VAIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VAIOのロゴデザイン
VAIO type FW(2009年10月発売)
VAIO type P(2009年10月発売)

VAIO(バイオ)とは、ソニーが販売するPC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズブランドである。シリーズとして、デスクトップ型、ノート型、PDA型が販売された。

「Video Audio Integrated Operation」の頭字語とされ、AV機能を重視している[1]。2008年7月には「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された[2]。また、“VAIO”のネーミングおよびロゴデザイン後藤禎祐によるものである[3]。なお、ロゴの意匠のうち“VA”は正弦波アナログを、“IO”は10デジタルを意味しており[1]、「アナログとデジタルの融合」というスローガンを掲げている[1]。さらに、ノートパソコンの電源投入時に再生されるサウンドは、プッシュホンの文字対応(w:Telephone keypad#Letter mapping)で “V” “A” “I” “O” を押下したときのDTMF音をモチーフとしている[1]

国産パソコンとして長く歴史をもってきたブランドだが、ソニーにおける発売は2014年春モデルまでで、2014年夏以降のモデルの発売は既発モデルのサポートを含め、大手投資ファンド企業である日本産業パートナーズが設立する新会社に移管される予定である[注釈 1]

特徴[編集]

ソニーは、1980年代に展開していた家庭向けパソコン『HiTBiT』を撤退させていたため、VAIOは二度目の家庭用パソコン事業のブランドとなる。そのため、PC市場への再参入にあたり当時のソニー社長出井伸之は「普通のパソコンではソニーが作る意味がない」と考えていた[4]。そのため、VAIOシリーズでは以下のように他社製品との差別化が図られてきた。

AVエクスペリエンスの重視
ソニーは元々、放送分野などの業務用機器に強いメーカーであり、前述のブランド名「VAIO」の意味の通りAV機能を重視した製品を目指した[5]。そのため、初代VAIOとしてAV編集に必要なスペックを持ったデスクトップ機「PCV-T700MR」を投入している(ただし、自作パソコンと他社製AV関係機器の組み合わせに対して「圧倒的に優れていた」わけではなく、当初は後段のモバイルパソコンとしての特徴の方が目立っていたとの声もある[5])。その後、1999年に誕生した「VAIO R」シリーズは「テレビ録画パソコン」の先駆けと言われる[5]。事務処理向けの「道具」としての側面が強かったパソコンに新たな道を開いたという意味で、VAIOはPC市場に新たな流れをもたらしたとされる[4]
VAIOは目立つ位置に大きくロゴがあしらわれている(VAIO VPCZ119FJ/S)
モバイルとデザイン
1997年に登場したノートPC「VAIO NOTE 505(PCG-505)」以降、VAIOといえば軽量・薄型のモバイルノートパソコンというイメージが定着した[5][6]。また、ただ単に軽くて薄いというだけでなく、マグネシウム合金を用いたバイオレットカラーのデザインは、圧倒的な存在感も生み出した[5][6]。当時のPCの筐体は白もしくは黒・グレー系の色で占められていたが、VAIOでは意図的にバイオレット(紫色)を用いた。理由には、「バイオ」という愛称の語感を"violet(=菫色)"と関連付けて名前と製品の特徴を覚えてもらうことと、基本機能では差別化が困難だったPC市場において、売り場で目立つようにすることが狙いだったともいわれる。この特徴的なデザインは、パソコン業界でVAIOというブランドが確立される足がかりとなった[6]。また、VAIOが「デザインでの差別化」で成功したことは他社製品にも影響を与え、それまでは「傷が目立つ」「コストが高くなる[注釈 2]」といった理由で地味な色使いが多かったノートパソコンのデザイントレンドに変化をもたらし、いわゆる「銀パソ[7]」が広まるきっかけとなった[6]。その他、デスクトップではボードPCのtype L・type R・type Jなどや円柱型のTP1、ノートでは薄型のtype Tなど、大手メーカーのPCとしては個性的なデザインのモデルも多い。
その他
  • VAIOシリーズでは、メモリーカードスロットとして長らく自社規格メモリースティックスロットを搭載してきたが、SDメモリーカードが主流となったため2005年に登場した「VAIO type T」でメモリースティック・SDメモリーカード兼用リーダーを内蔵し、2013年に登場した「VAIO Fit」よりついに非対応となった。
  • IBM(現レノボ)のようにビジネス向けモデル偏重の戦略を採るメーカーとは対照的に、ソニーではベーシックな性能のみが求められコスト競争も厳しいビジネス向けパソコンには消極的であったが、近年Let's noteなどがビジネスPCの中でシェアを伸ばしたこともあり、現在はtype BZやtype Gといったビジネス向けラインアップの投入を始めた。
  • 初期のモデルではシステムが不安定であるとの評判もあった[5]。これは、PC事業に再参入したソニー側の開発ノウハウ不足により、OSWindows)のシステムリソース不足を原因にしている。Windows XPからリソース管理が改善されたこともあり、現在では問題は起きにくくなった。

ラインナップ[編集]

現行並びに過去に発売されたシリーズについては、VAIOの機種一覧を参照のこと。

人気と販売数[編集]

前節のとおり、強力なAV機能と個性的なデザインを採り入れたVAIOは大きなブランドを確立させた[注釈 3]。VAIOノートを中心に熱狂的とも言える支持をあつめ[6]、日本のみならずヨーロッパ韓国でも高い人気があった[8][9]

VAIOシリーズの出荷台数は、1999年度に約140万台、2004年度に330万台、2009年度に680万台と徐々に増加し、過去最高となった2010年度は870万台であるが[10]、他の大手PCメーカーと比較すると出荷台数は圧倒的に少ない[注釈 4][4]。2011年度には新興国市場での拡大を見込んで1,000万台の出荷を目指したものの840万台に留まり、大幅な減収減益となった。その後も出荷台数の減少は止まらず、2013年度の年間見通しは580万台であり、低価格モデルが増えていたこともあってVAIO事業は赤字が続いている[10]

歴史[編集]

第一世代 VAIO[編集]

Vaio505GX
初代Vaio C1

日本におけるVAIOの一号機は、1997年7月に発売されたタワー型のデスクトップPC「バイオマイクロタワーPCV-T700MR」である。なお、この機種は1996年に米国において先行発売されている。単体でも高価格なデバイスであったビデオキャプチャMPEG-1デコーダとCD-Rドライブを搭載し、ビデオ入力端子によるアナログキャプチャとビデオCDの作成が可能であった。当時のPCでは最高レベルのスペックを搭載しており、販売価格は40万円前後であった。

1997年11月に発売された初代VAIO NOTE 505(PCG-505)は、筐体を銀色と薄紫色の二色で塗り分けた、薄型のB5サイズモバイルノートであった。ただし、VAIO NOTE 505は最初の薄型ノートではなく、1995年に発売された、DEC(現:ヒューレット・パッカード)のDigital HiNote Ultraの方が先行している[6]

なお、ノートパソコンにおいてソニーは「バイオノート [VAIONOTE]」と「バイオ [VAIO]」とでは区別して称していた。バイオノート***とする場合は通常のノートパソコンとして使用することを想定し、バイオとする場合は「カタチにとらわれない使い方を」としていた。

その後のバイオノートC1(1998年)やUシリーズ・type U(2002年-2008年)、type P(2009年)はその小型さが、バイオMX・バイオノートGT・NVシリーズ(2000年-2002年)は、今まで無かったPCの利用法をそれぞれ実験的に提案するエポックメイキングとなった。同程度のスペックを備えた他社製PCよりも高価格であっても好んで用いるユーザーもおり、中古品の流通も盛んである。デスクトップ製品ではAV機器としての機能を追求し、iLINK端子の搭載によるDVビデオカメラの動画編集や、1999年にマイクロタワー系統の「バイオR」で本格的なテレビチューナキャプチャーボードと操作ソフトのGiga Pocketを搭載し、いち早くビデオパソコンとして売り出した。一方、高価格の要因であるビデオキャプチャやスペックを落としたエントリーモデルの「VAIO J」や、液晶ディスプレイを用いて省スペース化を図った「VAIO L」を発売している。その一方Microsoft Officeをプレインストールしないモデルが他社に比べて多く、Office搭載モデルはミドルレンジ機に多く、市販モデルであっても高性能機はMicrosoft Officeがプリインストールされておらず、自身で好みのOfficeソフトウェアをインストールする必要があった。

2002年にはノートPCのパーツを用いた薄型の液晶・本体・キーボード一体型のデスクトップPC「VAIO W」を発売し、持ち運びできるデスクトップPCを提案した。

製品型番はデスクトップ製品がPCV-、ノートブック製品がPCG-であった。

第二世代 VAIO[編集]

2004年5月(夏モデル発表時)、ソニーはVAIOというブランドの第一段階は終えたとして、それまでの「まず目的があって、それをVAIOを用いて達成する」という位置づけから「様々な目的のためにVAIO自身が変化していく、VAIOする」というコンセプトへ変えた。これが、第二世代「Do VAIO」である。

第二世代の製品の特徴としてはまずイメージカラーの変更が挙げられる。バイオのイメージとしてはバイオレットシルバーが基調であったが、この製品群のテーマカラーは黒である。それと同時に、今まで分散して搭載されていたテレビ視聴やDVD再生などのソフトウェアは、その各機能をまとめたアプリケーションとなり、Do VAIOとして搭載された。モデルのシリーズ名としてそれまでの「バイオXX」から「type XX」に変更され、製品型番はデスクトップ製品がVGC-、ノートブック製品がVGN-へと一新されている。

前世代末期の2004年春モデル(1月発売)とはラインナップに大きな変化が見受けられた。デスクトップマシンでは、本体液晶一体型のアナログテレビチューナー搭載のテレビパソコンとして使えるtype V、バイオWの実質的な後継機種のtype M、ハイスペックな本体液晶一体型モデルのtype R、デジタルチューナ内蔵によるテレビ番組の長時間連続録画機能に重点を置き、ハイビジョンテレビとの接続にも対応としたtype Xなどが順次発売。ノートブックマシンでは、バイオノート505 EXTREMEの後継モデルとして、液晶天板に東レ製のカーボンを用いるなどして同機種よりもさらに軽量化(約780g)を実現したtype 505 EXTREMEシリーズ(後にアップルが着目しMacBook Airへ繋がった可能性を指摘する声もある[11][12])や、type Rをノートマシン化させたようにも見える高スペックなB4サイズのtype A、バイオTRを継承したB5ワイド液晶のtype Tや、Tのエントリーモデルとされたtype Eなどが発売された。また、それまではホームユーザーを主な利用層としていたVAIOを、法人分野の業務用途に向けてカスタマイズされたモデルの展開が開始された。

2005年には、当時のデルBTO方式で勢力を伸ばしていたのと同等に、ソニースタイルを利用する直販あるいは一部の家電量販店に置いたリアルサイト双方からCTOによる受注生産で販売を行う「VAIOオーナーメイド」の取り扱いを日本の大手メーカーとして初めて開始した。またこの頃から、VAIO事業部門の再構築に伴い、オーナーメイドモデルと市販品の内ハイエンドシリーズ機種の製造およびVAIO製品群の開発拠点は長野県安曇野市にあるソニーイーエムシーエス社長野テックに置かれるようになり、市販モデルのハイエンドではない機種は、台湾の鴻海精密工業の中国にある工場でEMS製造されるようになる。これより、市販モデルは1つのシリーズに対してMicrosoft Officeがプリインストールされた単一製品のみの発売が多くなった。

2006年にはIntel Coreプロセッサーを搭載した新系統モデルが発表され、2つのGPUを用途に応じて切り替え可能なハイブリッドグラフィックス機能とExpressCardスロットをVAIOで初めて搭載したパワーユーザー向けのtype Sと、マグネシウム合金を用いて軽量化したtype SZ、ワンセグチューナーを搭載し、本体HDDに録画も可能なtype Tなどが発売された。これらはオーナーメイドモデルに限って液晶天板をtype505 EXTREMEよりも材質が進化したプレミアムカーボンによるものが選択できる。HDV方式で撮影・録画された動画編集にも耐えうるハイスペックを誇るセパレート(本体・ディスプレイ分離)型のデスクトップマシンtype R masterは、ディスプレイ同梱版で実売価格40万円程度と、前代のマイクロタワーやRX並の高価格モデルとして売り出された。

同年の夏・秋冬モデルはIntel Core 2プロセッサーが登場し、2007年春モデルはWindows Vistaへの更新に伴いラインナップが短サイクルで一新されたが、type Tと同等の性能を文庫本大サイズで実現するとともに、指紋認証Bluetooth無線LANを搭載し、SSDドライブでのゼロスピンドル化にも対応した(オーナーメイドの場合)type Uが注目を浴びた。他にもLet's noteに対抗した軽量で丈夫なビジネスモバイルマシンとしてtype Gが発売されている。

第二世代VAIOのCPUはほぼインテル製で、AMD製は2004年発売機種で極稀にしか存在しない。

第三世代 VAIO[編集]

2007年5月16日の決算発表会で、PC用ディスプレイと標準型デスクトップの終息が発表された。今後は付加価値があり差別化が図れるtype R Masterやtype X Living、もしくはTV side PC TP1(以上生産終了済)、フルハイビジョン映像の編集や高解像度画像のフォトレタッチに耐えうるハイスペックなCPU(Intel Core 2)・GPUに大型ワイド液晶を搭載したノートタイプのtype Aとtype F、かつてのtype VやバイオWの本体液晶一体型のテレパソを継承しつつも「ボードPC」として一定の可搬性を持たせたtype LなどのAV志向の強い製品に注力していった。実際に、第二世代VAIOでの中心コンセプトとされた「Do VAIO」はなくなるなど、第二世代VAIOとは違った展開を見せている。

2007年5月17日には、VAIO国内販売10周年記念としてtype Tの新型で、VGN-TXの後継となるVGN-TZ系統の製品が発表。2008年秋モデルではそれまでメインストリーム的なモバイルノートであったtype SZが終息し、北米市場で先行発表されていたtype Zが発売された。

2008年に廉価なネットブックで海外メーカーが隆起すると、価格崩壊を懸念したため同分野の機種発売には消極的であると報じられていた時期もあったが、2009年1月に一般的なネットブックより小型かつ高解像度でIntel Atomプロセッサーを用いた「type P」を発表。それまでのtype Uシリーズよりも大幅に廉価な10万円以下の実勢価格で売り出された。同シリーズは『ポケットスタイルPC』と提唱し、ジーパンの尻ポケットに本体を差し込んで歩く広告が制作されている。さらに、他社のネットブックと同程度のスペックながらVAIOソフトウェアを搭載したエントリーユーザー向けの「VAIOネットブック『Wシリーズ』」が8月に発売。10月のWindows 7の発売時期には「type 505 EXTRIME」や「type P」を凌ぐ薄さと長時間稼働を10万円前後の実勢価格で実現した「VAIO Xシリーズ」が発売された。これらモデルより、シリーズ名称が「type XX」から「XXシリーズ」となる。また、一部のシリーズから品番が新しくなり、ボードPC・ノートPCを問わずすべて"VPC"から始まり、ハイフンがなくなった。

2010年1月発売の春モデルより、シリーズ名が「XXシリーズ」となる。新系統のモデルとして、NシリーズとFシリーズの中間レベルのB4ワイドノート「Eシリーズ」と、Sシリーズとほぼ同等の外観ながら光学ドライブを省いて(1スピンドル)省電力化を徹底した「Yシリーズ」、先代のtype Zのスペックをより昇華した「Zシリーズ」が注目されている。この春モデルでの店舗市販用のSシリーズ機種(VAIOオーダーメイドモデルは除く)については、EMS (製造業)によって中国で製造されたにも関わらず、本体銘板部分のステッカーには原産国表示を事実と異なる「MADE IN JAPAN」としていた(正しくは「MADE IN CHINA」)[13]

2010年7月発売の夏モデルでは「Eシリーズ」のEE系列においてAMD Athlon II デュアルコアプロセッサを搭載。VAIOがAMD社製のCPUを搭載するのは第3世代では初、歴代世代においても数年ぶりの採用となった。

2012年6月発売の夏モデルより品番が一新され、「Jシリーズ」を除く全モデルで"SV"から始まるようになった。また、VAIO初のUltrabookである「Tシリーズ」が新設された。「Tシリーズ」自体は2010年春の販売終了以来、約2年ぶりに復活した。

VAIOオーナーメード[編集]

ソニーは2005年より、直販サイト「ソニースタイル」や一部の量販店での出張カウンターでオーダーメイド (Built To Order, BTO) での注文を受け付けるようになった。ソニーではこのサービスをVAIO・OWNER・MADE(VAIOオーナーメード)と呼んでいる。CPUやメモリ、ハードディスクドライブなどといったハードウェア仕様から、プリインストールされるソフトウェア、その他周辺機器など自由にカスタマイズできる。また、type Sのプレミアムバージョンやtype Uのゼロスピンドルモデルなどのオーナーメイド限定の製品や構成もある。オーナーメード製品にはメーカーから購入者に宛てた事業本部長の署名入りのメッセージカードが同梱されている[注釈 5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本産業パートナーズが95%・ソニーが5%出資する。
  2. ^ 傷が目立つが故に傷がつきにくい強度の確保が必要となる。
  3. ^ 日経BPが毎年行っている「パソコン満足度ランキング」では、PCブランドを対象とする調査で継続的にトップの認知度を誇っている(パソコン満足度ランキング2012同2011同2010同2009)。
  4. ^ 2010年の最高台数で比較しても、レノボやヒューレット・パッカードなどの世界的大手メーカーの1/6程度とされる。
  5. ^ 手書きではなく印刷である。また、一時期のソニーのハイエンドAV機器には技術の解説などもふんだんに載ったフルカラーの取扱説明書が附属していたが、この冒頭にはその製品の事業本部長の写真と言葉、署名が印刷されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d VAIOホームページInternet Archiveのバックアップデータ), The philosophy of VAIO「VAIO」の由来とフィロソフィー 2000年
  2. ^ “さらに高い付加価値の創造・提供を目指し、VAIOブランドを再定義” (プレスリリース), ソニー, (2008年7月16日), http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200807/08-0716/ 2008年7月17日閲覧。 
  3. ^ あの人に聞く!ここだけの話 第9回:後藤禎祐 氏(株式会社ラルクス)
  4. ^ a b c 「これが新しいVAIOです」――ソニーPC事業の失墜と新会社に求められる新たなVAIOブランドの確立 - MONOist 本田雅一のエンベデッドコラム 2014年2月20日(ITmedia
  5. ^ a b c d e f ソニーがVAIO事業を売却する理由。変化したPC事業の位置づけ - AV Watch 西田宗千佳のRandomTracking 2014年2月7日(インプレス
  6. ^ a b c d e f バイオレットカラーの帰還――「type T 505 Edition」と「PCG-505」を見比べる - ITmedia PC USER 2007年10月11日(ITmedia)
  7. ^ 銀パソ - 用語解説辞典(NTTPCコミュニケーションズ
  8. ^ パソコンで終わらない、切り刻まれるソニー - 東洋経済オンライン 2014年2月17日(東洋経済新報
  9. ^ 韓国勢にとってもPC事業は悩みの種、ソニーのVAIO売却はサムスン・LGにも影響か - PC online 2014年2月14日(日経BP
  10. ^ a b ソニー平井社長がVAIO撤退について語ったこと - ASCII.jp 2014年2月15日(アスキー・メディアワークス
  11. ^ 週末アップルPickUp!:「VAIO」と「Mac」 - IT media PC USER 2014年2月9日(ITmedia)
  12. ^ 動画リポート:MacBook Airの秘密に迫る (3/3) - IT media PC USER 2008年1月21日(ITmedia)
  13. ^ ソニー (2010年2月18日). “VAIOパーソナルコンピューター「Sシリーズ(VPCS119FJ/B)」原産国誤表示のお知らせとお詫び” (日本語). 2010年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

  • クロスメディアバー(XMB) - 採用していた機種があった。現在も一部アプリケーションでは採用している。
  • HiTBiT ソニーが販売していたパソコンおよびその周辺機器のブランド名。
  • NEWS ソニーが開発・販売したワークステーションの名称。

外部リンク[編集]