ハイヤー・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイヤー・ラヴ
スティーヴ・ウィンウッドシングル
収録アルバム バック・イン・ザ・ハイ・ライフ
B面 アンド・アイ・ゴー
リリース 1986年6月
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウル
時間 5分50秒(アルバム)
4分14秒(7インチ・シングル)
7分45秒(12インチ・シングル)
レーベル アイランド・レコード
作詞・作曲 スティーヴ・ウィンウッド、ウィル・ジェニングス
プロデュース ラス・タイトルマン、スティーヴ・ウィンウッド
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]、カナダ・RPM[2]
  • 11位(アイルランド[3]、ニュージーランド[4]
  • 13位(イギリス[5]
  • 26位(オランダ[6]
  • 31位(ベルギー・フランデレン地域[7]
  • 49位(ドイツ[8]
スティーヴ・ウィンウッド シングル 年表
青空のヴァレリー
(1982年)
ハイヤー・ラヴ
(1986年)
フリーダム・オーヴァースピル
(1986年)
テンプレートを表示

ハイヤー・ラヴ」(Higher Love)は、イギリスロック・ミュージシャン、スティーヴ・ウィンウッド1986年に発表した楽曲。アルバム『バック・イン・ザ・ハイ・ライフ』からの第1弾シングルとしてリリースされた。

チャカ・カーンがバッキング・ボーカルで参加した[9]。トム・ロード=アルジによるリミックス・ヴァージョンが収録された12インチ・シングルもリリースされている[10]

反響・評価[編集]

全英シングルチャートでは13位に達し、自身初の全英トップ40シングルとなった[5]

アメリカではBillboard Hot 100と『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートの両方で1位を獲得し、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは7位に達した[1]グラミー賞では最優秀レコード賞と最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞[1]

他メディアでの使用例[編集]

「ハイヤー・ラヴ」は、『張り込み』(1987年公開)[11]、『ビッグ・ビジネス』(1988年公開)[12]といった映画のサウンドトラックで使用された。また、2013年にはコンピュータゲーム『グランド・セフト・オートV』のサウンドトラックで使用された[13]

カヴァー[編集]

ジェイムス・ヴィンセント・マクモローによるカヴァー[編集]

ハイヤー・ラヴ
ジェイムス・ヴィンセント・マクモロー英語版シングル
リリース 2011年
レーベル Believe / Sound Training
作詞・作曲 スティーヴ・ウィンウッド、ウィル・ジェニングス
チャート最高順位
  • 4位(アイルランド・2014年[3]
  • 21位(イギリス・2011年[14]
  • 35位(オーストラリア・2013年[15]
テンプレートを表示

アイルランドの歌手ジェイムス・ヴィンセント・マクモロー英語版は、2011年5月にリリースされたチャリティ・アルバム『Silver Lining』に「ハイヤー・ラヴ」のカヴァーを提供[16]。同年にはシングルとしてリリースされ、マクモローにとって初の全英シングルチャート入りを果たす[14]。また、後にオーストラリアやアイルランドでもナショナル・チャート入りした。

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

先代:
マドンナパパ・ドント・プリーチ
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1986年8月30日
次代:
バナナラマヴィーナス