アナログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナログ: analog英語発音: [ˈænəˌlɔːg] ナローグ)は、連続した量(例えば時間)を他の連続した量(例えば角度)で表示すること。デジタルが連続量をとびとびな値(離散的な数値)として表現(標本化量子化)することと対比される。時計や温度計などがその例である。エレクトロニクスの場合、情報を電圧・電流などの物理量で表すのがアナログ、数字で表すのがデジタルである。元の英語 analogy は、類似・相似を意味し、その元のギリシア語 αναλογία は「比例」を意味する。

長所・短所[編集]

情報をアナログ的に扱うことの長所として以下のようなものがある。

  • デジタルにおける精度劣化の要因となる量子化誤差が存在しない。アナログの精度限界は熱雑音等の物理的な要因で決まる。
  • 瞬間的、直感的な把握がしやすい。車のスピードメーター等がその例である。

対して短所は次の点である。

  • 外部からの擾乱(雑音など)の影響を受けやすい。
  • 保存・複製・転送による劣化が生じる。
  • 一旦、誤差が生じると復元出来ない。デジタルはエラー訂正等で程度にもよるが修復が可能である。

比喩的用例[編集]

二値的なものをデジタルとし、これに対して多値的なものをアナログとみなす用例がある。

  • 比喩的に、物事を割り切らず、曖昧さを残しつつ理解する人のことを「アナログ人間」と呼ぶことがある(この呼称は後述の誤用の意味で用いられることもある)。
  • ゲーム機において、コントローラからの入力(レバーを倒した角度など)を多値で処理できる場合は「アナログ入力に対応」しているとされる。

また、アナログの「類似・相似」という本来の意味から、あるホルモンと同等の働きをする物質や、ある医薬品と類似した医薬品のこともアナログと呼ぶことがある。→アゴニスト参照

俗用[編集]

俗に、「新しい物=デジタル」というイメージとの対比として「古い物=アナログ」という表現がされることがあるが、もともとは、アナクロanachronismより)」との混同とも考えられる。 現在では、アナログでも認知されている。

デジタルという語に対して漠然と付与された「コンピュータ」「ハイテク」「科学理論」「理性」「理系」といった印象から、アナログがその対義語として「ローテク」「経験則」「」「情緒」「文系」等の概念を象徴するようになったものと考えられる。

コンピュータゲームをデジタルのゲームと見なし、コンピュータなどの電子機器を使わずに遊ぶウォー・シミュレーションゲームテーブルトークRPGトレーディングカードゲームなどを「アナログゲーム」として定着している。

また、イラストレーションにおいて、コンピューターグラフィックスの技術を用いたものを「デジタル作画」と呼ぶのに対し、クレパスなどの旧来の画材を用いて表現することを「アナログ作画」と呼ぶこともある。

関連項目[編集]