ブラック・コンテンポラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラック・コンテンポラリー(Black Contemporary)はポピュラー音楽の一ジャンルであるソウルの一種[1]。日本ではブラコンと略して呼ばれることが多い。

概要[編集]

ブラック・コンテンポラリーの名は1970年代後半にヒットチャートの用語として出現した。

1970年代からブラック・ミュージックは多くの大人の白人のリスナーにも受け入れられるようにマイルドに洗練されていった(これには白人主導による黒人音楽の模倣であるブルー・アイド・ソウルAORからの逆影響もあった)。1980年代に入ると、主に西海岸系のスタジオ・ミュージシャンを起用したタイトな演奏、あるいはシンセサイザーリズムマシンを多用した都会的でクールな音作り、メロディアスで甘いバラードを特徴とするブラック・コンテンポラリーのスタイルが築き上げられた。特にリズムマシンを強調したスタイルについては、1982年マーヴィン・ゲイのヒット曲『Sexual Healing』が決定的な影響を残し、多くのシンガーがその音作りに追随した。代表的なミュージシャンとしては、フレディ・ジャクソンルーサー・ヴァンドロスカシーフ、グレン・ジョーンズ、メリサ・モーガンなどがあげられる。

1970年代に活躍した多くの黒人シンガー、ミュージシャンがこの波に乗ってヒットを放ち、1980年代においてはブラック・コンテンポラリーがブラック・ミュージックの主流となるほど隆盛を誇った。

1990年代、ブラック・コンテンポラリーの歌ものを指して、再びR&Bという言葉を使うようになった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.27
  2. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 pp.26-27。1960年前後、新しいR&Bのスタイルを指してソウルミュージックという言葉が使われるようになった。

参考文献[編集]

  • 『男の隠れ家』 2011年1月号 ロック&ポップスを産んだ黒人音楽の世界 GOSPEL BLUES SOUL JAZZ 朝日新聞出版 (株)グローバルプラネット p.27, pp.18 - 27