ホイットニー・ヒューストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホイットニー・ヒューストン
: Whitney Houston
}
基本情報
出生名 : Whitney Elizabeth Houston
出生 1963年8月9日
ニュージャージー州ニューアーク
出身地 ニュージャージー州イースト・オレンジ
死没 2012年2月11日(満48歳没)
カリフォルニア州ビバリーヒルズ
ジャンル R&Bポップダンス・ポップゴスペルハウス
職業 歌手女優音楽プロデューサー映画プロデューサーファッションモデル
担当楽器 ヴォーカルピアノ
活動期間 1977年 - 2012年
レーベル RCA
アリスタ
公式サイト www.whitneyhouston.com

{{{Influences}}}

ホイットニー・エリザベス・ヒューストン: Whitney Elizabeth Houston、1963年8月9日 - 2012年2月11日)は、アメリカ合衆国歌手女優、元ファッションモデルである。血液型はA型。

人物[編集]

著名なソウルシンガーを親戚に持つ。11歳の時にジュニア・ゴスペル・クワイアに入り、ニュージャージー教会で歌い始めた。ニューヨーク市地域のナイトクラブで、母親とパフォーマンスをしていたところをアリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスにスカウトされた。

1985年、デビュー・アルバム『そよ風の贈りもの』は大ヒットとなった。1987年に発表した2枚目のスタジオ・アルバム『ホイットニーII〜すてきなSomebody』は、ビルボード200チャートに初登場1位を記録する(女性歌手では初)。1992年には、初主演映画『ボディガード』が公開される。映画のサウンドトラックは、1994年のグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞するなど、高い評価を受け、アルバムからのリカット・シングル「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は自身最大のヒットとなった。

ホイットニーは世界で最も売れている歌手の1人である。累計セールスはアルバムが1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上で[1][2]、アメリカ合衆国のRIAAより「アメリカ合衆国で(女性アーティスト史上)4番目に売れている歌手」と評価されている[3]。また、音楽雑誌「ローリング・ストーン」によりその声を「強力で鋭いポップ・ゴスペル」といわれ、オール・タイムの素晴らしい歌手100人の内の1人であると評価された[4][5][6][7]

ローリング・ストーン』の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーにおいて第34位[8]。『Q』誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーにおいて第98位[9]

来歴[編集]

出生・幼少期[編集]

1963年8月9日、ニュージャージー州ニューアークで、父ジョン・ヒューストンと歌手の母シシー・ヒューストン[10]の3番目の子供として生まれた[11]。母シシーは、60年代に活躍したスイート・インスピレーションズのリード・ボーカルで、後にはエルヴィス・プレスリーアレサ・フランクリンのツアーにバック・コーラスとしても参加している。シシーがツアーに出ている間、父親ジョン・ヒューストンが育児を担当した。従姉には、ディオンヌ・ワーウィックディ・ディ・ワーウィックジュディ・クレイなど、ゴスペルやR&B、ポップ、ソウルなど多くのジャンルでヒットを持つ歌手がいる。ダーレン・ラヴが、ホイットニーの名付け親であり代母であり、アレサ・フランクリンは名誉伯母(honorary aunt)である。

1967年ニューアーク暴動が起こるとイースト・オレンジに引っ越した[11]。幼い頃にニュージャージーのニュー・ホープ・バプティスト教会の聖歌隊に加わり、ゴスペルを学ぶ。11才の時には聖歌隊のソリストとして活躍。教会での最初の単独パフォーマンスは「ガイド・ミー、オー・ゾウ・グレイト・ジェホヴァ」[12]という曲であった。これより少し前にピアノも習い始めた[13]

ホイットニーが10代の時に両親が離婚、母シシーが養育権を得た。ホイットニーはカトリック系の女子校に通った。そこで、親友となるロビン・クロフォードと出会う。高校に通う間も母シシーがホイットニーに歌を教えた。

デビュー・絶頂期[編集]

10代の頃にモデルとして活動したり、チャカ・カーンらのバックボーカルを務めるなどして頭角を現した。1983年に敏腕プロデューサーのクライヴ・デイヴィスの目にとまり、アリスタ・レコードと契約した。翌年にはテディ・ペンダーグラスとのデュエット曲がヒットした。

1985年にデビューアルバム『そよ風の贈りもの[14]をリリースし、いきなり爆発的人気を獲得した。2作目のシングル「すべてをあなたに[15]から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てた。この記録はビートルズの6曲連続を超える新記録であり、2012年現在いまだに破られていない。

ホイットニー・ヒューストン

'1991年第25回スーパーボウルアメリカ合衆国の国歌を披露。この歌唱は後にシングルとしても発売され、またその10年後にアメリカ同時多発テロ事件のチャリティとして再リリースされ、ヒットしている。

1992年ケビン・コスナーと共演した初主演映画『ボディガード』が公開され、成功を収めた。彼女の新曲6曲を収録したサウンドトラックは全世界で4,200万枚を売り上げ、日本でも当時洋楽史上最高の280万枚[16]を売り上げる驚異的なヒットとなった。カントリー歌手、ドリー・パートンのヒット曲をカバーした主題歌、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は全米シングルチャートで14週連続No.1を記録する自身最大のヒット曲になった。

一人娘のボビー・クリスティナ・ヒューストン・ブラウンと

同年R&B歌手、ボビー・ブラウンと結婚。翌年には一人娘ボビー・クリスティナ・ヒューストン・ブラウン[17]を出産した。

その後も主演映画『ため息つかせて』(1995年)、『天使の贈り物』(1996年)が公開される。『ボディガード』には遠く及ばないものの成功を収め、サウンドトラックもヒットした。

1998年、オリジナルアルバムとしては実に7年ぶりとなる『マイ・ラブ・イズ・ユア・ラブ』[18]をリリース。翌年にはヴィーエイチワン・ディバス・ライブ 99[19]に出演して高評価を得るなど、再び歌手活動を本格化させた。

低迷・復活〜晩年[編集]

2000年ベスト・アルバムを発売したが、時期を同じくしてハワイの空港で大麻所持で拘束された。激しく体重の落ちた姿が度々見られるなど健康を害し、その後テレビ番組で大麻やコカイン等の常用していたことを告白している。夫が暴行などで度々逮捕され、離婚説が幾度も報じられるなどのトラブルもあり、週刊誌やテレビ等で私生活を取上げられる事が多かった。

2001年映画『プリティ・プリンセス』の音楽製作に携わる。

2004年から翌年にかけてリハビリ生活を続けた。2006年9月13日、ボビー・ブラウンとの結婚生活に終止符を打つべく離婚申請書を裁判所に提出し、同年10月に離婚が成立した。

2008年6月には年末にクライヴ・デイヴィスのプロデュースの元、ニュー・アルバムをリリースすると発表した[20]。しかし、この発売は延期され、翌2009年6月になって同年9月1日にリリースすることが報じられた[21]。実際には8月31日(米国)にアルバム『アイ・ルック・トゥ・ユー』[22]が発売され、1週目で30万枚以上を売り上げビルボード200の初登場1位を獲得、復活を果たした。2010年2月の東京公演を皮切りに11年ぶりのワールドツアーも実施した。 しかし英国でのコンサートで息が切れたり、パリ公演では呼吸器の感染症で入院するなど、トラブルが相次ぎ、2011年7月にアルコール・薬物依存からの復帰プログラムを再開[23] し、2012年1月には破産寸前であると報じられる[24] など、さまざまな問題が続いていた。

2011年マイケル・ジャクソンの人生を振り返ったドキュメンタリー映画マイケル・ジャクソン ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめてに出演[25]

突然の死[編集]

2012年2月11日に、カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテル英語版4階客室の浴槽の中に倒れていたところを発見され、救急隊が20分間にわたって蘇生処置を施したが、同日午後3時55分(現地時間)に死亡が確認された[26][27]。48歳没。ホイットニーは、グラミー賞の授賞式を翌日に控え、クライヴ・デイヴィスが主催する恒例の前夜パーティに参加するために、同ホテルに滞在していた[28]

2012年3月22日、ロサンゼルス郡検視局は会見を開き、死因は不慮の溺死であり、遺体からコカインが検出されていることから、入浴中にコカインの影響で心臓発作が起こったため、浴槽に沈んだ可能性が高いという検視結果を発表した[29][30]

2012年8月に公開された映画『スパークル[31]が演劇作品としての遺作となった。

アルバム[編集]

アルバムの下に代表的なヒットシングルを記述。

Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン、邦題:そよ風の贈りもの)(1985年)
You Give Good Love(ユー・ギヴ・グッド・ラヴ、邦題:そよ風の贈りもの)
Saving All My Love For You(セイヴィング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー、邦題:すべてをあなたに
How Will I Know(ハウ・ウィル・アイ・ノウ、邦題:恋は手さぐり)
All At Once(オール・アット・ワンス)
Greatest Love Of All(グレイテスト・ラヴ・オブ・オール)
Whitney(ホイットニー、邦題:ホイットニーII〜すてきなSomebody)(1987年)
I Wanna Dance With Somebody(アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ、邦題:すてきなSomebody)
So Emotional(ソー・エモーショナル、邦題:やさしくエモーション)
Didn't We Almost Have It All(ディディント・ウィ・オールモースト・ハヴ・イット・オール、邦題:恋のアドバイス)
Where Do Broken Hearts Go(ホエア・ドゥ・ブロークン・ハーツ・ゴー、邦題:ブロークン・ハート)
I'm Your Baby Tonight(アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト)(1990年)
I'm Your Baby Tonight(アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト)
All The Man I Need(オール・ザ・マン・アイ・ニード)
The Bodyguard: Original Soundtrack Album(ザ・ボディガード:オリジナル・サウンドトラック・アルバム、邦題:ボディガード:オリジナル・サウンドトラック・アルバム)(1992年)[32][33]
I Will Always Love Youオールウェイズ・ラヴ・ユー[34]
I'm Every Woman(アイム・エヴリ・ウーマン)[35]
I Have Nothing(アイ・ハヴ・ナッシング)
Waiting To Exhale(ウェイティング・トゥ・エクスヘイル)(1995年)[36]
ExhaleShoop Shoop)(エクスヘイル)
The Preacher's Wife(ザ・プリーチャーズ・ワイフ)(1996年)[37]
I Believe In You And Me(アイ・ビリーヴ・イン・ユー・アンド・ミー)
Step By Step(ステップ・バイ・ステップ)
My Love Is Your Love(マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ)(1998年)
When You Believe(ホエン・ユー・ビリーヴ)[38][39]
Heartbreak Hotel(ハートブレイク・ホテル)
It's Not Right, But It's Okay(イッツ・ノット・ライト、バット・イッツ・オーケイ)
My Love Is Your Love(マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ)
I Learned From The Best(アイ・ラーンド・フロム・ザ・ベスト)
The Greatest Hits(ザ・グレイテスト・ヒッツ)(2000年)[40]
Could I Have This Kiss Forever(クッド・アイ・ハヴ・ディス・キス・フォーエヴァー)[41]
Love, Whitney(ラブ・ホイットニー)(2001年)[42]
Just Whitney(ジャスト・ホイットニー)(2002年)
Whatchulookinat(ワッチュルキナット)[43]
One Wish: The Holiday Album(ワン・ウィッシュ:ジ・ホリデイ・アルバム)(2003年)
I Look To You(アイ・ルック・トゥ・ユー)(2009年)
Million Dollar Bill(ミリオン・ダラー・ビル、邦題:100万ドルの恋)
I Didn't Know My Own Strength(アイ・ディディント・ノウ・マイ・オウン・ストレンス、邦題:夢をとりもどすまで)[44]

ビデオ[編集]

  • VHM28012 Whitney Houston The #1 Video Hits VHD

出演映画[編集]

プロデュース[編集]

公演[編集]

日本[編集]

The Greatest Love Tour
1986年 11月4日 フェスティバルホール
11月5日 大阪城ホール
11月6日 愛知県体育館
11月8日 横浜文化体育館
11月10日、11日、12日 日本武道館
The Moment Of Truth Tour
1988年 9月21日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
9月22日 福岡国際センター
9月26日、27日、28日 日本武道館
10月1日、2日 大阪城ホール
10月5日、6日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
10月7日 静岡県草薙総合運動場体育館
10月11日 真駒内屋内競技場
10月13日 仙台市体育館
10月15日 横浜文化体育館
10月16日、17日 日本武道館
Feel So Right Tour
1990年 1月1日、2日 横浜アリーナ
1月5日 北海道立産業共進会場
1月7日、8日 横浜アリーナ
1月12日、13日、14日 大阪城ホール
1月17日、18日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
1月20日 福岡国際センター
1月21日 広島サンプラザ
1月23日 仙台市体育館
1月24日 横浜アリーナ
AMA in Yokohama Arena
1991年 3月14日、15日 横浜アリーナ
Whitney Live In Japan
1993年 9月1日、2日 大阪城ホール
9月6日、7日、9日、10日、13日、14日 日本武道館
9月16日、17日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
9月19日、20日 横浜アリーナ
9月22日 福岡ドーム
WHITNEY HOUSTON Japan Tour
この公演は当初1月に予定されていたが、本人の体調不良により延期・振替となった。
振替前の公演日は、東京…1月7日・8日、大阪…不明
1997年 5月5日、7日、8日 大阪城ホール
5月13日、14日 東京ドーム
Nothing But Love Japan Tour
2010年 2月11日、13日、14日 さいたまスーパーアリーナ
2月17日、18日 大阪城ホール

日本以外[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gross, Ric (2001-08-13), “Talent traffic”, Amusement Business 113 (32): 8, ISSN 00032344 
  2. ^ Where Does Britney Rank In The History Of Celebrity Flameouts?, Gil Kaufman, (2007), http://www.mtv.com/news/articles/1553423/20070227/spears_britney.jhtml 2009年4月28日閲覧。 
  3. ^ Top Selling Artists”. RIAA. 2008年6月9日閲覧。
  4. ^ “The 100 Greatest Singers of All Time”, Rolling Stone, http://www.rollingstone.com/news/coverstory/24161972/page/34 2009年4月14日閲覧。 
  5. ^ Transformers: Whitney Houston”. AOL Black Voices (2007年). 2008年1月15日閲覧。
  6. ^ Christina performs on the 2001 BET Awards in a special tribute to Whitney Houston”. Billboard Magazine (2007年6月19日). 2008年1月15日閲覧。
  7. ^ Holden, Stephen (1985年2月16日). “Cabaret: Whitney Houston”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9F00E6DE1539F935A25751C0A963948260 2009年1月13日閲覧。 
  8. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Whitney Houston”. 2013年5月26日閲覧。
  9. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  10. ^ : Cissy Houston
  11. ^ a b "Whitney Houston". Driven. VH1. 2002年11月13日放送.
  12. ^ : Guide Me, O Thou Great Jehovah(お導き下さい、ああ、汝、大いなるエホバよ。)
  13. ^ “Whitney & Bobby - Addicted to Love”. Vibe Magazine. (2005年9月). http://www.classicwhitney.com/interview/vibe_sep2005.htm 2007年3月17日閲覧。 
  14. ^ : Whitney Houston
  15. ^ : Saving All My Love For You
  16. ^ マライアが日本洋楽史上最高売り上げ、ZAKZAK、1998年12月17日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  17. ^ : Bobbi Kristina Houston Brown
  18. ^ : My Love Is Your Love
  19. ^ : VH1 Divas Live 99
  20. ^ Celebrating Black Music Month: Chart Topping Diva’s - Whitney Houston”. singersroom.com (2008年6月16日). 2008年6月18日閲覧。
  21. ^ “ホイットニー・ヒューストン、カンバック作のリリースが決定”. BARKS. (2009年6月9日). http://www.barks.jp/news/?id=1000050023 2011年2月15日閲覧。 
  22. ^ : I Look To You
  23. ^ 米歌手ホイットニー・ヒューストン、薬物依存症治療を再開 ロイター 2011年5月10日
  24. ^ ホイットニー・ヒューストン破産寸前の噂、新作映画で返り咲くか!? AOL Music 2012年1月30日
  25. ^ マイケル・ジャクソン:ライフ・オブ・アイコン 想い出を集めて|Yahoo映画”. 2014年7月10日閲覧。
  26. ^ Whitney Houston, superstar of records, films, dies Associated Press 2012年2月12日閲覧
  27. ^ ホイットニー・ヒューストンさん:死去、48歳…米の歌手”. 毎日新聞 (2012年2月12日). 2012年2月12日閲覧。
  28. ^ Houston, Pop Superstar, Dies at 48 NYtimes 2012年2月12日閲覧
  29. ^ Houston died from drowning, coroner says Associated Press 2012年3月23日閲覧
  30. ^ Whitney Houston death due to accidental drowning BBC 2012年3月23日閲覧
  31. ^ : Sparkle
  32. ^ 映画『ボディガードサウンドトラック
  33. ^ オリコンでは1位~20位のうちで6位以外のすべてにランクされるという珍記録を達成。全世界4,200万枚を売り上げた。ビルボード20週1位。
  34. ^ ドリー・パートンのカバー。
  35. ^ チャカ・カーンのカバー。
  36. ^ 映画『ため息つかせて』サウンドトラック。
  37. ^ 映画『天使の贈り物』サウンドトラック。
  38. ^ マライア・キャリーとのデュエット
  39. ^ 映画『プリンス・オブ・エジプト』主題歌。
  40. ^ ベスト・アルバム。
  41. ^ エンリケ・イグレシアスとのデュエット。
  42. ^ ベスト・アルバム。
  43. ^ What are you looking at?
  44. ^ 日本映画『笑う警官』主題歌。

外部リンク[編集]