PlayStation Mobile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PlayStation > PlayStation Mobile
PlayStation Mobile
プレイステーション・モバイル

PlayStation Certified.svg

開発元 Sony Computer Entertainment
初版 2012年4月19日(オープンβ)
2012年10月3日(正式)
2012年11月20日(SDK)
最新版 2.0 / 2014年6月13日
対応OS PlayStation Vita/PlayStation Vita TVAndroid 2.3以上4.4.2以下(PlayStation Certified)
対応言語 日本語
サポート状況 アクティブ
公式サイト jp.playstation.com/psn/psm
テンプレートを表示

PlayStation Mobile(プレイステーション・モバイル、PSM、旧称PlayStation Suite(プレイステーション・スイート))とはソニー・コンピュータエンタテインメントが提供する、PlayStation Vita/PlayStation Vita TV及びAndroid搭載端末(PlayStation Certifiedデバイス)で動作する仮想的なプラットフォームである[1]。従来のPlayStationハードウェアで専用ソフトを実行していた環境とは違い、多種多様環境下で共通仕様の仮想的なハードウェアを設定し、その中で共通のソフトウェアを実行させるというPlayStationの世界を広げる試みである。従来のSCEと契約したデベロッパーだけでなくゲーム機と縁の無かった開発者も含む全開発者を対象としたオープンな開発環境である[2]

しかし、2014年8月にAndroidでのサポートを打ち切り、以降はPlayStation VitaおよびPlayStation Vita TVに特化したアプリケーションに注力することが発表となった[3]

仮想マシン[編集]

PSMアプリケーションは、直接OSの元で実行されるものではなく仮想マシン(VM)にて実行される[4]。実行バイナリーもCPUに依存しないマネージコード[1]となっていて、現状ではARM系CPUのハードウェア上のみの動作であるが、構造上ARM以外での動作が不可能ではない。

実際SDKにはPC/AT互換機Windows環境下のシミュレーターも付属している[2]

動作環境[編集]

仕様[編集]

PlayStation Mobile Developer Program[編集]

2012年11月20日より提供開始されたPlayStation Mobile開発サポートプログラムであり、正式版のPlayStation Mobile SDKも提供される。Sony Entertainment Networkアカウントを持っていれば、誰でもデベロッパー登録(無料)ができる。テスト、デバッグにはPC上のシミュレーターを使用する。

提供国は日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、台湾、香港、アイルランド、オランダ、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、メキシコの各国・地域で提供され、順次拡大される。

PlayStation Mobileを介してソフトを作ることでPS Vita、Androidで動作するソフトを制作することができる。PlayStationという名前からゲームソフトを連想しやすいが、一般的な実用アプリも制作可能で、乗換案内のアプリやニュースアプリなどを、AndroidとPS Vita両方に提供できるということになる。開発者側から見ればPS Vitaに加えてAndroidの市場も対象として制作でき、SCE側から見ればPS Vitaのコンテンツを拡充することができる。ソフトウェア開発キット(SDK)は一般に公開され、個人や学生でもソフトを作りPlayStation Storeを経由して販売することができるため、今までは「家庭用ゲーム機はハードルが高く難しい」と考えていた開発者もソフトを開発、提供することができるようになる[5]。また、ゲーム機外の分野から開発者をPlayStationに集める戦略の一環としている[1]

PlayStation Mobile公式開発サポートのTwitter IDは@PSMDevSupportとなっている。開発関係ハッシュタグは#pssuitedevが使われているが改名により#psmdevに移行した[6]

パブリッシャーライセンス[編集]

デベロッパー登録開発者は、SCEとのパブリッシャーライセンス契約(日本では7980円/年)の締結後に、所定の手続きを経た上でPlayStation Storeからの配信が可能になる。

パブリッシャーライセンス契約は、個人法人共に可能である。

実機即ちPlayStation Vita、PlayStation Certifiedデバイス上でのテスト、デバッグにはパブリッシャーライセンスが必要となる[7]

PlayStation Mobile SDK[編集]

PlayStation Mobile SDK(プレイステーション モバイル エスディーケー)は、PlayStation Mobileプラットホームで動作するアプリケーションソフトウェアを開発するためのソフトウェア開発キットである。

2012年4月19日に開始したオープンβ版[8]からPS Vita上で動作検証が可能になった[9]が、正式版とともに実機動作はパブリッシャーライセンスが必要となった。クローズドβテスト、オープンβテスト共に個人で参加可能だった。

デベロッパー登録をすれば無料で入手可能。正式版で開発したアプリケーションはパブリッシャーライセンス契約した上で、所定の手続きをすればPS Storeにて配信される[9]。開発言語はC#だが言語の種類は柔軟に対応するとしている[1]

2012年現時点ではWindows版しかSDKが存在しない。

バージョン0.99よりSDKの名称も正式名称に合わせて変更された[10]

正式サービス開始に合わせて更新され、バージョン1.00となっている。

バージョン2.0からAndroidはサポート対象外となった。

ツール[編集]

  • PlayStation Mobile Studio:統合開発環境
    • PlayStation Mobile UI Composer:ユーザーインターフェイスのデザインツール
    • PlayStation Mobile Simulator:PC用PSMシミュレーター
    • ModelViewer:.mdxファイル(3Dモデル格納ファイル)のプレビューツール
  • PlayStation Mobile Development Assistant:PS Vita及びPlayStation Certifiedデバイス用PSM開発アシスタント
  • PSM Publishing Utility:マスターパッケージの作成・提出やアプリケーション設定、アプリケーション内課金設定用ツール

仕様[編集]

コアAPI[編集]

標準ライブラリーの他にコアAPIには以下のものを揃えている[2]

  • グラフィック
    • OpenGL ES 2.0 equivalent
  • オーディオ
    • 効果音
    • BGM
  • 入力
    • ゲームパッド
    • タッチ操作
    • モーション入力
  • イメージング
    • イメージ処理
    • フォント
  • ベクトル数値演算
  • 環境
    • クリップボード
    • コモンダイアログ(テキスト入力など)
    • シェル
    • システムイベント
    • システムパラメーター
    • 記憶装置、パーシスタントメモリー、これらVer0.99で廃止
  • サービス
    • アプリケーション内課金機能
  • ハイレベル
    • 2D物理演算
    • ゲームエンジン2D

PlayStation Certified[編集]

認証された機種にはこのアイコンがつけられる。

PlayStation Certified(プレイステーション サーティファイド)は、Android搭載端末メーカーに対する、PlayStation Mobile対応サポートプログラムである[11]

コンテンツ再生においてPlayStation クオリティが保てる機器にはPlayStation CertifiedロゴPlayStation Certified monocolor.svgがライセンスされる[11]

この認証が通った機器の総称は「PlayStation Certifiedデバイス」である[9]

PlayStation MobileのサポートがAndroid4.4.2で打ち切られることになったため、Androidのバージョンを4.4.3以降にアップデートした場合、コンテンツが正常に作動しなくなる可能性がある[3]

対応機種[編集]

※はDUALSHOCK 3対応となっているがAndroid 4.2へとソフトウェアアップデートが必要となる。

配信[編集]

PlayStation Mobile専用コンテンツは、2012年10月3日よりPlayStation Storeにて配信された。それと同時に初代PlayStationのゲームの配信は終了となった。

日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリアの9か国にて開始され、順次拡大される[19]

2013年12月18日には、アイルランド、オランダ、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、メキシコの9か国で開始される[20]

開始日には、約30のコンテンツを50円から850円(税込)で配信された[19]

「お金を出しても手に入れたいクオリティのものを揃える」というSCE側のポリシーにより、完全無料のコンテンツは配信することができない[21]

沿革[編集]

2011年

  • 1月27日:PlayStation Meeting 2011にてPlayStation Suite発表。
  • 9月14日:東京ゲームショウSCE基調講演にてPlayStation Suiteの開発言語,SDKβテスト開始時期などの概要発表[1]
  • 11月10日:開発キットのクローズドβテスト参加者募集開始[22]
  • 12月8日:Xperiaのarc SO-01C、acro SO-02C、acro IS11S以上3機種でPlayStation Store開始[23]

2012年

  • 3月7日:SCEが2012年4月からPlayStation Suite SDKのオープンベータ版を、同年後半から正式版を提供開始と明らかにした[9]GDC 2012においてPSSカンファレンスがあった[2]
  • 4月19日:SCEが日本Androidの会 秋葉原支部定例会にて、PlayStation Suiteの日本初の制作者向け講演を行った[24]。クローズドβを終了しオープンβ開始[8]
  • 6月5日:E3にて開催されたSCEのカンファレンスでHTCがPlayStation Certifiedライセンスプログラムに参入したと発表。同時にPlayStation Suiteのサービス名称をPlayStation Mobileに変更したことも発表[25]
  • 7月13日:SDKがバージョン0.99に更新された。それに伴いSDKの名称がPlayStation Mobile SDKに変更、PlayStation Suite Development AssistantがPlayStation Mobile Development Assistantに変更された[10]
  • 8月3日:SDKがバージョン0.99.10に更新された。
  • 8月15日:2012年秋より日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリアの9か国で専用コンテンツの配信開始すると発表。同時にPlayStation CertifiedライセンスプログラムにASUSTeK ComputerとWikiPadが参入したことも発表された[26]
  • 9月7日:SDKがバージョン0.99.11に更新された。
  • 9月19日:10月3日よりPlayStation Storeから専用コンテンツの配信開始、シャープと富士通が参入、SDK正式版を11月より提供開始、以上の発表が同日行われたプレスカンファレンスで発表された[19]
  • 10月3日:PlayStation Storeから専用コンテンツの配信開始。この時点でPlayStation Mobile正式サービス開始となる。
  • 10月5日:SDKがバージョン0.99.20に更新された。
  • 11月20日:
    • PSMデベロッパープログラム正式サービス開始。(日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア)
    • シャープ製の対応端末2機種が発表になった。
2013年
  • 1月21日:台湾、香港でデベロッパープログラム開始[27]
  • 11月19日:SDKがバージョン1.21.00に更新された。
  • 12月5日:開発サポートプログラム 「PlayStation®Mobile Developer Program」をアイルランド、オランダ、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、メキシコの9か国で開始[20]
  • 12月18日:アイルランド、オランダ、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、メキシコの9か国で専用コンテンツ配信開始[20]
2014年
  • 8月6日:Android 4.4.3以降はPlayStation®Mobileのサポート対象外になると発表[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 西田宗千佳 (2011年9月16日). “西田宗千佳の― RandomTracking ― 開発責任者に聞く「PlayStation Vita/Suite」の正体~SCE 松本吉生 SVP兼第2事業部長 インタビュー~”. AV Watch. 2011年9月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f PlayStation Suite A new environment for open development.(GDC 2012 Conference) (PDF)” (英語). SCEA (2012年3月7日). 2012年3月21日閲覧。
  3. ^ a b c プレスリリース2014年8月6日.
  4. ^ a b c d e f g h Paul Holman. “Portable Entertainment Development - the console approach” (英語). SCEE. 2012年2月22日閲覧。
  5. ^ http://news.dengeki.com/elem/000/000/589/589517/
  6. ^ http://twitter.com/PSMDevSupport/status/212052763755032576
  7. ^ PSM DevPortal FAQ一覧:PSMパブリッシャーライセンスとは何ですか?”. SCE (2012年11月20日). 2012年11月21日閲覧。
  8. ^ a b “PlayStation®Suite「プレイステーション スイート」開発者様向けプログラム、オープンベータを本日開始。試作段階のPlayStation®Suite SDKの一般提供を通じ、同SDK正式版の展開に向けた コンテンツ開発環境の構築を促進” (プレスリリース), SCE, (2012年4月19日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/120419.html 
  9. ^ a b c d “PlayStation®Suite「プレイステーション スイート」の本格展開に向け、開発環境をさらに強化 2012年4月からPlayStation®Suite SDKのオープンベータ版を、同年後半から正式版を提供開始” (プレスリリース), SCE, (2012年3月7日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/120307.html 
  10. ^ a b 公式サイト参照
  11. ^ a b “アンドロイド端末向けにプレイステーションの世界を提供するPlayStation Suite「プレイステーション スイート」を発表 PlayStation Certified「プレイステーション サーティファイド」ライセンスプログラムを開始し、アンドロイドOS搭載携帯型端末向けに「プレイステーション」コンテンツと新たなゲーム開発環境を提供” (プレスリリース), SCE, (2011年1月27日), http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20110127_pssuite.html 
  12. ^ engadget日本語版:ソニエリ Xperia / PSP / プレイステーション携帯プロトタイプ
  13. ^ engadget日本語版:動画:ソニエリ Xperia PLAY 正式発表、初代PSゲーム入りで3月発売
  14. ^ Xperia™ arc、Xperia™ acroがPlayStation™Certifiedに対応予定
  15. ^ KDDIより発売中のXperia™ acro IS11S 機能バージョンアップのお知らせ
  16. ^ a b PlayStation Suiteに関するお知らせ(Xperia acro HD SO-03D、Xperia NX SO-02D)”. SCEJ (2012年1月10日). 2012年2月22日閲覧。
  17. ^ PlayStation Suiteに関するお知らせ(Xperia acro HD IS12S)”. SCEJ (2012年1月16日). 2012年2月22日閲覧。
  18. ^ “様々なネットワークサービスを快適に楽しめる、独自デザイン採用のアンドロイド3.0搭載タブレット端末“Sony Tablet”を発表” (プレスリリース), Sony, (2011年4月26日), http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201104/11-055/ 
  19. ^ a b c プレスリリース2012年9月19日.
  20. ^ a b c プレスリリース2013年11月22日.
  21. ^ PlayStation Mobileの展望を,SCEJシニアバイスプレジデント桐田富和氏に聞く――Google Play&App Storeという2大勢力との住み分けは?”. 4Gamer.net (2012年10月3日). 2014年8月12日閲覧。
  22. ^ “Developer Program for PlayStation Suite(Closed Beta Test)参加者募集開始” (プレスリリース), SCE, (2011年11月10日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/111110.html 
  23. ^ “PlayStation®Suiteに関するお知らせ(Xperia™ arc SO-01C、Xperia™ acro SO-02C、Xperia™ acro IS11S)” (プレスリリース), SCE, (2011年12月8日), http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20111208_pssuite_xperia.html 
  24. ^ 【増員200名】日本アンドロイドの会 秋葉原支部 定例会+特別講演+懇親会!”. 日本Androidの会 秋葉原支部. 2012年4月15日閲覧。
  25. ^ “PlayStation®Suite「プレイステーション スイート」PlayStation™Certifiedライセンスプログラムに新たにHTCが参入 本格展開に向けてPlayStation®Mobile「プレイステーション モバイル」に名称変更” (PDF) (プレスリリース), SCE, (2012年6月5日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/120605e.pdf 
  26. ^ プレスリリースPlayStation Mobile本格展開.
  27. ^ “PlayStation®Mobile「プレイステーション モバイル」開発サポートプログラム 「PlayStation®Mobile Developer Program」を本日より香港、台湾で提供開始” (プレスリリース), SCE, (2013年1月22日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/130121b.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
プレスリリース