャラクターをこのISMで使用するとBGMが同作品の3DO版のテーマに差し変わる。
  • SHADALOO-C(緑S-ISM) - 使用時は「ノーマル」から変化。基本はZ-ISMだがゲージが1本になり、『ヴァンパイア セイヴァー』のようなチェーンコンボやガードキャンセル、アドバンシングガードが追加されている(用語の詳細は『ヴァンパイア』の項目を参照)。
  • SHADALOO-D(桃S-ISM) - 使用時は「サイキョー」から変化。『ストリートファイターII'(-ダッシュ)』をそのまま再現した性能になっている。選択できるのは『ストリートファイターII'』に登場した12人のみ。スーパーコンボや空中ガードなどはできないが、攻撃力が高い。このISMを使用するとBGMがアーケード版『ストリートファイターII』のテーマに差し変わる。
全収録作品(『ポケットファイター』や上記3つのシークレットゲームを含む8作品)をクリア後、セレクトボタンを押しながら『ZERO』を選択すると出現する。

サウンドテスト[編集]

本作はサウンドテストが充実しているのも特徴のひとつ。シリーズのBGM、ボイス、効果音を自由に聞くことができる。また上記の『ハイパーストリートファイターZERO』では、『ZERO』シリーズのアーケード版BGM、家庭用移植版のアレンジBGM(スーパーファミコン版『ZERO2』なども含む)に加え、『ストリートファイターII』シリーズや『スーパーパズルファイターIIX』などのBGM、さらに家庭用『スーパーパズルファイターIIX』に収録されていたさくらの歌「この思いを伝えたい」や、同作をCDプレイヤーで再生したときのワーニングメッセージなども収録されている。

日本国外版[編集]

日本国外版 "Street Fighter Alpha Anthology" では、以下の作品が収録されている。

  • Street Fighter Alpha - 日本版の『ZERO』に相当。
  • Street Fighter Alpha 2 - 日本版の『ALPHA2』に相当。
  • Street Fighter Alpha 2 Gold - 日本版の『ZERO2'』に相当。
  • Street Fighter Alpha 3 - 日本版の『ZERO3』に相当。
  • Super Gem Fighter Mini Mix - 日本版の『ポケットファイター』に相当。
  • Street Fighter Alpha 3 Upper (シークレット) - 日本版の『ZERO3↑』に相当。『Alpha 3』をクリアすると出現。
  • Hyper Street Fighter Alpha (シークレット) - 日本版の『ハイパーZERO』に相当。上記6作品をクリアすると出現。

日本版とは異なり、標準で "Street Fighter Alpha 2" と "Street Fighter Alpha 2 Gold (国外版家庭用『ZERO2'』)" が出現しているため、シークレットゲームとして出現するものは "Street Fighter Alpha 3 Upper" と "Hyper Street Fighter Alpha" の2タイトルのみとなっている。日本版『ZERO2』や『ZERO2 ALPHA』に当たるものは収録されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]