HDV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HDVマーク
DV規格を採用したビデオデッキカムコーダがHDV方式にも対応していれば、必ずこのマークが付いている。
HDV方式対応家庭用カムコーダ

HDV(エイチディーブイ、High-Definition Video)は、HDTV映像を記録する機器の規格。

概要[編集]

HDV規格は、日本ビクターソニーキヤノンシャープの4社により策定され、2003年9月30日に発表された。日本ビクターは720p方式を採用、ソニーとキヤノンは1080i方式を採用した(シャープは結局発売せずに終わった)。現在、民生用分野ではHDDやメモリーへ記録するタイプ(AVCHDなど)に移行していったため、ソニー・日本ビクター・キヤノンいずれも既に機器の生産を終了している。業務用分野においても、ディスクやメモリーへの記録する方式(XDCAMP2等)への移行が進んでいるが、比較的ローコストでHDTVの製作が可能なことから、引き続き多くの撮影現場で活用されており、ソニーによって数機種の生産が継続されている。

DV規格との関係[編集]

DV規格では、策定当初からHD仕様が予定されており、SD仕様のビットレートを2倍にして記録するというものであった。 しかしながら、記録時間が半分になるなどの問題もあり、その規格は実用化されず、別途HDV規格が策定・実用化された。

HDV規格は、DV規格と物理層を共有することで、大量生産されているハードウェアテープメディア等が共有でき、コストパフォーマンスに優れる。ソニーの業務用機器はすべて、DVCAMDV(SPモード)の記録および再生が可能で、さらにDVCPROの一部記録方式の再生にも対応している。

映像・音声[編集]

DVの物理層を使用した上で、ハイビジョン映像の記録再生を実現させるために、より効率の高い符号化方式が要求されたことから、映像圧縮方式としてMPEG-2、音声圧縮方式として主にMPEG-1 Audio Layer-2が使用される。 映像と音声の多重化方式はMPEG-2システムを用いる。

記録メディア[編集]

HDVでは、従来のDVカセットをそのまま記録媒体として流用できる。

記録メディアには従来のデジタルビデオカメラで使用されているDVカセットテープないしMiniDVカセットテープを使用する。 テープ走行速度、記録ピッチなどは、すべてDV規格に準ずる。

HDVは映像圧縮方式の違いから、DVと比較してデータエラーによる映像欠落の影響が大きい。 そこで、エラー訂正能力を複数トラック間に対応させることで、データ欠落に対する耐性を高めたほか、より信頼性を高めたとするHDV用カセットテープが販売されている。

通常、HDV機器では、miniDVサイズのカセットを使用するのだが、業務用モデルでは、標準DVサイズのカセットにも対応した製品がある。なお、HDV機器においては、標準DVサイズのカセットは、『ラージカセット』とも呼ばれる。

外部機器との接続[編集]

HDV機器を外部記録装置やパーソナルコンピュータと接続するとき、DV機器と同様にIEEE 1394を用いる。USBが利用できるものも存在する。 HDMIHD-SDI等の、デジタルビデオインタフェイスが搭載されているものも存在する。 一部のD-VHS機器には、HDV 720pと互換性がある。

ノンリニア編集[編集]

DVと同様、パーソナルコンピュータを使用した、ノンリニア編集との親和性が高い。 DV等のイントラフレームベースの規格と比較した場合、一般的にMPEG-2データの編集装置の実現には、より高い技術が要求される。 Windows向けとしてAvid・XpressPro(Ver5.2.4以降)、Adobe・Premiere(CS2以降)、SONY Vegas、EDIUS(エディウス)シリーズ、Super LoiLoScope(ロイロ)シリーズ , Mac用としてFinal Cut(ファイナル・カット)シリーズがある。 編集した映像は、HDV形式で出力してminiDVテープにハイビジョンのまま書き戻すことができる。

HDV規格の種類[編集]

有効走査線数1080本のインターレース走査である「HDV 1080i」と、720本のプログレッシブ走査である「HDV 720p」の2種類が定義されている。

HDV 1080i[編集]

HDV 1080i方式では、基本的に1440×1080画素、秒間59.94/50フィールド(NTSC/PAL)のインターレース映像を約25MbpsのMPEG-2ビデオで圧縮し、記録する。音声は、基本的にサンプリング周波数48kHz、16ビットステレオオーディオを、384kbpsのビットレートでMPEG-1 Audio Layer-2として圧縮、記録する。

テープには映像と音声のPESを記録し、i.Linkで外部機器と記録データを送受信する際はMPEG-2 TSで多重化する。

既存のテレビジョン規格と同じ走査方式を用いているため、既存機器との親和性が高い。 なお、映像の24p記録や、MPEG2-Layer2で音声の4チャネル記録に対応した、拡張規格が存在する。

HDV 720p[編集]

JVC GY-HD100

HDV 720p方式では、1280×720画素、秒間30,60/25,50フレーム(NTSC/PAL)のプログレッシブ映像を約19MbpsのMPEG-2ビデオで圧縮、記録する。 音声は、サンプリング周波数48kHz、16ビットステレオオーディオを、384kbpsのビットレートでMPEG-1 Audio Layer-2として圧縮、記録する。

テープには、音声ストリームとMPEG-2 TSで多重化してDV記録時のVideoセクタに記録するが、DV記録のAudioセクタがそのまま残るため、ここに非圧縮の音声データ(48kHz/16bit)を記録するオプション規格も存在する。

対応機器[編集]

カムコーダー[編集]

日本ビクター
  • GR-HD1(日本ビクター、2003年3月発売): HDV規格策定前に発売されたモデル。世界初のHDV規格対応機器。HDV 720p方式のベースとなっている。生産終了。
  • JY-HD10(日本ビクター、2003年4月発売): GR-HD1の業務用モデル。生産終了。
  • GY-HD100(日本ビクター、2005年9月発売): 業務用モデル。HDV 720p方式を採用。生産終了。
ソニー
  • HDR-FX1(ソニー、2004年9月発売): 世界初のHDV 1080i対応機器。生産終了。
  • HVR-Z1J(ソニー、2004年11月発売): HDR-FX1の業務用モデル。生産終了。
  • QUALIA002(ソニー、2004年11月発売): HDR-FX1をベースとしたQUALIAシリーズのビデオカメラ。生産終了。
  • HDR-HC1(ソニー、2005年7月発売): HDVカメラとしては初の家庭向け普及価格帯小型化モデル。HDV 1080i方式を採用。スゴ録と連携しBlu-ray Discにも保存が出来る。生産終了。
  • HVR-A1J(ソニー、2005年9月発売): HDR-HC1の業務用モデル。生産終了。
  • HDR-HC3(ソニー、2006年3月3日発売): HDR-HC1の後継機種。更に小型化。生産終了。
  • HDR-FX7(ソニー、2006年11月発売): 小型化軽量化が図られたHDR-FX1の後継機種。生産終了。
  • HVR-V1J(ソニー、2006年11月発売): HDR-FX7の業務用モデル。映画制作マーケット向けに1080/24P, 1080/30Pに対応。HVR-DR60によるハードディスクレコーディングに対応。生産終了。
  • HDR-HC7(ソニー、2007年2月10日発売): HDR-HC3の後継機種。生産終了。
  • HDR-HC9(ソニー、2008年2月10日発売): HDR-HC7の後継機種。生産終了。
  • HVR-S270J(ソニー、2008年2月発売): レンズ交換式、スタンダードカセット対応で長時間記録可能。メモリーレコーディングユニットに録画可能。生産終了。
  • HDR-FX1000(ソニー、2008年11月10日発売): Gレンズ・3板CMOS搭載のHDR-FX7の後継機種。生産終了。
  • HVR-Z5J(ソニー、2008年12月発売): HDR-FX1000の業務用モデル。Gレンズ搭載。メモリーレコーディングに対応。
  • HVR-Z7J(ソニー、2008年2月発売): HVR-Z5Jの上位機種。レンズ交換可能。メモリーレコーディングに対応。生産終了。
  • HVR-HD1000J(ソニー、2009年1月発売): ショルダータイプの廉価版。メカのベースはHDR-HC9。
  • HVR-MRC1K(ソニー、2008年9月発売):CFカードへ録画するためのメモリーレコーディングユニット。HDVをはじめDVCAMDVでの記録も可能。HVR-S270J・HVR-Z5J・HVR-Z7Jへのダイレクト装着に対応。生産終了。
キヤノン
  • XL H1(キヤノン、2005年11月発売): HDV 1080i方式を採用。レンズ交換方式、映画制作マーケット向けにプログレッシブ方式と同等の映像方式にも対応。生産終了。
  • iVIS HV10(キヤノン、2006年9月発売): 横1920ドットのCMOSを採用し、リサイズして記録。発売時点でHDVとして世界最小・最軽量。生産終了。
  • iVIS HV20(キヤノン、2007年3月発売):HV10の後継機として発売。生産終了。
  • XH G1(キヤノン、2006年11月発売): XL H1の小型簡易版。HDV 1080i方式を採用。映画制作マーケット向けにプログレッシブ方式と同等の映像方式にも対応。HD/SD-SDI出力端子装備。生産終了。
  • XH A1(キヤノン、2006年11月発売): XH G1からHD/SD-SDI出力端子などを省略したモデル。生産終了。
  • iVIS HV30(キヤノン、2008年2月発売): HV20の後継機として発売。生産終了。
  • XL H1S/XL H1A(キヤノン、2008年11月発売): XL H1の後継機。レンズ交換式。DIGIC DVⅡ搭載。1080/24F・30F記録可能。XL H1Sは、HD/SD-SDI出力端子装備。生産終了。
  • XH G1S/XH A1S(キヤノン、2008年11月発売): XH G1/XH A1の後継機。1080/24F・30F記録可能。XH G1Sは、HD/SD-SDI出力端子装備。生産終了。

デッキ[編集]

日本ビクター
  • CU-VH1(日本ビクター、2004年1月発売) HDV 720pの再生のみ対応。生産終了。
  • BR-HD50 (日本ビクター、2005年10月発売) HDV 720p対応。24p、30p記録・再生。スタンダードカセット対応。生産終了。
ソニー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]