エリック・カルメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・カルメン
基本情報
出生 1949年8月11日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

エリック・カルメンEric Carmen、Eric Howard Carmen、1949年8月11日 - )はアメリカの歌手、ミュージシャン。

略歴[編集]

オハイオ州クリーブランド出身。幼少の頃から音楽に親しみ、3歳の時にはすでにクリーブランド研究所に登録された中で最も若い学生だった。6歳の時、叔母やクリーブランド・シンフォニー・オーケストラのバイオリニストからレッスンを受けた。11歳頃まで自身の歌を書きながら、ピアノを傍らにメロディ・メーカーとしての基礎を固める。ビートルズローリングストーンズの影響でロックンロールに目覚め、高校時代にバンドを結成。

ジョンキャロル大学に入学し、Cyrus Erie というバンドを結成。(エピック・レコードからシングルをリリース)。ギタリストのWally Bryson、友人の Dave Smalley と Jim Bonfantiと共に新たにラズベリーズを結成する。

ラズベリーズのボーカリストとしてメジャーデビュー。すぐにクリーブランド(オハイオ)でロックンロール・グループとして人気が出た。1972年、ラズベリーズというアルバムをリリース。Capitol Recordsと契約する。"Go All The Way" はビルボード・シングル・チャートの5位まで上昇した。さらにラズベリーズは、「明日を生きよう」「レッツ・プリテンド」「エクスタシー」などもヒットさせる。その後、メンバー間の恋愛関係が原因となり、1974年にラズベリーズは解散する。

1975年アリスタ・レコードからソファースト・ソロ・アルバム『オール・バイ・マイセルフ』をリリース。表題作を含む3作がヒットシングルとして上位にランクイン。

1976年、「オール・バイ・マイセルフ」が全米2位の大ヒットを記録した。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフにしたこの曲は、途中にピアノ協奏を挟んだ7分超のドラマチックな大曲。多くの歌手にカバーされたほか、日本では何度かCMに使われたことがある。

1978年世界歌謡祭のゲストで来日。翌年には来日公演をしている。

映画『フットルース』のために書き下ろした“Almost Paradise”(愛のテーマ)」は、1984年に作曲家としての存在を改めて示し、1987年に再び映画『ダーティ・ダンシング』への書き下ろし『ハングリー・アイズ』『メイク・ミー・ルーズ・コントロール』でチャートインした。

1999年夏には、リンゴ・スターとツアーに出た。

2004年11月に、31年ぶりにラズベリーズがオリジナル・メンバーで再結成。ニューヨーク・デイリー・ニュースで、年間のベスト・コンサートにラズベリーズが選ばれた。

同年の「恋にノータッチ(Never Gonna Fall in Love Again)」もまた、ラフマニノフの交響曲第2番をモチーフにした佳曲である。


主なシングル[編集]

  • オール・バイ・マイセルフ(1975年)
  • すてきなロックンロール(1976年)
  • 恋にノータッチ(1976年)
  • サンライズ(1976年)
  • 愛をくれたあの娘(1977年)
  • 雄々しき翼(1977年)
  • チェンジ・オブ・ハート(1978年)
  • 二人のラブウェイ(1978年)
  • 愛を求めて/ヘブン・キャン・ウエイト(1978年)
  • 悲しみTOO MUCH(1980年)
  • フーリン・マイセルフ(1980年)

主なアルバム[編集]

  • エリック・カルメン(1975年)
  • 雄々しき翼(1977年)
  • チェンジ・オブ・ハート(1978年)
  • ベスト・オブ・エリック・カルメン(1979年)※日本のみ発売
  • トゥナイト・ユア・マイン(1980年)
  • ERIC CARMEN(1984年)
  • 夢の面影(1998年)

外部リンク[編集]