ジャンボトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つくば科学万博のジャンボトロン

ジャンボトロン(JumboTron)とはソニーが開発・製作していた大型映像表示装置の名称である。1985年に開催された国際科学技術博覧会(つくば科学万博)へパビリオン出展のために開発され、その後市販も行われた。

概要[編集]

「ジャンボトロン」という名称は、当時のソニーのテレビブランドであり映像表示技術でもあった「トリニトロン」のテレビをそのまま巨大化した「ジャンボ版」の意を込めて命名された。「ジャンボトロン」は商標ではあり、英語圏では、jumbotronがスポーツ競技場や屋外に設置されている大型ディスプレイを指す一般名詞のように用いられることがある。

表示素子に「トリニライト」と呼ばれる、赤・緑・青3色の発光素子を1つに組み込んだ蛍光表示管(VFD)を採用したのが大きな特徴である。

当時は青色発光ダイオードが発明されていなかったためLED方式によるRGB表示は不可能であり、大型映像表示装置の表示素子には3原色の単色ブラウン管方式が採用されることが多かった。しかし単色ブラウン管方式では輝度が劣っており、屋外に設置される大型映像表示装置としては不向きであった。

そのため、ソニーでは輝度に優れた蛍光表示管技術を応用した「トリニライト」を独自に開発。国際科学技術博覧会(つくば科学万博)に出展されたジャンボトロンでは最大輝度が1500ft-Lと家庭用ブラウン管の30倍の明るさを達成し、屋外でも鮮明な画像を表示することが可能となった。[1]

パビリオンとしての「SONY ジャンボトロン」[編集]

1985年のつくば科学万博で25m×40mのテレビを模したパビリオンとして登場。当時ソニー宣伝部長の黒木靖夫がプロデュースを担当。万博会場での目玉となっていた。

期間中は会場風景をはじめミュージシャンタレントなどによるコンサートなどを映し、またMSXを接続した『ロードランナー』ゲーム大会も開催された。本体内部にはスタジオエレベーターを設置。事前に公式発表はされていなかったものの、偏光膜が覆ってあり3D映像も映せるようになっていた。万博閉会後は海外移設のプランがあったが費用の問題で実現せず、やむなく取り壊された。

万博に設置されたジャンボトロンの仕様は以下の通り。

  • 画面の大きさ:縦25m×横40m(縦横比 3:5)
  • 総絵素数:151,200個(151,200トリオ)
  • 水平方向絵素数:400RGBトリオ
  • 垂直方向絵素数:378ライン
  • 発光・発色表現:RGB3原色高輝度蛍光方式(トリニライト使用)
  • 最大許容輝度出力:1500ft-Lピーク
  • 映像表現回路方式:8ビット(256階調) デジタルPWM駆動
  • 総合消費電力:約800kWh(平均値)
  • 構造物外形寸法:42m(H)×48m(W)×12m(D)ステージを含むと20m(D)
  • 適視距離:50〜500m

採用例[編集]

その後、ジャンボトロンは大型映像表示装置として西武ライオンズ球場1995年スーパーカラービジョンに更新)や平和台野球場1992年に取り外し)で採用された。

しかし青・緑のLED技術の進歩により大型映像表示装置の主流はLEDとなりソニーもLED方式を採用した大型映像表示装置に「ジャンボトロン」の名称を継承したが、ソニーは2001年を持って大型映像表示分野から撤退している。[2]

現在は競艇場や東北電力ビッグスワンスタジアムで稼動しているものが確認できる。

他社の類似商品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なおこの「トリニライト」の生産は自社では行わず、従来より蛍光表示管の製造を行っていた双葉電子工業へ委託されていた。
  2. ^ 子会社のソニーブロードバンドソリューションが大型映像送出ソリューションを京セラドーム大阪レベルファイブスタジアムに導入しているが、いずれも大型映像表示装置自体は他社製のものである。また、同じく子会社であるソニービジネスソリューション正田醤油スタジアム群馬に大型映像装置を導入しているが、こちらはソニー製である。

関連項目[編集]