サムライスピリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サムライスピリッツ』(SAMURAI SPIRITS侍魂)は、1993年SNK(現・SNKプレイモア)が制作した江戸時代天明寛政期(『サムライスピリッツ新章 〜剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃〜』のみ文化期)を舞台とした対戦型格闘ゲーム、およびそのシリーズの総称である。『サムスピ』とも略されることもある。日本国外では『SAMURAI SHODOWN』(サムライショーダウン)というタイトルになっており、シリーズのほとんどはナンバリングタイトルに変更されている。

概要[編集]

素手を中心とした従来の格闘ゲームと異なり、武器(主として)を用いて戦う。SNK黄金時代を築くのに一役買ったゲームでもあり、続編も数多く作られた。

強攻撃の斬りである通称「大斬り」は、隙は大きいものの通常時でも一撃で3割ほどの体力を奪っていくほど攻撃力が高い。さらにダメージを蓄積されると「怒り状態」となり、攻撃力はさらに上昇する。ただし一気に体力ゲージの半分以上を奪うような連続技はほとんどない。よってこのゲームでは大斬りを受けずにこちらの攻撃を当てていくかという駆け引きが要求される、まさに一撃がとても重いゲーム性になっている。また、真剣勝負による「負け=死」という演出(決着後、遺体を黒子が運ぶなど)でのシビアさが緊張感を作り出している。『天下一剣客伝』などでは必ずしも「負け=死」ではなく、勝負後に会話のやり取りがあるなどマイルドな表現になっていることもある。

1994年9月には、『サムライスピリッツ 〜破天降魔の章〜』というタイトルでフジテレビ系によりテレビスペシャルアニメとして放送された。

その他、外伝としてナコルル主人公として描いた『サムライスピリッツ2』のアニメ版『SAMURAI SPIRITS 2 アスラ斬魔伝』や、ナコルルがヒロインのアドベンチャーゲーム『ナコルル 〜あのひとからのおくりもの〜』とそれをOVA化した『ナコルル 〜あのひとからのおくりもの〜 郷里之畏友編』(前後編予定であったが前編のみしか出ていない)がある。

業務用作品[編集]

SAMURAI SPIRITS[編集]

1993年稼働。シリーズ1作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN』。

真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変[編集]

1994年稼働。シリーズ2作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN II』。

サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣[編集]

1995年稼働。シリーズ3作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN III』。前2作とシステムが大幅に変更された。

サムライスピリッツ 天草降臨[編集]

1996年稼働。シリーズ4作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN IV AMAKUSA'S REVENGE』。前作のシステムと世界観を受け継いでいる。

SAMURAI SPIRITS 〜侍魂〜[編集]

1997年稼働。シリーズ5作目。1997年にSNK自社開発の新筐体ハイパーネオジオ64向けに製作された。海外名は『SAMURAI SHODOWN 64』。グラフィックがこれまでの2Dから3Dポリゴンとなった。この作品及び、これを筆頭とした3Dシリーズは「ポリサム」とも呼ばれる。

尚、続編である『アスラ斬魔伝』と共に2013年現在においても未だに家庭用移植は出てはいない。

「修羅」・「羅刹」でナコルルのキャラクターグラフィックが更に変化し、「修羅」はこれまで通りロングヘアにリボン、「羅刹」はボブヘアにヘアバンドになった。キャラクターの表情の違いに伴い、より別人格のナコルルというキャラクター付けがされるようになった。羅刹ナコルルの髪型が変化した理由は、羅刹ナコルルがシクルゥと共に戦う為、『侍魂』制作時の当時の3Dでは大きな狼であるシクルゥに取られ容量がオーバーになってしまったため、やむを得なくナコルルのロングヘアが削られ、ボブヘアになったという逸話がある。

システムは『天草降臨』のものを継承した形になっている。また、3Dゲームらしくステージ間移動などのフィーチャーも盛り込まれた。

主人公は「覇王丸」が再び返り咲く。ボスキャラクターは「壊帝ユガ」。

キャラクターイラストは北千里が担当した(続編の『アスラ斬魔伝』も同様)。

SAMURAI SPIRITS 2 〜アスラ斬魔伝〜[編集]

1998年稼働。シリーズ6作目。1998年にハイパーネオジオ64向けに制作された。海外名は『SAMURAI SHODOWN 64 WARRIORS RAGE』。前作と同様に3D格闘ゲーム。

前作とは異なり、2D風のシステムに戻っている。

主人公は「アスラ」。1P側の初期カーソルも彼に合わせられている。ボスキャラクターは前作に引き続き「壊帝ユガ」。

これまで「修羅」と「羅刹」ではキャラクターグラフィックの細分化が「ナコルル」のみであったが、前作からのキャラクターである「」の羅刹は「半陰となりし色」、「柳生磐馬」の羅刹は「柳生カラクリ磐馬」、本作の新規キャラクター「アスラ」の羅刹は「反面のアスラ」というように、修羅・羅刹で設定が明確に区別され、キャラクターデザインも異なる描き分けがされた。また、風間兄弟も、「風間火月」の羅刹は「炎邪火月」、「風間蒼月」の羅刹は「水邪蒼月」とされ、こちらも描き分けがされている。他に今作で明確にデザインの描き分けのあるキャラクターは「覇王丸」、「ナコルル」、「リムルル」、「服部半蔵」、「ガルフォード」がいる。

サムライスピリッツ零[編集]

2003年稼働。シリーズ7作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN V』。再び2Dで制作されている。

サムライスピリッツ零SPECIAL[編集]

2004年稼働。シリーズ8作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN V SPECIAL』。『サムライスピリッツ零』の対戦バランスを調整したバージョンアップ版であるが、オープニングやキャラクターセレクト画面の変更、演出の新規追加、2Dシリーズ歴代のボスがプレイアブルキャラクターに追加されている。また、イラストレーターを変更し、全キャラクターイラストは新規に描き下ろされている。

家庭用ネオジオで発売された最後の作品となったが、その後は諸事情により移植はされていない。過去の2D作品を移植したソフト『サムライスピリッツ六番勝負』にも2D作品では本作のみ移植されていない。

サムライスピリッツ 天下一剣客伝[編集]

2005年稼働。シリーズ9作目。海外名は『SAMURAI SHODOWN VI』。現時点では2Dシリーズ最終作と言われている。過去の2D作品に登場したキャラクターほぼ全てが出演。本作独自のストーリーを持ち、一連の作品と直接の繋がりはなく、パラレルワールドとなっている。

サムライスピリッツ閃[編集]

2008年稼働。シリーズ10作目。タイトーの新基板TAITO Type X2でリリースされた、PS作品『蒼紅の刃』以来の3D作品。製作動機は細谷壮一郎(SNKプレイモアのコンテンツ事業本部の本部長)によると「『SAMURAI SPIRITS 〜侍魂〜』で散ったリベンジ」とのこと。

プレイヤー選択画面の初期カーソルは1Pが新キャラクター「猛千代」、2Pが「覇王丸」に合わせられている。ボスキャラクターは「ゴルバ」。

既存キャラクターの声の出演は『零SPECIAL』より以前のキャスティングに戻っている。日本版では残虐描写は一切ないが、日本国外版では胴体切断や出血描写などがある。

2009年12月10日にはXbox360版が発売された。

2011年10月5日からはネットワーク型業務用ビデオゲーム筐体NESiCAxLiveにてダウンロード配信されている。

家庭用オリジナル作品[編集]

真説サムライスピリッツ 武士道烈伝[編集]

1997年6月27日に家庭用ゲーム機ソフトとして開発され、ネオジオCDセガサターン(SS)、プレイステーション(PS)で発売されたRPG

日本を舞台とした「邪天降臨之章」(『サムライスピリッツ』が元となっている)と、全世界を舞台とする「妖花慟哭之章」(『真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変』が元となっている)の2本立て。なお、当初はこの2つのシナリオと江戸を舞台にした「魔都封滅之章」の計3つのシナリオの中から、ハード別に2つの組み合わせとする予定であったが、最終的にどのハードも前述の2つの収録となっている。主人公は「覇王丸」、「牙神幻十郎」、「ナコルル」、「ガルフォード」、「橘右京」、「チャムチャム」の6人の中から1人を選び、仲間となるパーティを組んで旅をすることになる。なお、幻十郎は「邪天降臨之章」ではパーティを組めない(「妖花慟哭之章」では「疾風の鈴音」との2人パーティ)。

ロード時間の長さはハードによって多少異なるが、敵と遭遇してから戦闘画面へ移行するまでに1分ほどかかる。

ネオジオCD版には「緋雨閑丸」の隠しシナリオ(この隠しシナリオには『龍虎の拳』や『ザ・キング・オブ・ファイターズ』のキャラクターが端役で登場する)、PS版には各サブキャラクターのショートストーリー、SS版には黒子の質問コーナーがそれぞれおまけとしてある。

キャラクターイラストは漫画家のしろー大野が担当した。

エンディングテーマの「天空(そら)へ」の歌を担当したのは「KEN(錦織健)」である。

サムライスピリッツ![編集]

1998年12月25日ネオジオポケットで発売。デフォルメキャラクターが画面狭しと剣を交える。ネオジオポケットカラー発売前の作品であるため、画像は白黒表示である。

ベースは『天草降臨』だが、タイムアタック要素はない。登場キャラクターは「シャルロット」、「千両狂死郎」、「タムタム」、「首斬り破沙羅」、「花諷院骸羅」が削除されているが、「」が隠しキャラクターで登場する。

サムライスピリッツ!2[編集]

1999年6月10日にネオジオポケットカラーで発売。ベースは『アスラ斬魔伝』だが、「柳生磐馬」が削除され、使用キャラクターに「シャルロット」と「柳生十兵衛」が追加されている。

各種条件で入手できるアイテムによりキャラクターの強化が可能。隠しコマンドで使用できる「壊帝ユガ」はこれを使用しないと秘奥義が使用できない。

サムライスピリッツ新章 〜剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃〜[編集]

1999年12月22日にプレイステーションソフト用に向け開発、発売された3D格闘ゲーム。海外名は『SAMURAI SHODOWN WARRIORS RAGE』。その他ソフトには移植はされていない。

ストーリーは『アスラ斬魔伝』から約20年後の設定。主人公は「九葵蒼志狼」。ボスキャラクターは使用キャラクターによって異なる。キャラクターがこれまでのキャラクターから一新しており、過去作から続けてプレイヤーキャラクターとして登場するのは、年を経た覇王丸と服部半蔵(実際には名を受け継いだ半蔵の息子・真蔵)のみ。ナコルルとリムルルはプレイヤーキャラクターではなく、ストーリー上の重要サブキャラクターとなっている。

登場キャラクターは23人で、あるキャラクターでクリアすると対応するキャラクターが使用可能になる。

本作にはギャラリーモードが存在し、このモードとポケットステーションを連動させたミニゲームが存在する。

キャラクターイラストは『アスラ斬魔伝』から引き続き、北千里が担当した。

現時点では『サムライスピリッツ』の「時系列順」によるストーリーは、実質この作品で終わっている。

カップリング作品[編集]

サムライスピリッツ 剣客指南パック
プレイステーションにて1998年3月26日に発売されたソフト。初代と『真』のシリーズ初期2作品が一枚のCDに収録されている。追加要素として、VSモードでボスキャラクターが使える。
サムライスピリッツ 六番勝負
プレイステーション2(PS2)、Wiiにて2008年7月24日に発売されたソフト。PS2版は『NEOGEO オンラインコレクション』シリーズの1本である。PS2版は2009年6月18日にはベスト版が発売されている。プレイステーション・ポータブル(PSP)でも発売予定であったが、中止された(日本国外では発売されている)。
PS2版、Wii版ともに初代と『真』に加えて、『斬紅郎無双剣』と『天草降臨』、『零』、『天下一剣客伝』(PS2版の改良版)の6作品が収録されている。
アーケードおよび単体ソフトの『天下一剣客伝』では声優が一新されていたが、このソフトに入っている『天下一剣客伝』では『零』まで務めていた声優の声が新たに収録されており、「オプション」設定でゲーム内のキャラクターの声をどちらかに設定することが出来る。

家庭用移植版[編集]

家庭用のみで発売されたものも含む。()内は発売元。

SAMURAI SPIRITS
真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変
  • ネオジオ(SNK):1994年12月2日
  • ネオジオCD(SNK):1994年12月15日
  • Microsoft Windows 95(SNK):1996年11月14日
  • Wii(バーチャルコンソール):2008年7月23日配信
  • Xbox360(Xbox Live Arcade):2008年9月10日配信
サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣
  • ネオジオ(SNK):1995年12月1日
  • ネオジオCD(SNK):1995年12月29日
  • ゲームボーイ『熱闘サムライスピリッツ斬紅郎無双剣』(タカラ):1996年8月23日
  • プレイステーション(SNK):1996年8月30日、(ベスト版(SNKプレイモア):2003年4月24日)
  • セガサターン(SNK):1996年11月8日、(拡張RAMカートリッジ同梱版あり)
  • セガサターン『サムライスピリッツ ベストコレクション』(セガサターン版『天草降臨』とのカップリング)(SNK):1998年8月6日
  • ゲームアーカイブス(SNKプレイモア)2007年6月28日
サムライスピリッツ 天草降臨
  • ネオジオ(SNK):1996年11月29日
  • ネオジオCD(SNK):1996年12月27日
  • セガサターン(SNK):1997年10月2日、(拡張RAMカートリッジ同梱版あり)
  • プレイステーション『サムライスピリッツ天草降臨スペシャル』(SNK):1997年12月25日、(ベスト版(SNKプレイモア):2003年4月24日)
  • セガサターン『サムライスピリッツ ベストコレクション』(セガサターン版『斬紅郎無双剣』とのカップリング)(SNK):1998年8月6日
  • ゲームアーカイブス『サムライスピリッツ天草降臨スペシャル』(SNKプレイモア):2007年6月28日
真説サムライスピリッツ 武士道烈伝
  • ネオジオCD(SNK):1997年6月27日
  • プレイステーション(SNK):1997年6月27日、(ベスト版:1998年7月23日)
  • セガサターン(SNK):1997年6月27日
サムライスピリッツ剣客指南パック
  • プレイステーション(SNK):1998年3月26日
  • ゲームアーカイブス(SNKプレイモア)2007年5月31日
サムライスピリッツ!
サムライスピリッツ!2
サムライスピリッツ新章 〜剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃〜
  • プレイステーション(SNK):1999年12月22日
  • ゲームアーカイブス(SNKプレイモア):2007年4月26日
サムライスピリッツ零
  • ネオジオ(SNKプレイモア):2003年12月11日
  • プレイステーション2(SNKプレイモア):2004年7月29日、(ベスト版:2005年11月23日)
サムライスピリッツ零SPECIAL
  • ネオジオ(SNKプレイモア):2004年7月15日
サムライスピリッツ 天下一剣客伝
  • プレイステーション2(SNKプレイモア):2006年1月26日、(ベスト版:2007年1月25日)
サムライスピリッツ 六番勝負
  • Wii(SNKプレイモア):2008年7月24日
  • プレイステーション2(SNKプレイモア):2008年7月24日、(ベスト版:2009年6月18日)
サムライスピリッツ閃
  • Xbox 360(SNKプレイモア):2009年12月10日

主な用語[編集]

つばぜり合い
両者の武器攻撃がぶつかるなどの条件において発生することがある。この状態になった後、一定時間両者がボタンを連打し、勝った側が相手の武器を飛ばす。飛ばされた武器は地面に落ち、飛ばされた側は拾うことができるが拾う際に隙が生じる。また武器がない状態では使用できない必殺技もあり、武器を落とすことは戦略上損失と見られることが多い(逆に武器がなくなることで必殺技が強化されたり、武器なし状態でのみ使える必殺技を持つキャラクターもいる)。
怒りゲージ
相手の攻撃でダメージを受けるごとに蓄積され、MAXになるとキャラクターが怒って肌が赤くなり(『天下一剣客伝』では体全体が赤く明滅し)一定時間攻撃力がアップする。『天草降臨』やポリサムでは、一部の必殺技が強化される。キャラクターによってゲージの溜まりやすさと怒っている時間には差異がある。『真サムライスピリッツ』以後の作品では武器破壊技や武器飛ばし技もゲージMAX時に使用できる。『斬紅郎無双剣』と、『天下一剣客伝』の斬スピリッツでは自分からゲージを溜めることができ、また体力がある程度まで減ると常時MAXになる。
なお、『天下一剣客伝』では「スピリッツゲージ」と言う名称が使われており、剣スピリッツ(および魔スピリッツ)ではMAXになっても怒り状態にはならない(武器飛ばし技・武器破壊技は使用可能)。
黒子
試合中に審判員として登場する。一部作品ではCPU専用キャラクターやプレイヤーキャラクターとして登場することもある。花諷院和狆とはかつて共に戦った仲。RPG版ではセーブ係として各地に現れるが、これは全員兄弟であるとのこと。なお、RPG版では金を払って体力を回復させてくれる赤黒子も存在する。
後述する武器破壊技で破壊された武器を投げ込むが、これはこの黒子が修復しているとのこと。
飛脚
一部作品ではステージ後方から飛脚がアイテムを投げ込んでくることがある。アイテムには得点になるものや体力を回復するものなどがある。かつては天草四郎時貞に妹を人質に取られため強制的にやらされていたが、柳生十兵衛に助けられてからは趣味でやっている。なお、『真サムライスピリッツ』では稀に飛脚の代わりに『餓狼伝説』シリーズのキャラクターであるキム・カッファンが登場することがある。
また、黒子や飛脚にも詳細なプロフィール(流派や嗜好など)が存在する。
武器破壊技
『真サムライスピリッツ』で登場した、他の格闘ゲームでの超必殺技に相当するもの。『天下一剣客伝』の真/魔スピリッツでも使用可能。怒りゲージがMAXになっている間に使用でき、ヒットすると相手の武器を破壊して一定時間素手状態を強制する(一定時間後に黒子が新しい武器を投入する)。相手にヒットしない限りは怒り状態が終了するまで何度でも出せ、ヒット時は怒り状態が終了する(『天下一剣客伝』の魔スピリッツではMAX1回につき1回のみ)。ただし、『真サムライスピリッツ』ではシャルロットのみガードされても怒り状態終了となってしまう。
なお、これとは別に、初代『サムライスピリッツ』でもお互いの武器同士が何度かかち合う(ガードではない)と武器が壊れる場合がある。キャラクター毎に設定されている武器耐久値がかち合うたびに減少していき、0になると武器が破壊される。武器が破壊されるとそのラウンド中は武器を使用できない。
武器飛ばし技
『斬紅郎無双剣』以降のゲージMAX技(『天下一剣客伝』の怒/真/魔スピリッツを除く)。ヒットさせれば相手が素手になるが、持っていた武器は破壊されず地面に残るだけになっていることを除けば武器破壊技と同様である。
コマンドは武器破壊技を含めて『斬紅郎無双剣』までは各キャラクター個別のものだが、『天草降臨』から共通のコマンドに変更されている。
秘奥義
『真サムライスピリッツ』では覇王丸、ナコルル、服部半蔵、ガルフォードのみに用意されていた隠し必殺技。ゲージなどの条件はなかったが、複雑なコマンドが用意されていた。なお、覇王丸の「天覇封神斬」のコマンドはアニメ『サムライスピリッツ 〜破天降魔の章〜』で公開されていた。
ポリサムでは2Dシリーズでの武器飛ばし技が置き換えられたもので、同様の条件で使える。
『剣客異聞録 蘇りし蒼紅の刃』では、体力ゲージが最後の段階(赤い1ブロックで、総体力の1/6以下)になると1回だけ使える技。
『天下一剣客伝』では真スピリッツと剣スピリッツで使用可能だが、双方で使用条件やコマンドが異なる。真スピリッツでは体力に関係なく1戦につき1回のみ使用可能で、コマンドも複雑なものとなっている。一方、剣スピリッツでは体力が一定レベル以下(残り体力が全て緑で表示されている状態)になると使用可能となり、使用した後もしばらくするとゲージが緑色に戻り再使用可能。このしきい値(秘奥義ゲージ)は後述するミキリスライドにより増やすことが可能。またコマンドは各キャラクター共通の簡素なものとなっている。
ぬいぐるみ
『真サムライスピリッツ』に存在した特殊動作。コマンドを入力するとそのキャラクターの2頭身のぬいぐるみに変化する。『天下一剣客伝』でも真スピリッツで使用可能。これは、当時発表された『真サムライスピリッツ』のプライズゲーム用商品とのタイアップのために導入されたものである。
修羅、羅刹(剣質選択)
『斬紅郎無双剣』で登場した、キャラクターのバリエーション。使用可能な技が修羅と羅刹で異なるケースがあり、作品とキャラクターによっては設定そのものが異なるケースもある。例えば、ナコルルでは修羅はそれまでの作品同様に鷹のママハハを連れているのに対して羅刹ではオオカミのシクルゥを連れている、ガルフォードでは犬のパピーがいるのは修羅のみ、など。
剣客、剣豪、剣聖(レベル選択)
『斬紅郎無双剣』で初登場。剣質のあとに選択する。剣客は5回まで操作しなくても自動的にガードをしてくれる初心者用で、『天草降臨』ではさらに連斬(後述)の入り込み以降の攻撃を自動で行ってくれる。剣豪は普通の状態。剣聖は常に怒りMAX状態であるが、ガードができない上級者用。しかし、それでも強力すぎたのか『天草降臨』では怒りMAX状態ではなくなった。
不意打ち
『斬紅郎無双剣』から登場した、システムで用意された中段技。小ジャンプして攻撃するが、『天草降臨』以降は一部のキャラクターのものが飛ばずに攻撃するようになった。『天下一剣客伝』で廃止され、一部のキャラクターに特殊技として残された。
怒り爆発
怒りゲージと引き替えに一定時間攻撃力を大幅にアップさせる。爆発中は怒りゲージの所に爆発状態の残り時間を表示するタイマーが出現する。吹っ飛ばされていない限り、攻撃を喰らっている最中にも出せるので、相手の連続技から脱出することが可能。武器飛ばし技・一閃を使用したり制限時間を越えると怒りゲージが消滅する。『天草降臨』で初登場。
一閃
直線的に高速で突進し大ダメージを与える攻撃。使用条件は怒り爆発中だったりなど、作品によって様々。
なお、『ネオジオバトルコロシアム』での覇王丸と牙神幻十郎のアナザーダブルアサルトにもなっている。ただしいきなり突進はせず、その場での始動攻撃を決めることでさらに2人が同時に一閃を繰り出す。
連斬
一定の順序でボタンを入力することで発動する連続技。入り込み用のコマンドで出した技を当てた後、いくつかある内の1つのパターンを入力することになる。一番長いパターンでは怒りゲージがたまる効果もある。『天草降臨』で初登場した。『天下一剣客伝』では天スピリッツで使用可能。
ポリサムでは「S.C.S.」(Samurai Combination System)という名称になっている。なおPS2版『天下一剣客伝』の獣スピリッツにも同名のシステム(ただし正式名称はSamurai Combination Slash)が搭載されているが、こちらはいわゆるチェーンコンボである。
武器捨て挑発
自分から武器を手放し素手状態になる、『サムライスピリッツ』シリーズ独特の挑発。キャラクターによっては素手の方が必殺技が強力になることもあるため、戦略の一つとして使われることもある。また、『天草降臨』では「断末奥義」を出すための条件の1つでもある。『天下一剣客伝』では通常の挑発と同時に用意されている。
自決
『天草降臨』で初登場。自らの命を絶つ(キャラクターによっては逃げる)ことでそのラウンドは相手の勝利となる代わりに、次のラウンドでは最初から怒りMAX状態になっている。『零SPECIAL』では怒りMAX状態にならず、ただ相手の勝利数が増えるだけである。
断末奥義
『天草降臨』で登場。決着が着いたラウンドで圧勝など特定の条件下で勝利した場合、画面に表示されたコマンドを入力すると相手にさらなる攻撃を加えバラバラにしたりする。これを行うと勝利画面に「快勝」とボイス付きで表示され、キャラクターの勝利メッセージが変化する。
無の境地
『零』で登場したシステムで、怒りゲージと引き替えに一定時間相手の動作スピードを落とす。効果時間中は自分の行動スピードは変わらないため、相手の攻撃を防御したり反撃したりすることが容易になる。使用可能な条件が「落とすと負けになるラウンドであり、体力が一定レベル以下(特殊操作「瞑想」でそのしきい値(無ゲージ)を増やすことができる。また、『天下一剣客伝』では青く視認できる)であり、怒りゲージが残っていること」と非常に厳しいが、相手の全ての行動が遅くなるため強力な連続技を決めることができる。
剣気
『零』で登場したシステムで、攻撃力がこのゲージの量に比例するというもの。攻撃をすると剣気ゲージが技ごとに決められた量だけ減少し、攻撃しないでいると回復する。これにより、攻撃を出し続けていると攻撃力が低下し、連続技ダメージにはコンボ補正に似た効果が出る。
絶命奥義
『零SPEICAL』にのみ登場。相手が無の境地を使える条件で怒り爆発を発動させると使用できる。一閃のような突進を行い、これがヒットすれば相手を殺害する演出に移行して勝利となる。相手が無の境地発動中でも遅くならないという特徴がある。
スピリッツ
『天下一剣客伝』での操作のバリエーション。それまでの2D作品のそれぞれに対応する怒・真・斬・天・零と、本作オリジナルの剣が基本で、この他にアーケード版では最終ボスが使用した「魔」、PS2版では動物キャラクター用の「獣」と、自分で特殊動作やゲージMAX技などを選択できる「祭」がある(3つともPS2版では隠し要素となっている)。
「怒」ではMAX時に使える技がないが、攻撃力の上昇率が高いほか、動作は非常に重いが威力も大きい「超斬り」が常時使える。「真」はゲージMAX後一定時間内は武器破壊技が使用可能、「斬」、「天」、「零」、「獣」ではMAX後一定時間内、「剣」ではMAX後1回武器飛ばし技が使える。「魔」ではMAX後1回武器破壊技が使用可能。
デフォルトの6つの内、「剣」以外の特殊動作は元作品に準じる。また、「獣」のみガードができないという特徴がある。
祭スピリッツで選択できるものには連続ミキリ、開幕行動、サムライドライブ(いわゆるスーパーキャンセル)といった専用のものもある。
ミキリスライド
『天下一剣客伝』の剣スピリッツにおける回避動作。これで出ている残像に相手の攻撃がヒットした場合、秘奥義の使用可能条件である秘奥義ゲージ(体力残量のしきい値)が増える。

登場キャラクター[編集]

SAMURAI SPIRITS

真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変(以降は新キャラクターのみを記述)

サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣

サムライスピリッツ 天草降臨

SAMURAI SPIRITS 〜侍魂〜/SAMURAI SPIRITS 2 〜アスラ斬魔伝〜

サムライスピリッツ新章 〜剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃〜

サムライスピリッツ零/サムライスピリッツ零SPECIAL

サムライスピリッツ 天下一剣客伝

サムライスピリッツ閃

派生作品[編集]

ナコルル 〜あのひとからのおくりもの〜[編集]

2001年に発表されたナコルルがヒロインのアドベンチャーゲーム。制作会社は『サムライスピリッツ』シリーズの「SNK」ではなく、「インターレッツ」の「ナコルル制作委員会」である。「サムライスピリッツ」でナコルルを作った企画(セイウチ)など、SNKのスタッフが参加している。Windows版とドリームキャスト(DC)版がある。

初代『サムライスピリッツ』から『真サムライスピリッツ』へと続く話で、戦いを終えてカムイコタンに帰ってきたナコルル達の生活を、ナコルルの従者である主人公の「ミカト」の視点から描いている。ただし、サムライスピリッツのシリーズとは設定に矛盾があるため(ナコルルの祖父母の設定や、リムルルの血縁関係、本作で語られる結末部分)パラレルワールドに位置する。

紫ナコルルの設定を元にした「レラ」が初登場した作品。本作のオリジナルキャラクターの「マナリ」は『CAPCOM vs SNK 2』にもナコルルの試合前のデモなどで登場する。

Days of Memories[編集]

携帯電話アプリゲームとして配信されている恋愛ゲーム『Days of Memoriesシリーズ』の一部作品にて本作のキャラクターが登場する。特にシリーズ3作目となる『Days of Memories 〜大江戸恋愛絵巻〜』は、ほぼすべての登場人物が『サムライスピリッツ』のキャラクターで占められており、世界観もそれに合わせたものとなっている。なお、タイトルに「大江戸」とあるが舞台は大坂江坂である。また、7作目『Days of Memories 〜僕と彼女と古都の恋〜』、8作目『Days of Memories 〜風舞う都でつかまえて!〜 』、9作目『Days of Memories 〜世界で一番熱い冬〜』にも本作のキャラクターが多数登場する。

これらの4作品はニンテンドーDS用ソフト『Day of Memories』(『大江戸恋愛絵巻』)と『Days of Memories 3』(『僕と彼女と古都の恋』から『世界で一番熱い冬』)に移植・収録されている。

メイドbyいろは[編集]

2007年よりi-mode用アプリゲームとして配信されている育成シミュレーションゲーム。『天下一剣客伝』から参戦した「いろは」を最高のメイドにすることを目的とする。

恋のいろは[編集]

2008年より携帯電話アプリゲームとして配信されているビジュアルノベルのシリーズ。ヒロインは「いろは」で、舞台は現代。サブタイトルは1作目が『〜さくら咲く春〜』、2作目が『〜ひまわり輝く夏〜』、3作目が『〜もみじ色づく秋〜』、4作目が『〜さざんか散る冬〜』。

タイトルロゴが『電子メイド手帖 恋のいろは』(発売中止作品)の「恋のいろは」の部分と共通している。

他メディア作品[編集]

アニメ[編集]

SAMURAI SPIRITS 〜破天降魔の章〜[編集]

1994年フジテレビ系で放送された単発のテレビアニメ作品。ゲームとは異なるオリジナルストーリーである。DVD小説(著・岸間信明)が発売されている。覇王丸の声をSMAP香取慎吾が当て、『真サムライスピリッツ』における覇王丸の隠し技である「天覇封神斬」のコマンドを番組中で公開された。覇王丸が天覇封神斬を出す瞬間に閃光がコマンド型に走るという演出であった。右京は本編中に登場せず、エンディングのスタッフロールのバックに彼の映像が流れるのみとなっている。

覇王丸が主人公。なお、本作ではシャルロットがストーリーのヒロインを務めている。

本作では覇王丸とシャルロットは「前世で恋人同志」というゲーム版には無い設定がされている。また、天草四郎時貞はゲーム版とは別の武器を使用している。

  • ストーリー
    時は寛永15年、島原の乱。善神アニスレイザに選ばれた聖剣士達は、天草四郎時貞と対峙していた。天草も聖剣士の1人だったが、仲間を裏切り暗黒神アンブロジァの封印を解いていた。アンブロジァの力を得た天草は聖剣士達を亡き者とするが、アニスレイザによってその魂は100年後の未来へ転生される。
    そして100年後、徳川吉宗の治世。天草は吉宗を屈服させ転生した聖剣士達の行方を捜していた。一方転生した聖剣士の王虎、ナコルル、タムタム、ガルフォード、シャルロットの5人も最後の1人を探しに日本へ。その最後の1人である覇王丸は未覚醒で前世の記憶もなく、自慢の剣術で道場破りをして暮らしていた。しかし、ある日彼の暮らす村が謎の兵士達によって襲われる……。
  • スタッフ
  • 主題歌
    • ED「"大好き"という嘘をついた」(作詞:橙育琉 作曲・編曲:岩崎文紀 歌:GWINKO
    • イメージソング「BRAND-NEW SPIRITS」(作詞:原真弓 作曲:新世界楽曲雑技団 歌:千葉麗子)
  • 声の出演

SAMURAI SPIRITS 2 〜アスラ斬魔伝〜[編集]

1999年にOVAとして発表された作品(全2巻)。「DVD」版と「VHS」版で発売された。声を当てている声優はゲーム版と同一である。当時、同人誌や雑誌のコラムなどでナコルルのファンであることを強烈にアピールしていた七瀬葵をキャラクターデザインに起用している。

本作ではナコルルが主人公。同タイトルのゲーム版ではアスラが主人公だが、本作ではナコルルや覇王丸の敵キャラクターとして登場している。又、ナコルルとは別人格のキャラクターとして羅刹ナコルルも登場している。

ナコルル 〜あのひとからのおくりもの〜 郷里之畏友編[編集]

『ナコルル 〜あのひとからのおくりもの〜』のアニメ版。2002年にOVAとして発表。主人公はミカトからナコルルに変更されている。発売元のグルーヴコーポレーションが倒産した影響で続編の製作は中止になったらしく、ストーリーは中途半端に終わってしまっている。

漫画[編集]

「サムライスピリッツ」(島本和彦
講談社デラックスボンボン連載
「サムライスピリッツ」(内藤泰弘
徳間書店ファミリーコンピュータMagazine連載
「魔界武芸帖 サムライスピリッツ」(原作・七月鏡一/漫画・三好雄己
小学館増刊少年サンデー連載
「サムライスピリッツ 島原天草邪神城攻略編」(石川賢
講談社、覇王マガジン連載
「サムライスピリッツ カントリーロード雪伝」(島津わか乃
芸文社ネオジオフリーク連載
「剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃〜サムライスピリッツ新章〜」(矢口岳
講談社、月刊マガジンZ連載
「聖剣士伝説 サムライスピリッツ」(真行寺たつや
メディアワークス電撃少年掲載
「サムライスピリッツ 覇王丸地獄行」、「真サムライスピリッツ覇王丸地獄変」(しろー大野
メディアワークス刊

小説[編集]

サムライスピリッツ 破天降魔の章
前述のアニメ版の小説化作品。作者は岸間信明。1994年12月発売。ISBN 978-4-09-440391-6
サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣
作者はいさき玲衣。1996年7月発売。ISBN 978-4-89366-543-0
サムライスピリッツ 天草降臨 夏の風花
作者は嬉野秋彦。1997年3月発売。ISBN 978-4-89366-675-8
真説サムライスピリッツ 武士道烈伝
作者はいさき玲衣。RPG版の小説化作品。「天草編」(1997年6月発売。ISBN 978-4-89366-715-1)と「ミヅキ編」(1997年7月発売。ISBN 978-4-89366-752-6)の2冊が発売されていた。

パチスロ[編集]

サムライスピリッツS
メーシー販売から2001年発売。獲得枚数の異なる2種類のビッグボーナスを備えたツインビッグ仕様。
サムライスピリッツ鬼
SNKプレイモアから2011年10月発売。ART搭載機で、ループ率約99%のプレミアムART・「鬼羅刹」がポイント。

ソーシャルゲーム[編集]

サムライスピリッツ 絆
SNKプレイモアにより2011年11月17日[1]Mobageにてサービスが提供された。プレイヤーは、剣豪大名として「サムライスピリッツ」に登場する剣客たちを集め、育成し、剣客たちとともに、各地で巻き起こる合戦に出陣したり、他プレイヤーの道場を破ったりして、天下一の流派を目指す。
SNKドリームバトル
SNKプレイモアにより2012年3月27日にMobageにてサービスが提供された。「THE KING OF FIGHTERS」や「餓狼伝説」、「サムライスピリッツ」といったお馴染みのシリーズをはじめ、SNKの様々なゲームのキャラクター達が一堂に会するソーシャルカードゲーム。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mobageオープンプラットフォームで『サムライスピリッツ 絆』配信開始 Gパラドットコム、2011年11月17日、2013年9月29日観覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]